FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20160403]

One Part Lullaby
(1998/07/14)
Folk Implosion

商品詳細を見る


99年のアルバムです。やっとアコースティック楽器も使うようになり、フォークの要素が出てきました。ドラムはメンバー二人とも叩いていますが、サンプリングしてループで使ったりしているので、フォークとハウスが融合した内容になっています。既にベックがやっている事ですが、当時はアコースティック楽器とサンプリングを組み合わせる事は珍しく、これが後のフォークトロニカと呼ばれるようになっていきます。

1. My Ritual
2. One Part Lullaby
3. Free To Go
4. Serge
5. E.Z. L.A.
6. Mechanical Man
7. Kingdom Of Lies
8. Gravity Decides
9. Chained To The Moon
10. Merry-Go-Down
11. Someone You Love
12. No Need To Worry
13. Back To The Sunrise

使用されている楽器も幅が広くなってきています。サンプリング音源もあるのでしょうが、オルタナのレベルを超えた内容になっています。曲も素晴らしく、ポップでもありますから音色が増える事により、曲の良さが更に膨らんできます。当時はデジタル臭い音楽に飽きた人にお勧めの新しい音楽だと紹介されていました。これにデジタルの要素が強くなってくるとフォークトロニカとなります。

当時はまだフォークトロニカと言う表現はされておらず、オルタナの新しい形とされていましたが、明確にオルタナの領域を超えています。普通にポップロックとしても通用しますし、ネオフォークロックとしても通用します。ベックに負けないくらいに曲が良いですし、メジャー級の作品だと思います。知名度もどんどん高くなっていきます。一番肝心な事はセンスが良いんですね。彼らの最高傑作だと思います。意外にも重要な歴史的名盤であります。

My Ritual
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20160403]

Dare to Be Surprised
(1998/07/14)
Folk Implosion

商品詳細を見る


97年のセカンドアルバムです。遊びで始めたユニットでしたが、多少話題になった事で、本格的に活動するようになります。ファーストに比べると、かなり本気で作品作りをしています。オルタナらしい感じの曲ばかりですが、シンセなども使って多少テクノの要素も含まれるようになっています。曲もカッコいいです。

1. Pole Position
2. Wide Web
3. Insinuation
4. Barricade
5. That's The Trick
6. Checking In
7. Cold Night
8. Park Dub
9. Burning Paper
10. (Blank Paper)
11. Ball & Chain
12. Fall Into November
13. Dare To Be Suprised
14. River Devotion

フォークという概念では作曲していないと思います。普通にオルタナとして通用する曲ばかりです。音圧もありますのでメジャークラスのレベルになっています。表現力も演奏力も格段にアップしています。二人だけで演奏していますからダビングして録音している訳ですが、デスクトップでは無く、アナログ卓でレコーディングしているようです。その手法が彼らにとってはフォークなのでしょう。

アレンジやSEも結構考えられていて、もはやローファイでもありません。歌もけだるい感じですが上手になっています。普通に良いバンドの作品であり、曲もポップですし、オルタナと言う事にこだわらなくても楽しめる作品です。トラック割りもしっかり考え込まれていて本気度が伺えます。元何々のバンドにいたとか関係なく、Folk Implosionという独立したバンドとして認識されるようになっていきます。名盤です。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ