FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20160320]

Oskar Tennis Champion
(1998/07/14)
Momus

商品詳細を見る


2003年のアルバムです。日本でレコーディングされているので東洋的なサンプリング音源が使われています。前作よりもフォークトロニカの手法に近い感じであり、サンプリングによるコラージュ感が満載です。それでも普通のテクノの使い方とは違う、独自のファニー感があります。日本にいながら、あまり日本を理解していない西洋人の発想で音源が使われているのが、又おちょくられたような感じになっています。

1. Spookykabuki
2. Is It Because Im A Pirate
3. Multiplying Love
4. Scottish Lips
5. My Sperm Is Not Your Enemy
6. Oskar Tennis Champion
7. Little Schubert
8. Laird Of Inversnecky
9. Last Communist
10. Pierrot Lunaire
11. Beowulf (I Am Deformed)
12. Electrosexual Sewing Machine
13. Lepdog
14. Lovely Tree
15. Palm Deathtop

いつもよりアバンギャルド感があって、ポップさは損なわれているようですが、彼なりのフォークトロニカへの返答とも言えるような内容になっています。ちゃんと流行りのスタイルも気にしているのでしょう。それでもそのスタイルに従わない自由さこそが彼の特長であります。反復とは言えないようなミニマル感、前作同様ぶっ飛んでいる感じはあります。

メジャーな売れ方はしなくていいのですから怖いもの無しです。玄人受けするような内容でありますが、かなり日本のミュージシャンにも刺激を与えるような作品になっていると思います。ちょっといつもより遊び過ぎな感じがあります。ポップでなくてもいいような開き直りになっているようです。陰な感じも彼らしいところですから、更に進化したサウンドになっていると思います。

Spookykabuki
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20160320]

Folktronic
(1998/07/14)
Momus

商品詳細を見る


2001年のアルバムです。アルバムタイトルが当時流行りだったフォークトロニカそのものになっています。しかし、彼の場合はフォークシンガー側からテクノへのアプローチですから、テクノミュージシャンがアコースティック楽器をサンプリングするフォークトロニカとは違った解釈になっています。フォークソングにデジタル処理を施した内容であり、一般的なフォークトロニカを期待していると笑ってしまいます。

1. Appalachia
2. Smooth Folk Singer
3. Mountain Music
4. Simple Men
5. Finnegan The Folk Hero
6. Protestant Art
7. U.S. Knitting
8. Jarre In Hicksville
9. Tape Recorder Man
10. Little Apples
11. Robocowboys
12. Psychopathia Sexualis
13. Folk Me Amadeus
14. Handheld
15. The Penis Song
16. Heliogabalus
17. Going For A Walk With A Line
18. The Lady Of Shalott
19. Mistaken Memories Of Medieval Manhattan
20. Pygmalism

フォークというタイトルがつきながらビートロックやカントリー調があったり、幅の広いポップワールドになっています。カントリーのバンジョーのフレージングをデジタルシーケンスで再現したり、かなりぶっ飛んだ発想になっています。彼の歌そのものがフォークであり、後はデジタルアレンジでかまわないという発想です。ですからクールなフォークトロニカとは全く違うものであります。

彼なりのフォークとテクノロジーの融合であり、しかもブリテンなトラッドフォークであり、楽しい曲ばかりで、ある意味フォークトロニカをおちょくっているような内容でもあると思います。普通にいつものモーマスのポップワールドであり、デビュー当時から彼がやってきた事であり、それを極端な形で表現しています。センチメンタルな雰囲気が無く、全体的に楽観的な楽しい雰囲気も徹底されています。ある意味コンセプトアルバムでもあります。名盤です。

Appalachia
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ