FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20171216]

Diaper Island
(1998/07/14)
Chad VanGaalen

商品詳細を見る


2011年のアルバムです。よりバンド色を演出。ポップさを通り越してサイケデリックな雰囲気になっています。これまではこのサイケ感覚が皆無だったので不思議な感じになっていました。普通ならサイケな感じにするような曲でも全くそのそぶりも見せていなかったからです。しかし、今回はサイケ感覚解禁になっています。

1. Do Not Fear
2. Peace On The Rise
3. Burning Photographs
4. Heavy Stones
5. Sara
6. Replace Me
7. Blonde Hash
8. Freedom For A Policeman
9. Can You Believe It?
10. Wandering Spirits
11. No Panic/No Heat
12. Shave My Pussy

60年代後半のアートロックに近いサイケポップなサウンドに成っています。これを生演奏で多重録音しているところがミソで、もっと現代的な感覚にすることこ可能なはずですが、この4トラックで録音しているかのような雰囲気が特徴に成っています。曲調もレトロな感じになっています。そういうコンセプトで統一されています。

これまではもっと独自のポップ感覚を持っていましたが、今回は独自では無い感覚を出しています。それでも現在では珍しいスタイルでしょうか。サイケからプログレに進化していく過程のアートロックの再構築。たった一人でこの演奏を重ねていく作業は結構楽しいと思いますが、バンドで演奏した方が手っ取り早いと思いますが、一人上手なんですね。

Do Not Fear
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20171216]

Soft Airplane
(1998/07/14)
Chad VanGaalen

商品詳細を見る


2008年のアルバムです。一人でマルチレコーディングしているのですが、これまでよりも生演奏している事が多くなっています。プログラミングのパートは控えめになっています。ですからバンドサウンドによるポップソングになっています。ロック色の強い曲、フォーク調の曲が入り混じり、Chad VanGaalenのスタイルがある程度絞られてきました。

1. Willow Tree
2. Bones Of Man
3. Cries Of The Dead
4. Inside The Molecules
5. Bare Feet On Wet Griptape
6. Phantom Anthills
7. Poisonous Heads
8. TMNT Mask
9. Molten Light
10. Old Man + The Sea
11. City Of Electric Light
12. Rabid Bits Of Time
13. Frozen Energon

歌はロック調の曲でもニールヤングみたいになってきました。ボーカルスタイルはこれで定着したようです。オルタナ感覚にならない独自の進化によるその時代を経過してきた音楽性。ガラパゴス的な進化によるポップ職人になっています。サンプリングも多用しますし、電子音も使いますが、生演奏も大事にしている家内制職人であります。

作曲能力も巧みになっています。フォークトロニカと呼ぶにはロック寄り過ぎますし、本来流行に影響されない純粋なロックミュージシャンのあるべき姿なのかもしれません。それだけレコード会社からレッテルを貼られて売り出しているミュージシャンばかりの世界になってしまっているのです。こんな自由なアーティストが自由な環境で活動できる

Willow Tree
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ