FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20160206]

Bossanova
(1998/07/14)
Pixies

商品詳細を見る


90年のアルバムです。プロデュースは前作に引き続きGil Nortonです。シングルのVelouriaとDig for Fireが大ヒットしてアルバムも世界的に売れました。もう80年代サウンドには辟易していた若者達にとっては手本となるバンドでした。日本ではまだ80年代を引きずっていたので時代に乗り遅れていました。サーフィンロックをカバーしたり、独自のポップ感覚を持っています。

1. Cecilia Ann
2. Rock Music
3. Velouria
4. Allison
5. Is She Weird
6. Ana
7. All Over the World
8. Dig for Fire
9. Down to the Well
10. Happening
11. Blown Away
12. Hang Wire
13. Stormy Weather
14. Havalina

イギリスではデジタルロックの時代であり、テクノとロックの融合が課題でした。このバンドはまったくデジタルを感じさせるものではありませんが、曲の作り方など、新しい感覚に溢れていて、多くの若いバンドに影響を与えていきます。そしてアメリカではいよいよグランジが登場する事になります。アメリカではバブルがはじけ、80年代の音楽が虚構のように感じられ、商業ロックへのアンチテーゼとしてインディーズから新しい流れが生まれていきます。

不況下の中でイギリスではパンクが生まれたように、バブルがはじけたアメリカではオルタナ、グランジが若者の代弁者として登場していきます。ロックが死に絶えたかのように見えた80年代のアメリカからロックのルネッサンスが興るのです。やがて、それも商業ロックの中に組み込まれていくのですが、この最初期にその礎を築いたバンドがこのバンドであり、このアルバムの成功によるものです。ニルバーナやパールジャムのヒントが眠っています。

Cecilia Ann
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20160206]

Doolittle
(1998/07/14)
Pixies

商品詳細を見る


89年のアルバムです。プロデュースはGil Norton。曲の展開をコンパクトにして攻撃的になっています。90年代グランジの原型がここに出来上がっています。それでも彼ららしい個性は失われておらず、その中でのポップな解釈での表現が世界的なヒットへと結びついています。分かり易くなったと言うのが要因ですが、パンクが持つ破壊力、アバンギャルドでは無くなりましたがポップな表現力は見事なものです。

1. Debaser
2. Tame
3. Wave Of Mutilation
4. I Bleed
5. Here Comes Your Man
6. Dead
7. Monkey Gone To Heaven
8. Mr. Grieves
9. Crackity Jones
10. La La Love You
11. No.13 Baby
12. There Goes My Gun
13. Hey
14. Silver
15. Gouge Away

一般のチャートでも急上昇、特にイギリスで人気が出てきます。イギリスでもマンチェスターからバンドブームが興り始めますが、それは80年代の終焉を迎えるもので、商業的な音楽に膨れ上がったロックへの警戒とアンチテーゼを若者が発信するようになっていきます。そのうねりが大きくなると、今度は商業ロック側が彼らを取り込もうとしてきます。そして一連のマッドチェスター、グランジなど脱80年代の流れになっていきます。

80年代のきらびやかな音楽に比べたら地味で粗野な音楽ですが、購買力が強い若者に支持されたら黙っていられません。ストリングスを加えるなど、アレンジもコンパクトながら凝っていて、実験的な初期の頃からすれば音楽的には完成度を高めています。彼らの最高傑作とするファンも多いです。どの曲も短いですが、その中での爆発的な表現力が並外れています。新しい時代を呼び起こす歴史的な名盤です。

Debaser
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ