FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180624]

Yours Gray
(1998/07/14)

Sawako商品詳細を見る


日本の女性アーティストSawakoの2004年のファーストアルバムです。フィールドレコーディングと電子音を織り交ぜたスタイル。夕暮れというテーマを持ったアルバムですすが、こちらはかなり抽象的な音楽になっています。楽器系の音が少ない為ですが、ほぼフィールドレコーディング素材に頼った作曲法になっています。

1. As:Unacir
2. A Message From Bed Of The Sea
3. Petit Garçon
4. Cache Cache
5. Night Midlight
6. Go To Ocean

ピアノなどのアコースティック楽器も登場しますが、明確なテーマを演奏していませんので、抽象的なアンビエントな内容になっています。女性でこのような作品を作る人は珍しく、海外で評価され、後にアメリカを拠点に活動するようになっていきます。日本という狭い枠組みでは測れない才能は日本にいては宝の持ち腐れなのです。

フィールドレコーディングはいわゆる現代音楽の手法の一つであり、女性がこの分野に魅力を感じるのは稀だと思いますし、自分でもこの手法で作品を作ろうというのも珍しい。フィールドレコーディングも偶然性に頼る作業でありますが、その採取には並々ならぬ貪欲さを見せていると思います。

cloud no crowd
スポンサーサイト




[20180624]

Hi Bi No Ne
(1998/07/14)

sawako+daisuke miyatani商品詳細を見る


2008年のアルバムで、ニューヨーク在住で12Kなどの先鋭電子音楽レーベルからアルバムを発表しているsawakoとのコラボレート作品になります。この後daisuke miyatani ensemble名義で小作品などをリリースしますが、daisuke miyatani として大きな作品を残しているのはここまでになります。インディーズといえども作品を出し続けるのは難しい状況のようです。

1. p v g
2. small planet
3. tiny star
4. stkhlm
5. hanauta
6. 「 」
7. fell fall
8. am3:00
9. flash back
10. madonosoto
11. super no flat
12. sou
13. i’m home
14. oyasuminasai

思い出、生活の空気、とかきらきらしたものが詰まった作品と言うテーマでScholeレーベルからリリースされています。国内1000 枚限定生産でありました。生活環境が違う二人の日常のフィールドレコーディングにアコースティックな楽器、sawakoの歌などがミックスされています。サンプラー音源によるエレクトロニクス、アコースティック楽器のミニマルループ。日本ならではのほのぼのとしたフォークトロニカです。

海外では真似しているアーティストもいますが、こんなにほのぼのとした感じは珍しい。でも日本ではかなり多いタイプの内容であります。自分で録音したフィールドレコーディングは、その時にその場所でしか存在しない音でありますから、似ていると言っても雰囲気だけで、同じものの存在はありえません。課題はその素材をどのように活かしていくのかであり、普通に音楽を作るよりもセンスを問われます。この分野でバケモノと言えるような強者はまだ登場していません。

small planet
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ