FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180125]

Fallen Camellias
(1998/07/14)
Painting Petals On Planet Ghost

商品詳細を見る


2008年のアルバムです。日本語による俳句調の歌、そして今回は音楽面は和というより西洋的なプログレッシヴアコースティックスタイルになっています。 Maurizio Opalioによるアコースティックギター、 Roberto Opalioによるアンビエントなシンセサウンド、Ramona Ponziniによる日本語の俳句調の歌。このRamona Ponziniが日本語を習っているのが反映されているトリオになります。

1. Honoo No Ko
2. Kari
3. Yume No Hanashi
4. Kyoto No Mizu
5. Akatsuki No Hoshi

さすがに音楽的には日本を表現するのは限界があるようで、西洋的なイマジネーションで表現するようになっています。いくらイタリアにいても、ネットで調べれば和の音階は分かると思いますが、プログレッシヴな表現をする為にあえて使っていないと思います。なので今作では日本語はしっかり発音されていますが俳句っぽく聞こえません。

言葉使いは俳句調で淡々としています。そこにシンセサウンドですから、坂本龍一的な日本語の使い方になっています。坂本龍一は東洋的なイメージを世界に広める為にそうしていたのだと思いますが、当時から陰ではエセ東洋音楽と比喩されていました。それに比べると彼らの音楽は純粋に日本への敬意が感じられます。

Honoo No Ko
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ