FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180406]

Mushi No Ne"
(1998/07/14)
No.9

商品詳細を見る


2001年のアルバムです。今回は蟲の響というコンセプトで、フィールドレコーディングの部分で虫の音を拾ってきています。そこにいつもの高速ブレイクビーツとジャズっぽい演奏、楽器でも虫を意識した表現になっているようにも感じます。ジャズドラムをサンプリングしたブレイクビーツは個性的で、日本では珍しいものだと思います。

1. Gate
2. Where Come From? And Where To? Remix
3. Bug Beats
4. Eco Ego
5. Alternate
6. Drizzle
7. Survive
8. Insatiable World
9. Track 9
10. For Sister

ジャズドラムのブレイクビーツとウッドベースのサンプリング、ドラムンベースもフュージョン系の和音を使うので組み合わせとしてはおかしくありませんが、ここまでビバップなジャズをベースにしたブレイクビーツは個性的だと思います。電子音は少なめでサンプリング音源の使用頻度が増しています。

虫といっても様々な鳴き声がありますから、その表現も千差万別です。コンセプトとしてはユニークな題材ですが、サンプリングミュージックとしては扱いやすいテーマだと思います。早くからフォークトロニカに近い構成にもなっていて、先見の明があると思います。90年代に勃興したデジタルミュージックをどう消化していくか、21世紀初頭はそんな悩ましい時期でありましたが、新しいものを追求する姿勢を日本から見せている彼らは素晴らしいと思います。

Bug Beats
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ