FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170722]

Sirens
(1998/07/14)
歌者森

商品詳細を見る


中国の歌姫、歌者森の2011年の現在のところ唯一のアルバムです。海外向けにはSinger Senと名乗っています。中国の音楽シーンも韓国と同じで海外に負けないくらいのレベルには達していますが、海外の真似事であり、中国独自のオリジナリティとしての確立までは至っていませんが、世界的にも遜色のないレベルに至っています。

1. 醉 (Drunk)
2. 塞壬 (Sirens)
3. 狼 (Wolf)
4. 待 (Longing)
5. 蜘蛛小姐 (Miss Spider)
6. 雪女王 (Snow Queen)

歌者森の歌唱力もズバ抜けているので、アレンジの方もかなり頑張っています。共産国ではありますが、海外の市場が入ってきて、それなりのロックの歴史は周到されています。ですから中国国内だけの人気に終わっている場合が多いですが、それなりの技術は既に当たり前になっています。後は中国語とロックの折り合いが上手く処理出来れば中国独自のロックが誕生すると思っていますが、そこまでのレベルまでは至っていません。

日本では既に日本語とロックの折り合いの禊は済んでいます。中国語もロック的な発音の言葉が沢山ありますので、そこに神経を使えるミュージシャンが登場してくれば革命が起こると思いますが、まだいないですね。私には幾つかのアイデアがありますが、中国で活動している訳ではないので日本語との折り合いの方が先行しています。彼女の歌唱力は世界的にも通用するものだとは思いますが、言葉遊び出来るほどの才能があるかはまだ未知数です。

醉 (Drunk)
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20170722]

Pan Hopsiup
(1998/07/14)
Pchełki

商品詳細を見る


ポーランドのバンドPchełkiの2014年の今のところ唯一のアルバムです。メンバーは女性ボーカル、フルートのMarta Rogalska、キーボード、プログラミングのPaweł Rychert、ベースのKrzysztof Rogalski 、パーカッションのDamian Kowalskiです。スタイルとしてはドラムンベース、ヒップホップ、ダブ、など時代のスタイルも吸収したハードフュージョンサウンドになっています。

1. Miksują Dziewki
2. Wianki
3. Uciekaj
4. Fado
5. Krystynka
6. Osty
7. Pekin
8. Wołaj

このバンド凄いところは生演奏出来る技術を持っているということころです。プログラミングされている部分もありますが、それに負けないくらいの演奏力も持っているのです。最近は演奏力があるバンドはヘヴィメタやオルタナ系が多く、フュージョンを演奏する若者が少なくなっています。しかもメロウなフュージョンではなく、エッジの勃ったハードフュージョンです。そのバリエーションでメロウな曲もありますが、かなりかっこいいフュージョンになっています。

アメリカではジャズ系は死に絶えていますが、北欧で、しかも白人の若いバンドがこうしたスタイルを選択するというのは奇跡と言えるでしょう。勿論昔のフュージョンとは訳が違います。ヒップホップもオルタナやグランジも経過してきたあらゆるスタイルを飲み込んだ上でのフュージョンの再構築に成っていますから、かなりかっこいいです。そして歌もちゃんとポップフォーマットで含まれている。私の好みから言えば完璧なバンドだと言えます。こんなバンドが世界中から山ほど出てきて欲しいと願うばかりです。次の作品も楽しみです。

Miksują Dziewki
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ