FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20151004]

Heyday
(1998/07/14)
Church

商品詳細を見る


85年のアルバムです。プロデュースはPeter Walsh、やっと当時の音を取り入れるようになっています。ネオサイケらしさが出てきています。ここら辺りから世界的にも紹介され易いサウンドになっていますので、世界をターゲットに動き出します。早くからMTVは活用していましたから、オーストラリアにいながらでも世界に発信するアイテムは持っていました。

1. Myrrh
2. Tristesse
3. Already Yesterday
4. Columbus
5. Happy Hunting Ground
6. As You Will
7. Tantalized
8. Disenchanted
9. Night Of Light
10. Youth Worshipper
11. Roman
12. The View
13. Trance Endings

デジタルリバーブを活用する事によって、これまでの60年代風のサウンドから一気に80年代らしいサウンドになっています。曲自体はまだ昔の作風が残っていますが、ギターの音に変化が表れています。彼らのスタイルは正に90年代のイギリスに置けるサウンドであって、かなり早過ぎたサウンドなのです。当時のデジタルサウンドに馴染み始めた人達にとってはピンとこないサウンドだったと思います。

当時のバンドとして決定的に他のバンドと違っているのはビート感です。ネオサイケバンドならベースラインをもっと強調したサウンドになっていますから、彼らのアレンジはオールドウェイヴそのものなのです。アメリカやイギリスのバンドならレコード会社から指摘されて矯正されていたでしょうが、オーストラリアでは問題無かったようで、これもお国柄なのでしょう。

Myrrh
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20151004]

Seance
(1998/07/14)
Church

商品詳細を見る


83年のアルバムです。Bob Clearmountainの手を離れた事によって、サイケデリックな部分が強調されるようになっています。これまでのポップな雰囲気から内省的な雰囲気になっています。それでもまったく80年代サウンドとは別物ですからネオサイケではありません。60年代後半から70年代初期の頃のB級バンドのような作風になっています。

1. Fly
2. One Day
3. Electric
4. It's No Reason
5. Travel By Thought
6. Disappear?
7. Electric Lash
8. Now I Wonder Why
9. Dropping Names
10. It Doesn't Change

手本としているのが初期の頃のデヴィッドボウイだと思われますが、古くさくても、どこかカッコいいのです。ジギーの前のボウイの妖しい感じが良く吸収されているともいます。例えるなら、この後に出てくる日本のイエローモンキーみたいな感じです。イエローモンキーも売れるまでに時間がかかっていましたから、時代が変わっているこの時代ではこの気持ちよさが伝わるには時間がかかる事でしょう。

ボウイだけではなく、シドバレットの影響もあるみたいで、その辺のミックス加減が往年のロックファンにはたまらないと思うのですが、オールドウェイヴは否定されていた時期ですから、当時は本国オーストラリアでも売り上げが落ちています。かなりやりたい放題になっています。これまではBob Clearmountainによってデフォルメされていたのでしょう。

Fly
⇒ 続きを読む

[20151004]

The Blurred Crusade
(1998/07/14)
Church

商品詳細を見る


82年のアルバムです。プロデュースは引き続きBob Clearmountainです。フォークロック的な雰囲気になっていて、メロディアスな旋律はまるでブリットポップです。パワーポップと言ってもいいですが、当時はそんな呼び名は全く無く、ネオサイケバンドと同じような扱いで紹介されていました。と言うより、まだ世界的にはそれほど名前は知れ渡っていません。

1. Almost With You
2. When You Were Mine
3. Field Of Mars
4. An Interlude
5. Secret Corners
6. Just For You
7. A Fire Burns
8. To Be In Your Eyes
9. You Took
10. Don't Look Back

ネオサイケもそれほど確立されていませんでしたので、何が正解かもありません。彼らはやりたい事をやっていれば良かったのです。しかし、世界的に売れるには真新しさはありません。これが90年代ならもっと売れていたかもしれません。当時としては古くさく、先々から考えたら早過ぎたのです。今聴けば普通にパワーロックバンドだと思って楽しめます。初期の頃のデヴィッドボウイにも近い感じです。その路線もブリットポップですから。

やはりグラムロックからの影響が強いバンドだったのだと思います。この時痔阿であれば、ボウイの影響があればニューウェイヴ調になっているのが、オーストラリアはやっぱり独自の感覚があって、普通の流れからは独立した感覚のバンドが多かったと思います。ボウイファンからすれば、かなり面白いバンドだと思いますが、当時はそれほどそういう事は伝わっていません。

Full Album
⇒ 続きを読む

[20151004]

Of Skins and Heart
(1998/07/14)
Church

商品詳細を見る


チャーチもオーストラリアのバンドで81年のデビューアルバムになります。オーストラリアというと独自の進化をしたバンドが多いのですが、このバンドはイギリスのバンドと変わらないサウンドを持っています。デビューアルバムでいきなりBob Clearmountainのプロデュースですから、最初から期待されていたバンドだった事が分かります。そしてレコード会社もオーストラリアのバンドに注目していた事が分かります。

1. For A Moment We're Strangers
2. Chrome Injury
3. The Unguarded Moment
4. Memories In Future Tense
5. Bel-Air
6. Is This Where You Live
7. She Never Said
8. Fighter Pilot...Korean War
9. Don't Open The Door To Strangers
10. Too Fast For You
11. Tear It All Away
12. Sisters

メンバーはボーカルとベースのSteve Kilbey 、ギターのPeter KoppesとMarty Willson-Piper、ドラムのNick Wardの四人組です。ネオサイケバンドとして売り出されますが、当時のネオサイケとは違って、60年代のサイケバンドと言うよりビートロックグループのような曲ばかりです。12弦ギターの使い方などはバーズみたいです。そういう意味ではルーツが見え易く、オーストラリアのバンドだと言う事を意識しなくても楽しめます。

ただ、当時のポストパンクと言うより、グラムロック崩れのバンドみたいな曲調であり、懐かしい感じがします。これも当時としては個性的と言えるでしょう。全然80年代サウンドしていません。今聴くと新鮮ですが、当時は古くさい感じがしていたかもしれません。それでも次代を担う新しいバンドとして注目されていました。

For A Moment We're Strangers
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ