FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170826]

Nói Albínói
(1998/07/14)
Slowblow

商品詳細を見る


2004年の作品で映画のサウンドトラックになっています。Dagur Kári Péturssonが監督して制作した映画のセルフサントラという事になります。音楽的にはカントリーロック色が強く、エレキギターが大活躍です。インストばかりですが、バンド形式にもこだわらない、キャンバスに絵をペインティングしてくようにギターを演奏しています。

1. Beginning
2. Hillbilly
3. Hole
4. Another Beginning
5. Rainbow
6. Morgun
7. Piece of Cake
8. Why Hawaii?
9. Maproom
10. Love on a Couch
11. Dinner
12. Another Hole
13. Date
14. Komdu Litla Barnid
15. Grave
16. Love on the Phone
17. Groove
18. Sjoppa
19. Elegy
20. Aim for a Smile

サントラという性格上、あまり自己主張するような音楽ではないので、オルタナ色は薄めで、ピュアでネイキッドな演奏が繰り広げられています。短めの曲が沢山入っています。どういう映画なのかは見ていないので分かりませんが、映画監督自ら曲を作っているので、イメージに即した音楽になっているのでしょう。

いつもよりはローファイ色は弱めです。いつもは歌にフィルターをかぶせたようなサウンドなので、演奏自体はソリッドであまりローファイにはなっていませんので、その部分が前面に出ています。プレイヤーとしての彼らの実力を再確認できるような内容になっています。あまり映画音楽だと思わなくても楽しめます。

Hillbilly
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20170826]

Fousque
(1998/07/14)
Slowblow

商品詳細を見る


96年のアルバムです。だいぶポップな曲調になってきました。特に女性ボーカルのEmiliana Torriniがゲスト参加している7-up Daysなどはフォークロックしています。作曲能力が向上したというか、コード進行などの工夫の進歩が垣間見えます。基本はフォークロックなのでしょうが、90年代らしい時代の音も含んでいるところがユニークな仕上がりになっています。

1. Dusty Couch
2. 7-up Days
3. Fever
4. Broken Watch
5. Ghost Of Me
6. La Luna E Bianca
7. Sack The Organist
8. Farm Song
9. Surf
10. My Life Underwater

基本は生演奏で構成されていますが、時折サンプリングループのようなパートが出てきます。それも録音時のノイズなどをサンプリングしているので、違和感はありません。同じ空気感を持っているのです。自宅で録音しているような宅録感満載のローファイな感じ、歌もデカイ声が出せないのか、出ないのか分かりませんが、ドラムの音がこれだけ出せるのだからデカイ声で歌えるはずですが、腹式呼吸しなくても通用する歌い方もロックの特権です。

アイスランドからは結構な強者が出てきていますが、彼らもその一つだと思います。音楽シーンは世界標準と同じだと思いますが、独特の進化を果たしていると思います。人と同じじゃないといけないという現代的な強迫観念が薄いのでしょう。これこそロックの本質であるべきです。つまり今の世界標準の音楽にロックは存在していない事になります。インディーズにこそ、その希望が見出せるのですが、最近はインディーズでも個性的なミュージシャンを見つけるのが難しくなっているのも現状です。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ