FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180106]

III
(1998/07/14)
Sorten Muld

商品詳細を見る


2000年のアルバムです。ドラムンベースなアレンジが多くなり、またダンサブルなビートをとるようになっています。ノルディックフォークをベースにしながらもエレクトロニカな部分が前面に出るようになっています。エスニックな雰囲気は装飾的な役割となってジャズ的なアレンジが増えています。

1. Roselil Rose
2. Lørdagskvæld
3. Vølven
4. Margjit
5. Ulver
6. Ramund
7. Linden
8. Tor Af Hafsgaard
9. Dagmar
10. Længe Siden

ジャズ、フュージョンなアレンジはドラムンベースでは定番ですが、そこにエスニックな旋律を絡ませる事で独自の深みを醸し出しています。これをもっと突き詰めれば独自のスタイルが完成しますが、まだその手前の段階にとどまっています。あくまでもノルディックフォークの地元色を出そうとするあまり、今一歩突き抜けていない感じがします。

これはこれでいい感じかもしれませんが、エレクトロな部分をもう一踏ん張りしてもらった方がしっくりくると思います。まだ何か中途半端なところにとどまっているような、ありがちなところで満足しているようなところが中途半端に感じてしまいます。誰かがルールを破らない限り新しい世界は広がらないでしょう。

Vølven
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20180106]

Mark II
(1998/07/14)
Sorten Muld

商品詳細を見る


97年のアルバムです。北欧のトラッドフォークをラーガやアラビック、ケルト、モンゴルなどの民族音楽をごっちゃ混ぜにしたエスニックエレクトロニカなアレンジで脚色しています。トラッドフォークとエスニックな旋律に共通点があり、そこからオリエンタルでエキゾチックなスタイルを構築しています。

1. The Man And The Elf Girl
2. Venelite
3. King Harald
4. I Went Out One Summer's Day
5. Perils Of The Sea
6. The Raven
7. Kirstin
8. As Stars Up High
9. Sisters
10. Mylardatter
11. I Can Tell By Your Eyes That You Have Another Love

北欧なのでジプシーではなく、ボヘミアンな音楽的系譜があるとして、そこと様々なエスニックサウンドを組み合わせ、少しばかりUlla Bendixenの歌を活かしていく事が出来たのではないでしょうか。ダンスビートにしなかった事は正解だったと思います。ノルディックフォークとエレクトロニカのフォークトロニカという事で、後に始まるフォークトロニカの先を行く形にやっとなってきました。

伝統と近代のコンピレーションという形で、若い人たちにも聴き入れられる伝統音楽。ボヘミアンも立派な民族音楽でありますし、ヨーロッパにおける民族の分布も複雑だという事がわかります。ごっちゃ混ぜにする事も不自然ではありません。サンプリング素材がまだ充実していないと感じるのは現在の耳で聴く傲慢かと思います。当時としては斬新な事をやっていると思います。

Bonden Og Elverpigen
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ