FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180322]

Valohiukkanen"
(1998/07/14)
Lau Nau

商品詳細を見る


2012年のアルバムです。民族楽器よりもストリングスなどのクラシック楽器の出番が多くなって、レコーディングもデジタル環境でレコーディングしているようで、これまでと音が明確に違うものになっています。シンセポップなアレンジもあったりと、世界を視野に入れた音創りになっています。それでも英語で歌わないというのはこだわりでしょうか。

1. Valolle
2. Ystäväni Nosferatu
3. Kuoleman Tappajan Kuolema
4. Hämärän Hevoset
5. Välisoitto
6. Valloittajan Laulu
7. Juokse Sinä Humma
8. Paperthin
9. Mirjam
10. Silmät

民族楽器も演奏していますが、一般的な楽器に馴染んでいて、それが特徴とはなっていません。これまでのアシッドフォークとは違ったサイケ的な演出で実験性が薄れています。ある程度スタイルも確立されているし、彼女の歌を中心とした無駄の無いアレンジになっています。余計な装飾は無くても成立する魅力を持っていますから、そこはプロデューサーの正しい判断だと思います。

フォークトロニカになってきたとも言えますが、それにしてはデジタルサウンドはレトロ系の音源を選択していたり、この辺の感覚はよく分かりません。もっと刺激的な音を選んでもいいと思いますが、シンセサウンドはあくまでもおまけな感覚なのでしょう。下手なサウンドエフェクトをやるよりも確固たる楽曲の存在感を大事にするようになっています。

Valolle
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ