FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20151226]

Blue Savannah
(1998/07/14)
Shakatak

商品詳細を見る


2003年のアルバムです。このバンドはフュージョンバンドでありながら、ダンスミュージックに特化したスタイルをずっと持っていました。時代が変わってもダンスフロアをターゲットにすれば売れると言う目論見があるようで、ダンサブルな曲を中心に創り上げてきました。目論みは間違いではなく、それなりに売れています。

1. Summer Of Love
2. Blue Savannah
3. Tortola Sunset
4. Shadow
5. Walking On Starlight
6. Blue Gorizon
7. Come To Me
8. Someone I Could Love
9. Music In The Air
10. Fool In Love
11. Sunset Street
12. Seattle Express

ジャズはそもそもダンスミュージックです。ファンクの要素を取り入れたフュージョンも本質的には踊れる音楽であった方が正当性が感じられますが、テクニック重視のフュージョンは必ずしも踊れる音楽ではありません。それをもっと単純にして踊れる音楽にしたのがこのバンドですから、踊れる音楽にこだわっているのはこのバンドのもっともらしい所であります。

ですから踊れる音楽に徹したこのアルバムは彼ららしく、自分達のやるべきスタイルを見極めた内容になっていると思います。演奏力も歌唱力も衰える事無く充実した内容になっています。彼らが生き残る術はこの方法しか無いのかは疑問ですが、これはこれで良いのでしょう。難しく考えずに楽しめる音楽が本当は良い音楽なのですから。

Summer Of Love
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20151226]

Under Your Spell
(1998/07/14)
Shakatak

商品詳細を見る


2001年のアルバムです。21世紀になると時代をリードしていく音楽が登場しなくなってきます。様々な音楽に対して、それなりのファンが支持していきますから、何でもありの時代になっていきます。正解が無いのです。何をやっても良い作品ならそれなりに売れるようになります。そうなるとシャカタクもやり易くなるのですが、このバンドは今度は90年代のスタイルを捨てられなくなっています。

1. Sunshine
2. Falling
3. The Squizzle
4. Paradise Garden
5. Under Your Spell
6. Changes
7. Running Back To You
8. Tahitian Nights
9. Night Time
10. In My Mind
11. 'Til Sunrise
12. Silver Falls
13. Tell Me Tonight

新しいスタイルが生まれないと言う事は、いつまでたってもヒップホップが新しいという事になってしまいます。さすがにそれは違うなと、声を大にして言い続けているのですが、それが分からない音楽業界というのも保守的な世界だなと思ってしまいます。シャカタクもやっと自分達のやりたい事が出来る時代になった事を感じるべきなのですが、このバンド、いつまでたっても鈍感なままなのです。

フュージョン界はさほど大きな変化はありませんでしたので、鈍感なバンドは結構多いのです。時代も一回りして、昔のファンが懐かしんでくれるので、既に古くさくなった90年代のスタイルも必要ないのですが、これが分かるまでもう少し時間がかかりそうです。内容としては悪くないのですが、どれも既に使い古された手法ですから、新鮮さがありません。頑張ってはいますが。

Sunshine
⇒ 続きを読む

[20151226]

View From The City
(1998/07/14)
Shakatak

商品詳細を見る


98年のアルバムです。ブレイクビーツなど90年代のリズムの作り方を習得してからの、シャカタクらしい都会の夜を描いたようなA.O.R.作品になっています。なので基本的にはいつものシャカタクサウンドです。リズム、アレンジが90年代になっているので、又これか、とはなりません。それでもやっぱりこれが得意技なのですね。

1. Nova Bossa
2. Drive-in
3. Magic
4. Sundown
5. Get Up
6. Driftin'
7. Move A Little Closer
8. Say What You Want
9. Slammin'
10. It's Alright
11. Steveland
12. Say Somethin'

スムースジャズスタイルの継承であり、当時のフュージョンも同じような感じなので、前作ほど個性を感じませんが、バンドとしての個性を活かしながらも時代に合わせる事に成功したようにも感じます。80年代のフォーマットをそのまま90年代の卓にぶち込んだようにも感じます。これなら昔からのファンにも納得でしょうが、せっかく前作で素晴らしい展開になってきたのに、又戻るのか、と残念な感じがしないでもありません。

いろいろと試行錯誤しながら前に進んでいるのであれば問題無いと思います。自分達に無かったものを要求される時代になったのですから、自分達にマッチングするやり方を手探りしている段階なのだと思います。なので中途半端な感じがしないではないですが、こなれていけばもっと良くなっていく事でしょう。普通にムーディーな音楽としては楽しめます。

Nova Bossa
⇒ 続きを読む

[20151226]

Let The Piano Play
(1998/07/14)
Shakatak

商品詳細を見る


97年のアルバムです。3年ぶりという彼らにとっては珍しく間が空いています。所属レーベルが定まっていなかったのですが、ビクターに落ち着きます。90年代も後半になっていますが、本格的に90年代サウンドをものにしています。ヒップホップの要素を大胆に取り入れています。ジャズ界でもヒップホップスタイルを取り入れる事が流行っていましたが、ポップダンスナンバーが得意なシャカタクにかかれば、ヒップホップのつまらないところを帳消しにするくらいゴージャスなアレンジにまとめています。

1. Let The Piano Play
2. Let's Start Over Again
3. Legacy
4. Fly Away
5. Chase The Sun
6. Space Dance
7. Nothing Can Stop Me
8. Ocean Sway
9. Blow Ya House
10. Somethin's Goin'on
11. Time Stretch
12. Sakura Moon
13. Love Somebody

ヒップホップはあくまでも要素であって、シャカタクのスタイルの基盤はしっかりしていますから、単調なヒップホップも楽しいダンスチューンに変身します。ヒップホップの影響を受けた作品は沢山ありますが、シャカタクのミクスチャー感覚が一番センスが良いと思います。言い方は悪いですが、ヒップホップって下品な音楽なのです。それを上品で優雅なファッショナブルなサウンドに変身させているのですから、ヒップホップが嫌いな人でも楽しめます。

様々な音楽と融合しながら進化してくロック、ここではポップス、ジャズでありますが、融合しながら別物を生み出すサムシング、それこそが音楽の進化していく過程での面白みであると思っています。そうした面白みを感じさせてくれる内容に仕上がっています。ようやくバンドとして面白みが出てきたと感じます。売れると言う貪欲さはあっていいのです。その結果に素晴らしい音楽が出来上がってくるのであれば、音楽こそが雄弁に全てを語ってくれるのです。名盤です。

Let The Piano Play
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ