FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180920]

The Author And The Narrator
(1998/07/14)

Channel In Channel Out商品詳細を見る


アメリカのシンガーソングライターMarcus Cottenの一人プロジェクトChannel In Channel Outの2011年の唯一のアルバムです。映像や写真などの分野で活躍している人で、音楽もこなしているしまっています。なのでPVも自分でこしらえています。音楽スタイルは割と正統なフォークトロニカです。

1. It's Rather Amicable/Addling Authors With Narrators
2. Calculate The Surveillance
3. Legitimate And Permissible
4. Invalid Entry And The Enchanting Word
5. A Modulating Perception
6. I'm Pondering A Number Between 1 And 10
7. Them Embedded Company Claws
8. Affirmation Confirmation
9. Drop By Drop I'll Measure It Myself
10. Kind Euphemisms Part B

アコースティックギターによる弾き語りのフォークソングと電子音を織り交ぜるフォークトロニカとしては、さほどひねったところは無く、そのまんまですが、ここまでストレートにやっているのは逆に珍しいので個性的とも言えます。音楽的にはレディオヘッドのような陰な感じですが、ダウナーなほどではありません。アメリカらしくビーチ・ボーイズがフォーク系の曲をやっているような雰囲気もあります。

フォーク系ですから、サンプリングループの作り方もダンス系では無く、サイケポップな感じになっています。そこがビーチ・ボーイズがサイケな作品を作っていた感じに雰囲気が似ていると思います。だからレディオヘッドがポップな曲をやってしまったような感じになっています。ビジュアルをイメージさせるような音楽では無く、映像が音楽についてくるような、求心力のある音楽になっています。

It's Rather Amicable
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ