FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20160424]

Tres cosas
(1998/07/14)
Juana Molina

商品詳細を見る


2002年のアルバムです。電子音はあくまでも雰囲気作りに留まり、フォークソング、ギターによる弾き語りが中心になっています。作曲する時点で弾き語りだけで完結するような曲を創っているので、余計なアレンジは原曲を損ねてしまいますので、必要以上の音は重ねないようにしているようです。あくまでも原曲のイメージをそのまま表現するような控えめなアレンジになっています。

1. No Es Tan Cierto
2. El Cristal
3. Salvese Quien Pueda
4. Uh!
5. Tres Cosas
6. Yo Se Que
7. Isabel
8. Lamba Corta
9. Solo Su Voz
10. Curame
11. Filter Taps
12. El Progreso
13. Insensible

電子音を必要以上に使わない事によって歌が前面に出てきます。電子音が多い方が売れると思いますが、そこは気にしていないと思います。それだけ歌の存在感がしっかりとあります。ドラムレスになっているのもフォークソングとしての雰囲気を損なわない為のものだと思います。ドラムが無いだけで歌の繊細な表現も聴き取れますから、本来フォークソングにドラムは必要ありませんでした。電気楽器を使うようになったフォークロックの時代からフォークソングにもドラムが登場するようになってきます。

フォークトロニカではドラムサウンドは普通に出てきます。前作でもドラムサウンドはありましたし、バンドサウンドだったファーストでも登場しています。しかし、このアルバムではビートはありますがドラムレスです。それだけフォークの部分を追求するようになっていると思います。ここが彼女の独創的なセンスだと思います。ステレオでは真ん中にどっしりとドラムが存在して、歌も真ん中に配置される事が多いので、どうしてもドラムの音に負けないように力んで歌ってしまいがちですが、ドラムが無いだけで息吹も聴き取れるほど歌の存在感が強調されます。ある意味アンビエントなフォークソングだと思います。

No Es Tan Cierto
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20160424]

Segundo
(1998/07/14)
Juana Molina

商品詳細を見る


2000年のアルバムです。ここからエレクトロニックを導入するようになります。時期的にフォークトロニカの影響からエレクトロニックを導入したように思われます。ケルトとは違うヨーロッパ的なフォークソングは独特の雰囲気を持っています。デジタルサウンドもそのフォークの部分をサポートするように設けられていて、彼女の世界感を崩す物ではありません。

1. Martin Fierro
2. Quien?
3. El Perro
4. Que Llueva!
5. La Visita
6. Quiero
7. Mantra Del Bicho Feo
8. El Desconfiado
9. El Zorzal
10. El Pastor Mentiroso
11. Misterio Uruguayo
12. Vaca Que Cambia De Querencia
13. Medlong
14. Sonamos
15. The wrong song

アルゼンチン特有の音楽と言うのは詳しく理解していませんが、彼女の音楽にはボヘミアンな民族音楽の響きがあります。ですから普通のフォークソングとは違います。そのエキゾチックな雰囲気をより演出しているのがエレクトリックサウンドであります。他の女性シンガーには無い独特の世界観、それがフォークトロニカと出会って更に飛躍したような作品になっています。

彼女の世界感を構築する為に演出されたデジタルサウンドのアレンジも光るセンスを感じます。テクノ寄りのフォークトロニカとは違う発想になっているのが心地良いです。あくまでもボヘミアの深い森を表現するかのように響いています。どこかラテンの雰囲気も感じられますが、そこはジプシーと同じルーツを持つボヘミアンの雰囲気なのでしょう。ヨーロッパ各地の音楽も似ている所はあると思いますが、一つ一つ追求していくのも面白いのかなと思わせます。それでも現代音楽として表現している彼女の音楽が一番洗練されているのでしょう。

Martin Fierro
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ