FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180729]

Résonances
(1998/07/14)

Luminocolor商品詳細を見る


フランスのデュオLuminocolorの2013年の世界リリースされている現在までの唯一のアルバムです。2008年にファーストアルバムLUMINOCOLORをリリースしていますが、現状世界的には流通しておりません。ダウンロード販売のみになっています。Benoît FarineとOlivier Minneの二人組です。

1. Lamirande Paypayo
2. Guapo
3. Amerigo!
4. Haarp'o Loop
5. Tezeta
6. Haarp'o Moines
7. Aoum

ブレイクビーツのようなプログラミングにサックスなどの生演奏を合わせたフォークトロニカになっていますが、他のアーティストと大きな違いがあります。ロック的なのです。ポップスでもテクノでもなく、ロックとしてデジタルプログラミングも利用するというスタンスです。デジタルロックというのもありますが、それと違うのは、バンドスタイルにこだわっていないというところです。プログラミングならではのテクニックを超越したフレージングを躊躇なく使いながらのロックなのです。

アフリカンビートやグラムロックのような感覚もありの、ストレートではないロック。その実験性も兼ね備えたスタイルだからこそプログラミングとも共存出来る。これまでになかった全く新しいタイプのスタイルを持っています。本来、ロック自体もこれだけの音楽的野心を持つべきところですが、商業ロックに骨抜きにされています。CANなどのようなバンドが今も現役だったら、こんな音楽を作っていなければおかしいところですが、今まで登場して来ませんでした。こういう骨のあるロックを創作してこそ本物だと思います。カッコだけのバンドに説教しなきゃいけないくらいロックのあるべき姿がここにあります。

Lamirande Paypayo
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20180729]

Still Air
(1998/07/14)

Teruyuki Nobuchika商品詳細を見る


2016年のアルバムで現在までの最新作になります。サウンドトラック等は 別に手がけているので、ソロ作品はその合間にリリースしています。ドイツのOktaf レーベルからリリースしており、こちらでは世界を視野に入れた作品作りになっています。今回はエレクトロニカの部分、アンビエント、電子音、フィールドレコーディングの方が強調されています。

1. Still Air
2. Into The Silence
3. La Reve
4. Pulsation
5. Erosion
6. Lost In Meditation
7. Antilia
8. Petos

エレクトロニカのデジタルサウンドの中にアコースティック楽器のサンプリング素材が登場して来ます。明らかにフォークトロニカの手法からの自分の世界を表現しようとしています。ストリングスなど、かなりリアルな響きを保たせたサンプリング素材、その辺は自分で何とか入手出来る環境にいると思いますので、アマチュアには手が届かない世界です。

これまでのように明確な曲では無く、抽象的でコード感も曖昧な浮遊感があります。曲を作るというより、音で遊んでいるような感覚。アンビエント作品を作るなら正統なやり方です。作曲能力をひけらかすのならサウンドトラック方面でやればいいので、ここにきてやっとその方面では出来ないような事をやって来ました。単なる真似事に終わっていないところが、まだまだ伸びしろを期待させます。

Still Air
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ