FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20181110]

Kõrvaklapid
(1998/07/14)

Pastacas商品詳細を見る


エストニアのアーティストRamo Tederに一人プロジェクトPastacasの2001年のファーストアルバムです。ブレイクビーツ系のエレクトロニカになっています。Pastacasとはボールペンの事で、ボールペンで絵を描くように音楽を作るという趣旨になっています。実際絵を描く事も好きなようで、アルバムジャケットも彼の手によるものになっています。

1. Kanasupp
2. Jaanusele
3. Sultan
4. Minu Naer
5. Macbeth
6. Asfalt Ja Ateljee
7. Püsikud
8. Osa Portreest
9. Agka
10. Hooliks Sooviks
11. Ava Ülased

サンプリングのカットアップ、プログラミングのみならず実際に演奏しているパートもあります。それだけ演奏力もあるようです。高速なブレイクビーツなのに、ゲストに歌を歌ってもらったり、ポップ感覚も持ち合わせています。和音構成はジャズ、フュージョン系なので、スクエアプッシャーっぽい感じもありますが、もっとシンプルにポップだと思います。歌が英語では無いので不思議な感覚にもあります。

前述のように既にあるスタイルなので新しさは感じませんが、生演奏している部分や妙にポップな英語では無い歌など、それまでにはなかったニュアンスを感じられます。プログラミングされているが、生演奏による即興演奏も加わってスリリングな感じもあって普通のエレクトロニカだと思って退屈することはありません。後は音色にもう一工夫あればえげつない作品になると思います。何一つ足りない部分があるとすればそこです。

Kanasupp
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20181110]

Meet Me At The River
(1998/07/14)

Dawn Landes商品詳細を見る


2018年のアルバムで現在までの最新作になります。完全なるカントリーミュージックになっていて、アメリカのみをターゲットにしたような作品になっています。映画やテレビドラマでも曲が使われていて、ようやくアメリカでの認知度が上がってきました。そこで混ざりっ気なしのカントリーミュージックに徹した作品になっているようです。

1. Meet Me at the River
2. Traveling
3. Why They Name Whiskey After Men
4. Old Memories
5. Wind and Rain
6. What Will I Do
7. Southern Girl
8. How to Say “I Love You”
9. Keep On Moving
10. My Church
11. What Is the Color of the Soul of Man
12. I Don’t Dance

これまでの繊細なフォーク色とは違った雰囲気で、カントリーになると歌い方も違っています。それだけ器用な人だと思いますが、洗練された感じも抑えめで、ストレートなカントリーミュージックになっています。演奏面もその道のプロフェッショナルが集結しているようで、メジャー級の出来栄えになっています。これで昔のファンが離れるのかどうかは分かりませんが、新しいファンを獲得する事には成功します。

これまでもカントリー系のスタイルを持っていましたが、フォークやロックをミックスして洗練された音楽を作っていました。そこを完全に脱ぎ去って徹底したカントリー作品に仕上げています。付け焼き刃でやっている訳では無く、カントリーミュージックとしての完成度はかなり高いです。ですから後退しているような印象は無く、進化と捉えられると思います。スタンダードにも成り得るくらいの曲を書いていると思います。

Meet Me at the River
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ