FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170603]

Ítrekun
(1998/07/14)
Mugison

商品詳細を見る


2009年の作品でライブアルバムになっています。観客の歓声は全く聞こえません、スタジオにおけるライブセッションなんですね。バンドを持ってからの演奏ですから、これまでのオリジナルアルバムよりもパワフルな曲に仕上がっています。やはり70年代風のサザンロックのような雰囲気があります。スタジオアルバムではオルタナな雰囲気でしたが、バンド演奏ではサザンロックしています。

1. The Pathetic Anthem
2. Murr Murr
3. Poke A Pal
4. Jesus Is A Good Name To Moan
5. I'm Alright
6. I Want You
7. Go Blind
8. I'm On Fire
9. To The Bone

一発録りでこれだけのパフォーマンスが出来るというのは、バンドメンバーの技量も生半可な物ではありません。普通にアイスランドのハードロックバンドだと言っても通用するでしょう。既存の曲をバンドで再現する事によって、バンドの紹介や可能性を示したアルバムになっています。

一人で曲作りをしているもにとっては、やりたい様に出来ますが、バンドではそうはいきません。よっぽど気の合ったメンバーが揃えられなければバンドには満足しないはずです。しかしこの息の合った演奏からはその心配はありません。そして一人でやっている時には出せなかった様なパフォーマンスが繰り広げられています。

The Pathetic Anthem
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20170603]

Mugiboogie
(1998/07/14)
Mugison

商品詳細を見る


2008年のアルバムです。ここからバックバンドを率いて活動するようになっていきます。ベースのGuðni Finnsson、ドラムの Arnar Gislason、キーボードのDavíð Þór Jónsson、その他にゲストが数人参加しています。オープニングからグラムロック全開でスタートします。ブルースロックなど、70年代風のバンドスタイルになっていますが、表現の仕方はオルタナっぽいところがあります。

1. Mugiboogie
2. The Pathetic Anthem
3. To The Bone
4. Jesus Is A Good Name To Moan
5. George Harrison
6. Deep Breathing
7. I'm Alright
8. The Animal
9. Two Thumb Sucking Son Of A Boyo
10. The Great Unrest
11. My Love I Love
12. Sweetest Melody

最初っから流行りは気にしていないところがありましたので、バンドを持ってやりたい事をやったらこうなったみたいな内容になっています。単なる真似事に終わっていないところがカッコイイです。やりきっている感、思いっきりの良さが好感が持てます。活きた音楽っていうのは流行り廃りを感じさせません。これが一番肝心な事です。活きた音楽はどんなに時代が変わっても色褪せないのです。最近はそんな活きた音楽が失われている時代ですから。

演奏力、表現力も備わっていないとなかなか活きた音楽は作り出せませんが、第三国は強者揃いで、実力者がうごめいています。その中でも面白い事を生み出せる才能があるかないかが大事になってきます。そこまでの事が出来れば普通は世間が放っておかないのが道理ですが、最近は埋もれているパターンが多いです。昔からいっぱいいたのかもしれませんが、情報量が多い時代になってそれが浮き彫りになっているだけなのかもしれません。この人は絶対に世に埋もれさせてはいけない人です。

Mugiboogie
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ