FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20161022]

Lucky Shiner
(1998/07/14)
Gold Panda

商品詳細を見る


イギリスのアーティストGold Pandaの2010年のファーストアルバムです。一般的なエレクトロニカでありますが、フォークトロニカな雰囲気も持っています。結構エスニックな音源なども使っています。サンプリング音源も加工して電子音の中で浮かないような工夫がなされています。そういう意味では個性的かもしれませんが、多くの猛者が揃っているフォークトロニカの世界では普通かもしれません。

1. You
2. Vanilla Minus
3. Parents
4. Same Dream China
5. Snow & Taxis
6. Before We Talked
7. Marriage
8. I'm With You But I'm Lonely
9. After We Talked
10. India Lately
11. You (Part II)

フォークトロニカではダンスビートを無視したようなテクノスタイルが多いのですが、この人の場合はDJでもあるのでダンスミュージックになっています。その為なのか、結構期待されて高い評価を受けています。やっている事は普通なのに、革新的な他のアーティストの評価が低くて、ダンスミュージック、クラブ受けする内容だからといって評価が高いというのは納得がいきません。

内容は悪くありませんし、評価されてもいいと思いますが、もっと凄い事をやっている人達が評価されていないのに、割と普通の事をやっているこの人の方が評価されるという、木を見て森を見ていないような人達がメディアを動かしてるのだという現実は信用に値しません。普通にテクノにエスニックな楽器を用いたよくあるタイプのスタイルです。悪くはありませんが、だから何だという領域は抜け切れていないように感じます。

Full Album
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20161022]

Dalia
(1998/07/14)
Pietnastka

商品詳細を見る


ポーランドのミュージシャンPiotr Kurekの一人プロジェクトPiętnastka名義での2011年の唯一のアルバムです。Piotr Kurek名義で活動していますが、毛並みの違う作品を出す時は名義を変えたりするのはテクノミュージシャンの常套手段です。サウンドはエレクトロですが、かなりサイケデリックな内容になっています。

1. Dalia
2. School Boy
3. Dice
4. Piętnastka
5. Salto
6. Czterdzieści Cztery
7. Noakowski
8. Podchody
9. Keymonica
10. Superator
11. Tape Eater

アシッドなテクノはあります。テクノでサイケデリックな雰囲気を持っているのも沢山あります。しかし、サイケデリックな曲をエレクトロな音源で作るというのはそんなに多くありません。サイケでのエフェクティヴなサウンドもエレクトロだと容易に作り出す事が出来ます。シューゲイザーとも違う感覚です。

旋律がサイケな曲ですから、選択される音源もそれっぽいものが使われていますし、エフェクトのかけ方もテクノと言うよりサイケロック的な手法です。しかし電子音やシーケンスはテクノ的という、違った発想でのフォークトロニカになっています。エレクトロニックエスノな独特の世界観を持っています。かなりユニークな世界ですが、この後が続いていませんし、作品のリリースも一部のみで世界的には広まっていません。こういう作品に巡り会うには困難な状況になっています。

School Boy
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ