FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20151122]

Pair a Dice Found
(1998/07/14)
Hot Tuna

商品詳細を見る


90年に再結成されてからリリースされたアルバムです。Jorma KaukonenとJack Casadyの二人がいればHot Tunaとして成り立ちますが、大所帯のバンド編成になっています。リズムギターにMichael Falzarano、ドラムはHarvey Sorgen、キーボードにGalen Underwood、Rick Dankoの他複数のバックコーラスをつけています。

1. It's Alright With Me
2. Parchman Farm
3. Urban Moon
4. Eve Of Destruction
5. AK-47
6. Shot In The Act
7. Brand New Toy
8. To Be With You
9. Flying In The Face Of Mr. Blue
10. Love Gone Flat
11. Bulletproof Vest
12. Ken Takes A Lude
13. San Francisco Bay Blues
14. Happy Turtle Song

ブルースをやるというスタイルは貫いていますが、80年代などを経ているサウンドになっています。アメリカンロックそのものであり、彼らのスタイルもユニークでは無くなっています。それでも昔からの彼らのいい感じも失われておらず、まるで解散していなかったみたいな貫禄を感じさせます。楽器構成も増えているの音の厚みもありますし、昔からのファンも新しいファンも楽しめる内容になっています。

再結成ブームが流行っていましたので、バンドやればまた金が集まるという想いで再結成するバンドが多い中、彼らもそうなのでしょうが、音楽的にも意義のある事をやっています。メンバーを集めたからにはきちんとした事をやって結果を出しています。ただ、この時代では全く彼らのバンドとしての価値を分かっている人が少なくなっているので売り上げはよくありませんでした。それでもライブ活動していく中で人気を復活させています。

Parchman Farm
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20151122]

Hoppkorv
(1998/07/14)
Hot Tuna

商品詳細を見る


76年のアルバムです。これも有名なジャケットです。8ビートのブルースを16ビートにするとロックンロールになります。ブルースの再構築を命題とする彼らにとって、それは当たり前過ぎる手法なので、これまではやってきませんでしたが、ここでは何食わぬ顔でロックンロールしています。フランジャーを多用したり、普通のアメリカンハードロックバンドみたいになっています。

1. Santa Claus Retreat
2. Watch The North Wind Rise
3. It's So Easy
4. Bowlegged Woman Knock Kneed Man
5. Drivin' Around
6. I Wish You Would
7. I Can't Be Satisfied
8. Talking 'Bout You
9. Extrication Love Song
10. Song From Stainless Cymbal

ポップな曲もあったり、サザンロックバンドやアメリカンハードロックバンドとたいして変わらなくなっています。しかしこれは第二期ハードロックブーム前のアメリカンハードロックのスタイルであり、完全なハードロックにしていない所が彼らの落としどころなのでしょう。あくまでも知る人ぞ知るバンドであり、ヒットチャートには無縁でしたが、多少色気が出てきた感じです。

ハードロックをやるにしてもウェストコーストっぽい感覚があります。当時の西海岸はハードロック不毛地帯と呼ばれるくらいですからストレートなハードロックバンドはいませんでした。モントローズくらいです。このバンドもハードロックっぽい事をやっていますが、ストレートではありません。ファンキーであったり、ポップであったり、この辺りが人気が出なかった理由でしょうが、今聴くと、このストレートでない感じが面白いです。この後バンドは解散しています。

Santa Claus Retreat
⇒ 続きを読む

[20151122]

Yellow Fever
(1998/07/14)
Hot Tuna

商品詳細を見る


75年のアルバムです。ここで初めてシンセサイザーも使用されるようになります。基本トリオ演奏ですが、Baby What You Want Me To DoではJohn Shermanとのツィンリードギターが炸裂しています。洗練された現代的なブルースを演奏するようになっていますが、前作よりブルースの形態を思いっきり明確にするようになっています。それでもストレートではなく、インテリジェントなブルースフィーリングがユニークです。

1. Baby What You Want Me To Do
2. Hot Jelly Roll Blues
3. Free Rein
4. Sunrise Dance With The Devil
5. Song For The Fire Maiden
6. Bar Room Crystal Ball
7. Half/Time Saturation
8. Surphase Tension

ブルースにもいろいろな形があり、ここでやっているブルースは都会的なシカゴブルースをウェストコーストらしいしゃれた感じにしています。純粋なブルースファンには?ですし、A.O.R.ファンにしてもそこまで洗練されているわけではないので?でしょう。その中途半端な感じがこのバンドの特長であり、独自の感覚であります。やはり同じシスコのデッドあたりと似ている所があります。

新しい、若者によるブルースの再構築なのであります。若い世代が楽しめるブルース、それが命題でしょう。珍しディストーションやワウワウなどのエフェクターを駆使するようになっています。それでも間違ってもハードロックではありません。あくまでもブルースなのです。それ以上にならない所でいろいろな事をやっています。多少当時の第二期ハードロックブームも考慮に入れたサウンドというところでしょうか。

Baby What You Want Me To Do
⇒ 続きを読む

[20151122]

America's Choice
(1998/07/14)
Hot Tuna

商品詳細を見る


75年のアルバムで彼らを代表する作品になっています。洗剤の箱を形どったジャケットは一番有名ですね。ドラムがSammy PiazzaからBob Steeler に変わった事によってフュージョンっぽい演奏になっています。時は西海岸でクロスオーヴァーブームが始まっており、少なからずも彼らにもその影響が表れています。多様化していく70年代後半のスタイルを吸収しながらもブルースを貫いています。

1. Sleep Song
2. Funky 7
3. Walkin Blues
4. Invitation
5. Hit Single 1
6. Serpent Of Dreams
7. I Don't Wanna Go
8. Great Divide Revisited

フュージョンの影響によりテンションコードを使ったり、ファンキーなリズムを使ったりしています。ブルースは8ビートですが、フュージョンは16ビートです。ですから正確にはブルースでは無くなっているのですが、新しいブルースの形を模索しているバンドですから、これもブルースの発展系なのです。ジャンル分けするなら既成の様式を判断材料にする訳ですが、活きている音楽は既成の様式に留まるはずもありません。これもれっきとしたブルースなのです。

フュージョンっぽくなった事で洗練され、ポップになっています。シンセっぽい音もありますが、もしやギターシンセかと思わせますが、ファズをかけてトーンを変えたりオクターバーを使えば出る音なのでギターによる演奏でしょう。当時はロック界からはジェベックがいち早くフュージョン宣言しました。やはりオクターバーを使って奇妙な音を出していました。そういう連鎖があるのでしょう。こうした多様性を身につけてバンドとしても全盛期を迎えます。歴史的な名盤です。

Sleep Song
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ