FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20161106]

Bitte Orca
(1998/07/14)
Dirty Projectors

商品詳細を見る


2009年のアルバムです。最初の頃はDavid Longstrethのソロプロジェクトのような感じもありましたが、前作あたりからバンドとしての表現になっています。今作ではよりロック色が強くなりポップでさらに分かりやすくなっています。様々な音楽性を内包している事に変わりありませんが、ロックバンドとして表現する事により敷居はかなり低くなっています。

1. CANNIBAL RESOURCE
2. TEMECULA SUNRISE
3. THE BRIDE
4. STILLNESS IS THE MOVE
5. TWO DOVES
6. USEFUL CHAMBER
7. NO INTENTION
8. REMADE HORIZON
9. FLUORESCENT HALF DOME

曲の作りはやはり変ではありますがロックカテゴリーとしては有りであります。ロックとしての引き出しも多い事が分かります。ツェッペリンのようなトラッドフォークとロックの融合、ファンクとロックの融合、そこにフランクザッパのような構成力が出てきて不思議なロック作品になっています。かっこよくまとめようと思えば出来るはずなのに、そこは天の邪鬼な性格が出てきます。

二人の女性メンバーAmber CoffmanとAngel Deradoorianのボーカルも重要な役割となっています。マニアックな世界ではありますが、それだけに玄人好みであり、ビュークやデヴィッドバーンに認められるようになっていきます。ダンスミュージックやデジタルミュージックばかりが氾濫する世の中に咲いた一輪のケシの花。ロックがまだ活きていた頃を思い出させてくれるエネルギーに満ちています。昔のロックファンは訳がわからなくても黙ってじっと理解しようと耳を傾けていました。それが最近では表現者の方から聴き手に好かれようとしてレベルを下げてまでも売れる曲を提供するのが当たり前になっていますから、こうした、ついてこれるかい的な音楽は聴いていて爽快な気分になります。

CANNIBAL RESOURCE
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20161106]

Rise Above
(1998/07/14)
Dirty Projectors

商品詳細を見る


2007年のアルバムです。イギリスではラフトレードからリリースされるようになり、世界的に知名度が上がっていきます。内容はこれまでの手法をとりながらも分かりやすくポップになっています。コンセプトとしてはオルタナバンドBlack FlagのアルバムDamagedを聴き返すことなく記憶だけで再現するという事で製作されています。

1. What I See
2. No More
3. Depression
4. Six Pack
5. Thirsty And Miserable
6. Police Story
7. Gimmie Gimmie Gimmie
8. Spray Paint (The Walls)
9. Room 13
10. Rise Above
11. Untitled (bonus track)

バンドスタイルでの演奏であり、記憶だけで再現する作曲法は私もよくやります。全く違うものになりますし、新しい発見があるからです。耳コピなら完全に再現できますが、記憶によりますのでコード進行も違うものになったりします。最初から原曲に忠実でいようとは思っていませんから自分のカラーも強く押し出せます。この作品も原曲とは全く違うものになっていると思います。

完全にDave Longstrethの世界になっていますから、Black Flagの再現というのは単なるきっかけにしか過ぎないと思います。しかし、一つのイメージを持つことによりこれまでよりポップで分かりやすい内容になっているのは間違いありません。そもそも作曲なんてその人のフィルターを通して既存の音楽を再現する事がほとんどですから、この作曲法は間違いではありません。パロディーとしてもその度合いが面白いのであり、パクリとも違います。全くの無から作曲する場合も稀ですがあります。それは天の啓示を受け、天に代わって曲を創るという天才的なモーメントがあるのですが、人生の中でも滅多にある事ではありません。ポールマッカートニーでもイエスタデイくらいだと思います。そういう事を意識して音楽を聴くともっと楽しめると思います。

What I See
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ