FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20181208]

Takes Time
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


2013年のアルバムです。久しぶりにフォークロック、歌もありになりました。しかし、サウンドトラックを作った経験は彼を一皮も二皮も剥けさせました。フォークロックを通り越してソフトロックのような曲調になっています。歌声もソフトロックな雰囲気にぴったりになっています。曲は相変わらずシンプルで明るめの曲ばかりですが、アレンジの巧妙さは見事です。

1. Taking My Time
2. Difference A Day Makes
3. Before And After
4. Never Poor
5. The Rest Is Yet To Come
6. Bring On The Night
7. Don't Be Torn
8. The Sound Of Wanting More
9. Like A Lake
10. Wish I Were You
11. Turn Me On

バンドスタイル、生ストリングスに加えてシンセサウンドも必要なところで必要な音を配置させるというセンスの良さを見せつけています。ビートルズ文化が根付いていない70年代アメリカのソフトロックはビーチ・ボーイズ系から派生していましたが、その頃の作品比べて何ら遜色の無い出来栄えです。アレンジが巧妙なので古臭いレトロな感じもしませんし、流行の音でもありません。つまりどんな時代でも通用するような普遍的な音楽になっています。

シンガーソングライターとしての実力をやっと明確に披露する事に成功していると思います。これが売れるのかというと難しいところですが、売り方次第では大ヒット出来る内容だと思います。カントリーフォークの需要は今でも十分ありますから、何ら問題は無いと思います。もう少し悲哀があった方が良いのかもしれませんが、こんな大人でも爽やかな気分になれる音楽ってそんなにありませんから、もっと知名度をあげていけば日本でもヒット出来ると思います。

Taking My Time
⇒ 続きを読む

[20181208]

Indie Game: The Movie Soundtrack
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


2012年の作品です。インディーゲームという映画のサウンドトラックになっています。この頃は電子音にはまって全く歌っていません。電子音としての素材も豊富になっていますが、テクノ感というよりシンフォニックなプログレ作品になっています。映画のイメージがしっかり伝わるような曲を作っていて、作曲家としてのさらなる成長を感じられます。

1, Maybe You'll Get Some, Maybe You Won't
2. Syncing Feeling
3. An Army Of Assholes
4. A Row Of Circles
5. Proof Of Something
6. Toy Computer
7. A Glow You Know
8. The Red Bull
9. Last We Spoke
10. Monsters
11. Lobby Music
12. The Fantabulous World Of Jimmy 3-Guts
13. The Other Castle
14. Young Lungs
15. Waiting For Gomez
16. My Deepest Flaws And Vulnerabilities
17. Big Win
18. Trust
19. Chips At Sea
20. Forever Beta
21. Harsh Tags Pt 1
22. The Maelstrom
23. Harsh Tags Pt 2
24. Sympathetic Syntax

シンフォニックといっても大げさな雰囲気では無く、同時発音数は少なめという横軸の構成がしっかり計算された作りになっています。この辺のセンスは教えられて出来るものではありません。生オーケストラでは無いので空間の広がりは感じられません。ですから壮大な雰囲気にはならず、シンプルに感じられる室内四重奏のような作りなのですが、横軸を総合的に見ていくとしっかり盛り上がりも作れる巧妙な曲になっています。

長調か短調かというような単純な曲調ではありますので、クラシック音楽としてもシンプルな内容ですが、フォーク、ロックの要素が横軸に展開されていきますので単調な感じにはなりません。つまり分かり易くて飽きさせないポップスとしては理想的な作りになっているのです。作曲家としてはもう別次元にいるような人になっています。頭でっかちな人には作れない類を見ない作風です。

Full Album
⇒ 続きを読む

[20181207]

Children Of The Clone
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


2011年のアルバムです。DTM作業を覚えてしまったのか、シンセポップな内容になっています。全て一人で作っていて歌もありません。サントラの残りでも無いようで、生演奏しているアコースティック楽器をサンプリングしてわざわざ機械的なアクセントをつけています。フォークトロニカにしてもここまでジャストな打ち込みにせず、ナチュラル感を出すのは当たり前になっていますが、あえて昔のシンセが登場したばかりの頃のような機械仕掛け感を強調しています。

1. Economica
2. Children Of The Clone
3. Room Full Of Empty People
4. Heart Of The World
5. Popcorn Part 2
6. Jimmy's Lament
7. Lust In Space
8. Everything
9. Light Flute
10. Retrieving The Megatome

曲自体はサントラの残りかもしれません。クラシカルだったり、フォーク調だったりしていますが、サンプリングミュージックの最初期な感じの使い方で、マルチサンプリングでは無く、音程が変わると偽物感が顕著になってしまう手法をあえて使っています。最近では誰もやらなくなった事をやる事で、彼らしいアヴァンギャルド感が蘇っています。

音源は自分で演奏した音のサンプリングなのでマルチになっていないのなら理解できますが、プリセット音源もマルチじゃ無いものを選んでいる傾向があります。サントラではちゃんとしたものを作っていたので、ここはあえて機械仕掛け感を強調しています。曲調が違うのでシンセポップといってもテクノ感ゼロです。テクノポップ以前のやり方に遡っています。スイッチト・オン・バッハの再現のようになっています。どこまでひねくれているのでしょうか。

Economica
⇒ 続きを読む

[20181206]

Sword & Sworcery LP - The Ballad Of The Space Babies
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


2011年の作品でビデオゲームのSword & SworceryのサウンドトラックとThe Ballad Of The Space Babiesとボーナストラックを合体させたアルバムになっています。ゲーム音楽という事でDTMでのトラックメイキングになっています。普通に打ち込みでオーケストレーションを組み立てています。作曲家として、ここまで成長している事に驚きと感動を覚えています。

1. Dark Flute
2. Lone Star
3. Doom Sock
4. The Prettiest Weed
5. The Cloud
6. Under A Tree
7. The Maelstrom
8. The Ballad Of The Space Babies
9. Unknowable Geometry
10. Bones McCoy
11. Ode To A Room
12. The Prettiest Remix
13. The Whirling Infinite
14. Little Furnace
15. Bonus Track Intro
16. Cabin Music
17. Battles 1
18. Battles 2
19. Com64
20. Mushrooms
21. Death To Everyone
22. Confronting The Wolf
23. Up A Mountain
24. Activating Trigons
25. How We Get Old
26. And We Got Older
27. Bonus Track Outro

生演奏している部分もあり、チェロやサックス、バンド演奏も加わってサンプリングも多用した打ち込み。壮大なオーケストレーションによるゲームのイメージが伝わって来ます。普段のJim Guthrieと思わなければ音楽だけでも楽しめます。アナザーサイドのJim Guthrieという面を見せるようになっています。フォークロックじゃ無い曲も作れるという驚きの作品です。

以前はお遊び程度でエレクトロニクスも使っていましたが、短い間でこれだけの作品を作れるようにまで成長するとは誰が思った事でしょう。しかも無駄の無いアレンジ構築。歌無しの方が彼の能力は存分に発揮されるようです。初期の頃のギミックな事は無しで真面目に作っているのに、ちゃんと物語が伝わるように作曲されています。音楽理論には長けていないので深みのある曲にはなっていませんが、シンプルな骨格になっているだけに聴き易くポップであります。それでいて細かく計算されています。

Full Album
⇒ 続きを読む

[20181205]

Now, More Than Ever
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


2003年のアルバムです。作曲能力が格段に上がって、曲の完成度を追求しているので、これまでに無く真面目に取り組んでいる作品になっています。フォークロック調の楽曲にストリングスを加えたアレンジになっていて、アコースティックな質感を大事にしているので電子音は入っていません。曲だけで勝負に出れるようになりました。

1. Problem With Solutions
2. All Gone
3. So Small
4. Save It
5. Broken Chair
6. Lovers Do
7. Time Is A Force
8. Now, More Than Ever
9. The Evangelist
10. You Are Far (Do You Exist?)

カントリーフォーク系のロック作品として素晴らしい曲を作っています。そうなってくると真面目に歌わなければなりませんし、アレンジも真面目に考えなければなりません。ギミックが入ると曲の邪魔になってしまいます。これまでの彼の特徴無しで曲と向き合わなければなりません。普通の曲を作らなければならないという作業が彼にとっては革命的な作業になっていたと思います。

バンド演奏ですからサポートもあったと思いますが、かなり作り込まれたアレンジになっていますから、それだけ曲が導き出す求心力が宿った曲を作れるようになったのです。ここからファンになった人にとっては過去の作品は信じられないような世界だと思います。しかし作品を作るモチベーションは変わっていないと思います。面白がってやっていた思いがそのままいい曲を作り上げるという作業に焦点を合わせたに過ぎません。だからとてもエモーショナルなフォークロックになっています。

Problem With Solutions
⇒ 続きを読む

[20181204]

Morning Noon Night
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


2002年のアルバムです。サンプラーやシーケンサーも使うようになっていますが、その使い方も独特です。全体的にはバンド演奏で、オルタナ系のフォークロックが少しサイケになったような感じです。曲を作り上げるバイタリティーがついているようです。わざとローファイになるようにマイク録音しているところがセンスを感じさせます。

1. In The Hour Of Her Sore Need
2. Evil Thoughts
3. Virtue
3 AM
4. Turn Musician
5. Days I Need Off
6. Trouble
7. Toy Computer
8. Houndz Of Love
9. Communication
10. Right And Right Again
11. 1901

80年代以降ギターでも何でもライン録りする事が定着しています。マイクを通さないのでノイズを軽減出来るのと、エフェクト処理技術が進化してきたからです。最近ではエレキギターもwi-fi化してきてラインによるノイズすら軽減する傾向があります。DTM環境なら余計ラインレスとなります。しかし、彼の作品を聴くとマイク録音の方が聴いていて楽しくなってくるのはオールドウェイヴ世代だからでしょうか。

空気を震わせて音は耳に届きます。だからマイク録音の方がよりナチュラルな感じになるのです。CDが初めて登場した頃、ノイズレスな音楽に不安な気持ちになるという事象が発生しました。それ以降、CD化にあたり、わざとノイズを加える処理がされるようになっています。普段人の耳はノイズありきで音を聞いているからです。私も録音環境が整っていれば、シンセをアンプに通してマイク録音しようと考えています。そういうミュージシャンはほとんどいませんが、絶対いい音で鳴ってくれるはずです。

In The Hour Of Her Sore Need
⇒ 続きを読む

[20181203]

A Thousand Songs
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


99年のアルバムで、これでやっと正式なファーストアルバムとなります。新曲もありますが、これまでの曲のリメイクも沢山含まれています。2015年にリイシューされた時には昔の曲を沢山ボーナスとして加えています。ちゃんとしたスタジオ、バンドを加えた演奏、シンセも一般的なものを使えるようになっています。曲調は変わりませんが、曲としてちゃんと完成されています。

1. Introduction
2. Satana's Theme
3. Jigsaw Muzzle
4. Not Yalk's Requiem
5. Mr. Work Stubborn
6. I Love Broken Shoes
7. The Fantabulous World Of Jimmy 3-Guts
8. Who Needs What
9. I Don't Wanna Be A Rockstar
10. Dirty Fingernail Dreams
11. Thousand Songs
12. Audio Pepsi
13. Trust
14. Sexy Drummer
15. Not A Word
16. Invisible Gem
17. Wear In The World
18. Shape Of Things
19. Let's Get In A Fight
20. Focus On Floor Care
21. Gamera
22. Repression's Waltz
23. Roads And Paper Routes
24. And We Got Older

流石にこの頃になると歌も演奏もこなれてきています。作曲能力もついてきていて、未完成なまま終わらせないようになっています。だからといってアヴァンギャルドな感じが無くなっている事もありません。以前の曲も演奏していますし、より攻撃的な演奏に作り変えられていたり、更にパワーアップしています。自宅録音よりは明らかに音が良くなっていますが、それでも故意に歪ませたりして常識破りなアナーキスト的な音作りになっています。

使用される楽器も増えている事から、それなりにアレンジにも幅が出てきていています。全体的にはグランジなオルタナ風の作品になっていますが、やっている事は一人フランクザッパです。音楽理論には長けていないのでザッパに比べると可愛いものですが、精神性は共通するものがあります。シーケンサーはほぼ使っていないので、生演奏ならではの賑やかさがあります。このスタジオで楽しんで作り上げる感じが伝わる音楽って久しくありませんでしたから久しぶりに活きたロックに触れた感じがします。

Introduction
⇒ 続きを読む

[20181202]

Some Things You Should Know About Sound and Hearing
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


98年のアルバムです。ピアノやシンセなどの鍵盤楽器を中心にした曲が増えています。演奏もバンドスタイルに近くなっていて、曲もシンガーソングライターとしての呼称が似合うようになってきています。しかしここまでがカセット販売のみでの下積みの時代となっています。曲の作り方、まとめ方がようやく身についてきた感じですが、それでも結構アヴァンギャルド感も残っています。

1. Sympathetic Noturne
2. Not Yalk's Requiem
3. Audio Pepsi
4. Roads And Paper Routes
5. Save It
6. Jigsaw Muzzle
7. Your Love
8. ...And We Got Older
9. Trust
10. Don't Eat The Spaghetti

歌のない曲も多く、アレンジまでは考えたけど、まだ曲として完成していないのにリリースしてしまうという内容になっています。ドラムにしても演奏力がついた事がモチベーションになってしまって、歌まで神経が回っていない感じです。ですがいい曲を書けるようになっているので、もう少し時間をかけて曲を完成させる事も覚えないと記憶に残らない曲ばかりになってしまいます。

ここまでが準備運動だと思えば大目に見れますが、準備が出来ていないのに作品リリースしたがるせっかちさがあるようです。そうでなければゴーを出せないような曲も沢山ありますし、最近では珍しい死に急ぎタイプのミュージシャンだと思います。一緒に作品を作れる仲間が増えていけば曲をまとめるように促せますが、そうでは無い環境というのもミュータントを生み出すには必要な条件なのでありましょう。

Not Yalk's Requiem
⇒ 続きを読む

[20181202]

Documenting Perks Part 1
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


97年のアルバムです。これもカセット販売のみだったのがダウンロード販売も出来るようになっています。自宅で数人の友人と作り上げたジングルの寄せ集めのような作品ですが、曲調は多彩になってきています。ソングライターとしての実力を徐々につけてきた感じがします。ただ、ほぼ一人で作っているので完全に作り込むまではいっていません。

1. Intro
2. Dirty Fingernail Dreams
3. You Use Ta Rip
4. Repression's Waltz
5. Shape Of Things (Piano)
6. The Boy Who Cried Fish
7. Who Needs What
8. Gord And I
9. Evening's Hope
10. I Love Broken Shoes
11. Carrot Song
12. Provide
13. All That They Got
14. An Obvious Sense
15. Shape Of Things
16. Gamera
17. Let's Get In A Fight
18. Where In The World
19. The Third Ear
20. Tic Toc
21. Smug Kisser 1
22. Smug Kisser 2
23. Not A Word
24. String Thing
25. Drainage

ドラムのリズム感も良くなってきています。ターンテーブルやリズムマシンなども使っていますが、音からして中古を買ってきて使っている、昔のヒップホップのような精神で作り上げています。ものがないから工夫して音作りをする。頭の中に描いているものを表現出来る楽器がないとあれやこれやと手を加えていた60年代のプロ達に近い感覚だと思います。既存の楽器では音が足りないのです。しかしシンセが登場してどんな音でも作れるようになると、それを使いこなせいだけの状態が続いています。

DTM環境では何でも出来るようになっているから、それ以上の工夫をしなくなったミュージシャンも沢山います。だから昔のロックは面白かった、今は惰性で作っているという印象を持ってしまうのです。そういう時代にはカンフル剤になるような作品だと思います。まだ素人感覚がありますが、これでプロフェッショナルに作品作りが出来るようになったら、他のミュージシャンは何をやっているのだと言う事になります。こういう作品をバカにする輩がいつまで経ったも屁のような音楽を作っているのです。

Dirty Fingernail Dreams
⇒ 続きを読む

[20181201]

Victim of Lo-Fi
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


96年のアルバムです。これもカセットのみのリリースでほぼ自主制作のような状態でしたが、後にダウンロード販売されるようになっています。前作よりは音も良くなっていますし、ギター以外の楽器も演奏しています。打ち込みじゃないのでドラムとか下手くそですが、前作よりは曲として聴けるようになっています。フィールドレコーディングもあり、オルタナ系フォークロックという感じです。

1. Walk In The Park
2. Skippy Beat
3. Slam That Giter
4. Ba Ba Ba
5. TV Is Neat
6. Freaky Factories
7. Sing Along (Don't)
8. I Hate My Job
9. Everything Is...
10. What Will I Think?
11. Super Trike
12. Dumb Devil
13. Home
14. Casio Kid
15. Country Stun
16. China Horses
17. Tin Can
18. Handpicked
19. Thousand Songs
20. Spent
21. Backwards
22. River's Edge
23. Les High
24. The Invisible Gem
25. Motorboat Song
26. Amaz'N?

自宅での録音に違いはありませんが、多少レコーダー等レベルアップしているように感じます。自宅にレコーディング出来るような環境を設けたのか、仲間と演奏しているものもありますし、歌も通るようになっています。シドバレットのようなサイケポップフォークロックのような雰囲気もあります。アコースティックギターも本物を使っていますし、前作よりは充実した環境を手に入れているのは間違いありません。

アナログシンセのような音も聴こえますし、中古かもしれませんが、楽器やエフェクターなどの機材も揃えてきています。演奏が始まる前の準備段階での音を1曲としてカウントしているのもアヴァンギャルドだと思いますし、恵まれない環境での作品の方が面白いものが出来上がるという、昔ながらの作品になっています。最近は環境が整った恵まれた環境のミュージシャンが多いですから、斬新なものが生まれてこないのかもしれません。

Thousand Songs
⇒ 続きを読む

[20181201]

Home Is Where The Rock Is
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


カナダのシンガーソングライターJim Guthrieの95年のファーストアルバムです。ファーストと言っても自主制作でカセットのみでの販売でした。後に有名になってからダウンロード販売もされるようになっています。自主制作というよりSonic Bunny Recordsというレーベルからの販売でしたが、ほぼ消滅しているレーベルなので自主制作のような内容なのであります。

1. Intro
2. Baby Where'd Ya Get That Heart?
3. Don't Stop Believen'
4. Smaller Things
5. Paper Girl
6. Morning Glory
7. Succession Song
8. Eskers And Morains
9. One Afternoon
10. Motorcross
11. You Lack
12. Song For Me
13. Let's Eat Acid
14. Guitars Doing Stuff
15. Untitled
16. Rap Song
17. #6540
18. I Don't Wanna Be A Rockstar
19. Phone Rock
20. Pop Song (Maybe?)
21. Feelings
22. From The Morning
23. Summertime
24. Baby Heart (Dance Mix)
25. Alien Love
26. Passed Out On Your Couch
27. Been Scrubbin' The Shitters
28. Motorcross Pt. 2

自宅で適当に演奏して歌っているデモをそのまま作品にしていて、音もかなり悪いです。普通のレーベルでは販売出来ないようなレベルです。しかし、演説のサンプリングや4トラックでの多重録音、などそれなりに工夫はされています。ジャーニーのカバーがあったり、適当に録音しているものを集めたような作品になっています。そういう意味ではアヴァンギャルドかもしれません。あまり大きな声では歌えない環境なのか、ただ歌が上手くないのか、曲もジングル程度のものであります。

後に有名になっていなかったら完璧に世間には知られる事のなかったような作品ですが、ファンにとってはこういう最初期の作品は興味深いものだと思います。エレキギターでの弾き語りのようなもので、アコースティックギターに聴こえるのもエレキギターをアンプに通さず、マイクで拾っているだけの演奏かと思われます。つまり、空洞の無いギターの音です。作曲家としてもシンガーとしても未熟でありますが、こういう時期を経て成長していく過程を知るのはファン冥利に尽きると思います。

I Don't Wanna Be A Rockstar
⇒ 続きを読む

BACK HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ