FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180310]

Howling Songs
(1998/07/14)
Matt Elliott

商品詳細を見る


2008年のアルバムです。これまでのスタイルを更に突き詰めてきました。ボヘミアンなフォークソングに加えてフラメンコなど、ジプシー系の音楽にも枝を伸ばしてきています。更にエレクトリック楽器も使ってより混沌とした絶望を描いています。トラディショナルな部分があるので、一般的なダウナー系とは一味違います。

1. The Kübler-Ross Model
2. Something About Ghosts
3. How Much In Blood ?
4. A Broken Flamenco
5. Berlin & Bisenthal
6. I Name This Ship The Tragedy, Bless Her & All Who Sail With Her
7. The Howling Song
8. Song For A Failed Relationship
9. Bomb The Stock Exchange

3拍子の物悲しい感じは継承していますが、悲しみはやがて怒りに変わり、それでも拭えない絶望を歌っています。演奏面でもおかずが増えていて内省的から外に向けた音楽になっているのではないでしょうか。その結果3拍子じゃない曲もあります。それだけで雰囲気は変わるもので、これまでとは微妙に違う雰囲気の作品になっています。

生演奏でありますが、これまでのような伴奏としての演奏だけではなく、演奏部分だけでも自己主張するようになっています。もっと壮大にやるとプログレになるような感じを大衆音楽に留めています。例えば日本にも中島みゆきという類い稀なるシンガーがいますが、最近はヒット曲によって個性が薄れてきていますが、本来はこのような情炎な音楽を作っておりました。そのままだったら今ほど売れていないと思いますが、コアなファンはこの路線を求めていたはずです。こういうむき出しの感情を恥ずかしがらずにさらけ出せるミュージシャンって本来はもっと需要があるものだと思います。

Full Album
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20180310]

Failing Songs
(1998/07/14)
Matt Elliott

商品詳細を見る


2006年のアルバムです。前作の続編のような感じで3拍子のバルカン地方のフォークソングのようなメランコリックな作品になっています。それでもどこか洗練された感じがするのはデジタル処理をしているからでしょう。生演奏になっていますが、エフェクト処理はデジタルならではのもので、それが絶妙にメランコリックさに輪をかけているという優れものです。

1. Our Weight In Oil
2. Chains
3. The Seance
4. The Failing Song
5. Broken Bones
6. Desamparado
7. Lone Gunman Required
8. Good Pawn
9. Compassion Fatigue
10. The Ghost Of Maria Callas
11. Gone
12. Planting Seeds

どこかゴッドファーザーのテーマ曲のような雰囲気もあります。非ロックな音楽をロックミュージシャンがやるというのは珍しくない事で、フレディーマーキュリーも然り、デヴァインコメディーも然り、もっと言えばビートルズもキンクスも非ロックなものからヒントを沢山もらっています。ただ、ここまで徹底的にこだわった内容なのにロック作品として聴けるというのは珍しいと思います。

今では日本も明るい曲ばかり流行っていますが、本来はこういった泣き節が好きな、得意なのが日本でしたので、全く違う地域の音楽という印象になりません。マイナー調の曲ってどこか万国共通で通じるものがあります。しかも生理的にも人間的な3拍子。人間の底辺に流れているような郷愁感に国境は無いようであります。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ