FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20161001]

vilnius
(1998/07/14)
Melodium

商品詳細を見る


2007年のアルバムです。思いっきりエレクトロニカした内容になっていますが、なぜか自主制作作品になっています。インディーズといえどリリースさせるのもままならない時があるようです。アコースティック楽器も含まれていますが、ほぼ電子音で制作されています。曲調はポップですが、ドラムも電子音なのでアグレッシヴに感じられます。

1. Stockholm
2. Vilnius
3. Tioumen
4. Bilbao
5. Srebrenica
6. Tseel
7. Minsk
8. Muro
9. Kribi
10.1. I've Been Let Down
10.2. Untitled

ヨーロッパの人が好きそうな曲調になっていますが、この時期になると時代遅れな感じがするのでしょうか。確かにすでに他の人がやってきた事の焼き直しのような感じもしますが、この人の場合はポップソングが作れるという強みがあります。普通のエレクトロニカとは違うと思うのですが、それだけに異端な扱いになっているのでしょう。

電子音とサンプリングの組み合わせによるエレクトロニカですが、サンプリング素材も電子音に馴染み易い音に処理されています。リズムの刻みはドリルンベースになりがちで、90年代色が強いので時代遅れな感じです。これにプラスフォークトロニカな手法を使えるようになっているのに、また戻ってこの手法になったという事は、個人的にこんな感じが好きなのでしょう。

Stockholm
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20161001]

flacana flacana
(1998/07/14)
Melodium

商品詳細を見る


これも2006年のアルバムです。同じ年に3枚のコンセプトアルバムをリリースしています。すごい仕事量です。今作は全部同じ曲名が17ものパターンに分かれています。フォークトロニカの手法で作り出されるバリエーションの豊かな内容になっています。最初はビートルズのアデイインザライフのコード進行でアコースティックギターがデフォルメしたストロークを奏でていきます。つまりブリットポップが入っています。

1. Flacana 1
2. Flacana 2
3. Flacana 3
4. Flacana 4
5. Flacana 5
6. Flacana 6
7. Flacana 7
8. Flacana 8
9. Flacana 9
10. Flacana 10
11. Flacana 11
12. Flacana 12
13. Flacana 13
14. Flacana 14
15. Flacana 15
16. Flacana 16
17. Flacana 17

同じコード進行がどんどん形を変えてパターン変更していきます。時にはエレキに置き換えたり、ピアノに置き換えたりして、同じコード進行なのにまったく別の曲のようにパターン変更して進行していきます。フォークトロニカ組曲になっているのです。同じ素材で組曲にしていく古典組曲の手法です。エレクトロニカとしても響いていますので現代的であり、現代音楽的なポップ作品とも言えます。

原曲がブリットポップしていますから難解でもなく、分かり易いことで遊んでいる感じです。様々な音楽的要素が繰り広げられていて、一つのコード進行でいくらでも違う曲を作曲出来るという、ソングライターとしての確かな手腕を持っているからこそ作り出せた作品になっています。ある意味、普通の作曲法に冷めた現代音楽家の手法で作られたフォークトロニカであります。同じ題材のバリエーションでありながら、飽きる事なく聴き通せるだけのアイデアに溢れています。

Flacana 5
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ