FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20160409]

fi
(1998/07/14)
Bibio

商品詳細を見る


Bibioの2005年のデビューアルバムです。BibioとはイギリスのStephen Wilkinsonの一人プロジェクト名になります。生演奏されたアコースティック楽器とエレクトロニックを融合させたフォークトロニカのスタイルを継承しています。フォークの部分はブリットポップ的で、いかにもイギリスらしい解釈で創られています。このアルバムではまだボーカルはとっておらず、インスト曲ばかりです。

1. Cherry Blossom Road
2. Bewley In White
3. Puffer
4. Cluster At CWM Einion
5. London Planes
6. It Was Willow
7. I'm Rewinding It...
8. Looking Through The Facets Of A Plastic Jewel
9. Wet Flakey Bark
10. Bewley In Grey
11. Teleidophonic Torch
12. Puddled In The Morning
13. At The Chase
14. Cantaloup Carousel
15. Lakeside
16. Bewley In Red
17. Poplar Avenue (Uncut)

アコースティック楽器、特にアコースティックギターは生演奏されていますが、ミニマルな流れになっていて、描写的な表現になっています。生演奏をサンプリングしているのでもなく、ループもさせていないので、一人多重録音の手法をとって制作されているようです。サンプリングされている音源もありますが、基本は生演奏のアナログ感を大事にしています。

フォークトロニカの解釈もミュージシャンによって様々ですが、この人も独特の解釈で曲を創っているようです。情景を写し取ったような流れをミニマルな表現で綴っています。印象派と現代音楽の両方の感覚を持っていると思います。家具のような音楽でありながら、どこか普通ではないので、ただ聴き流すのは難しいと思います。リズムとなるパートが無いのでアンビエントなようでもありますが、リバーブは控えめなのでアンビエントとも言いがたい物があります。フォークトロニカとしか言いようがありません。

Cherry Blossom Road
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20160409]

Turbines
(1998/07/14)
Tunng

商品詳細を見る


2013年のアルバムで現在までの最新作です。よりプログレッシヴな完成度へ向けて充実した内容になっています。彼らにとってデジタルな音源はあくまでも手段であって、基本はどれだけトラッドフォークを進化させていくかがテーマなのだと思います。テクノ感覚を取り入れる事で生まれるダイナミズムにより、それまでに無かったトラッドの新たな形を創造する事で結果、プログレッシヴロックになっています。

1. Once
2. Trip Trap
3. By This
4. The Village
5. Bloodlines
6. Follow Follow
7. So Far From Here
8. Embers
9. Heavy Rock Warning

音楽を創る上で、最初にイメージする方向性は重要だと思います。それにそって完成させていく訳ですが、出来上がってくる音楽はある意味自分の子供のようなもので、自分の手を離れた一つの人格のようなものを持っています。ですから、こういう子に育って欲しいと思っていても、その子の人格で思ってもいなかった人間に成長していく事があります。親としては子供の個性を尊重して自由に羽ばたかせなければなりません。勿論脱線しないようにしつけも大事です。

そうして出来上がってくる音楽は最初のイメージからかなり飛躍した内容になる事があります。それは作曲者にも最初から想像出来ない出来映えになる事があります。だから音楽を創るのは面白いのです。そういう飛躍的な結果を生み出している作品になっていると思います。最初の曲のイメージを膨らませて、様々なアイデアを織交ぜながらより曲としての完成度を高める。それは創世記のプログレッシヴロックの勢いにも似ています。それだけのエネルギーを感じさせる名盤に仕上がっています。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ