FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20150726]

Album of Love
(1998/07/14)
Three Degrees

商品詳細を見る


85年のアルバムです。もう売れなくなっていたので、レコード会社との契約が結べなくなっていました。このアルバムは復活をかけて自主制作されています。往年のヒット曲のメドレーや、歌を中心としたスタイルに戻っています。既に過去のグループ扱いになっていますが、ライブなどでは客を集められますから、彼女達は地道に活動を続けていく事になります。

1. A Sonnet To Love
2. I Only Have Eyes For You
3. MacArthur Park
4. Fame Medley
Fame Intro
Dirty Ol' Man
My Simple Heart
Year Of Decision
Take Good Care Of Yourself
When Will I See You Again
Fame Reprise
5. Only Those In Love
6. Dear God
7. Hard To Say I'm Sorry

三人とも素晴らしい歌唱力を持っています。これこそが彼女達の魅力であり強みであります。そうした原点に帰るような内容になっています。自主制作ですが、バックの演奏、アレンジなど、しっかりと作り込んでいます。昔のファンが懐かしんでくれればいいのですが、それだけでは売れません。時代は彼女達に味方出来るような状況でありましたから、そうしたマネージメントが出来ていれば復活出来たはずですが、何故誰も手を差し伸べなかったのかは私どもでは分かりません。

一時代を築きあげてきたグループですから、売り方次第では商品価値があると思いますが、人脈が途絶えていたのでしょうか。これだけの実力者達を放っておく手は無いと思います。彼女達も昔にこだわらずに新しい事に挑戦してくのであればレコード会社も動いていたかもしれませんが、そこは私たちが憶測してもしょうがない部分でありましょう。彼女達の歌声がシンプルに楽しめるアルバムになっています。

A Sonnet To Love
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20150726]

3D
(1998/07/14)
Three Degrees

商品詳細を見る


79年のアルバムです。これもGiorgio MoroderプロデュースでGiorgio Moroder色が全面に出ています。情熱的なソウルミュージックの良さも十分に活かしながらもヨーロッパ的なアレンジが後の80年代サウンドを思わせるものになっています。前作ほど売れていませんが、これもヨーロッパの方が売れています。テクノの要素が強くなっているからでしょう。

1. Jump the Gun
2. Red Light
3. Set Me Free
4. Starlight
5. My Simple Heart
6. Without You
7. Bodycheck
8. Hot Summer Night (Single B-Side)
9. Jump the Gun (Single Version)
10. My Simple Heart (Single Version)
11. Without You (Single Version)
12. Starlight (Single Version)
13. Jump the Gun (12" Long Version)
14. My Simple Heart (12" Long Version)
15. Bodycheck (12" Long Version)
16. Set Me Free (12" Long Version)

かなり作り込まれたオーバープロデュースの印象もありますが、彼女達の魅力も充分に出ていますからいい感じだと思います。ディスコもアメリカからヨーロッパの方が盛んになり、ダンスミュージック人気は現在まで至る事になります。ハイハットなどは生演奏ですが、まるでドラムマシーンのようになるように音処理されています。あえて機械的な印象を与える事がテクノの定義でもあり、シーケンサー的な印象を生演奏でせっせとやっている時代でした。

まだ細かく打ち込めるシーケンサーは出来上がっていませんでしたので、生演奏を機械的な感じにしていたのです。バンド演奏はソウルからロック的な演奏も含めてミックスしていますので、これがそのまま80年代サウンドに発展していくのです。純粋なソウルミュージックには聴こえないのでアメリカ、特に黒人には受けなかったのでしょう。世界的な成功を収めていた彼女達ならではの感覚なのです。

Jump the Gun
⇒ 続きを読む

[20150726]

New Dimensions
(1998/07/14)
Three Degrees

商品詳細を見る


78年のアルバムです。今度はAriola Recordsに移籍しました。Giorgio Moroderのプロデュースでディスコ向きの作品になっています。シンセベースなどを使っていますので、テクノディスコ的なサウンドとDonna Summer作品での成功が活かされています。彼女達はそのコーラスワークも加わって、彼女達らしい軽快な作品になっています。これで売り上げは盛り返しますが、全盛期には及びませんでした。

1. GIVING UP, GIVING IN
2. FALLING IN LOVE AGAIN
3. LOOKING FOR LOVE
4. THE RUNNER
5. WOMAN IN LOVE
6. MAGIC IN THE AIR
7. GIVING UP, GIVING IN SINGLE VERSION
8. WOMAN IN LOVE SINGLE VERSION
9. THE RUNNER SINGLE VERSION
10. FALLING IN LOVE AGAIN SINGLE VERSION
11. OUT OF LOVE AGAIN SINGLE B-SIDE
12. THE GOLDEN LADY SOUNDTRACK LP VERSION
13. THE RUNNER 12" DISCO REMIX

曲はほとんどGiorgio Moroderが手がけていて、これまでの彼女達になかった躍動的な部分が良く出ています。ヨーロッパ的なテクノ感覚とソウルミュージックがいい具合に融合して、そしてなにょりポップであると言う事がいい結果になっていますが、どうしてもDonna Summerの二番煎じみたいな印象があって、アメリカよりもヨーロッパの方が売れています。

時代は再びブリティッシュインヴェンションに移行していきますから、この方向性も間違いでは無かったと思います。ただしイギリスではパンク全盛期で、パンクじゃないと売れないとまで言われていましのたで、爆発的な売り上げには至っていません。これはこれで素晴らしい作品だと思いますが、人気回復まではいっていません。話題にはなりましたが、全盛期の頃の印象が強いので、オーバープロデュースされているという印象も与えしまっているのがマイナスだったのだと思います。

GIVING UP, GIVING IN
⇒ 続きを読む

[20150726]

Standing Up for Love
(1998/07/14)
Three Degrees

商品詳細を見る


77年のアルバムです。今度はEpicへ移籍しました。シリアスになり過ぎた前作を反省してディスコ時代にも対応出来る作品に仕上げています。特にGeorge Clintonが書いたアルバムタイトル曲のStanding Up For Loveはダンサブルなナンバーになっていますが、P-FUNKのようなルーズなグルーヴではなく、演奏はスタジオミュージシャンですからまともでポップなダンスミュージックになっています。George Clintonがこんなまともな曲を書けるなんて意外です。

1. Standing Up For Love
2. What I Did For Love [From the Musical "A Chorus Line"]
3. Just Leave Me Alone
4. Macaroni Man
5. Gee Baby (I'm Sorry)
6. People With Feeling
7. In Love We Grow
8. We're All Alone
9. Standing Up For Love (Reprise)
10. Toast of Love [Single Version]
11. Do It (Use Your Mind) [Single Vrsion]
12. Standing Up For Love [Single Version]

大半の曲はバラード調の歌を聴かせるタイプのものですが、前作のような作り込み過ぎた感じではなく分かり易い曲になっています。これだけ丁寧に創られているのに、鳴かず飛ばずの売り上げでした。既にこの時点で彼女達は過去の存在になっていたのです。まだまだ現役ではありますが、それだけ激動の時代に入っていたのです。フィリーソウルブームも終わり、ディスコの時代になっています。アメリカでは既にパンクが登場してロックの根底からひっくり返そうというような動きになっていました。

ファンキーな曲もありますが、ディスコの軽薄な感じを出せるほど徹底していませんので、これも古いスタイルなのであります。しかし、彼女達が向かっていた先はA.O.R.感覚のソウルミュージックであり、ブラコンとまではいいませんが、その道を進んでも正解だったと思います。しかし、全盛期が大衆的な親しみ易い存在でしたから、音楽の完成度を高めれば高めるだけファンが離れていくような事態になっていきました。それでは慣れていくファンは本当のファンとは言えませんが、それがポップス界の残酷な所です。

Standing Up for Love
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ