FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190103]

Let's Get Ready to Crumble
(1998/07/14)

The Russian Futurists商品詳細を見る


2002年のアルバムです。よりポップでキャッチーな曲作りになっています。アレンジ、サウンドメイキング、リズムの作り方など、やはりビーチ・ボーイズの影響を感じます。ソフトサイケポップな雰囲気で、ファーストのようなシューゲイザー風では無くなっているので、よりポップさが強調されています。

1. Let's Get Ready To Crumble
2. When The Sun Drops Down Like An Anvil
3. Precious Metals
4. The Matador's Theme
5. A Telegram From The Future
6. It's Actually Going To Happen
7. You Dot, Me Dot, T Dot
8. It's Not Really Cold When It Snows
9. The Plight Of The Flightness Bird
10. Your Life On Magnetic Tape

エレクトロサウンドもレトロな感じにしていますし、楽器による圧力はありませんが、リバーブの作り方がウォールオブサウンドであり、残響音による壁の作り方はビーチ・ボーイズの影響でしょうけど、徹底していて、それが彼らの特徴となっています。歌もコーラス系のハーモニーで、ある意味ホワイトゴスペルのような雰囲気があります。

教会コーラスを黒人のノリにしたのがゴスペルですが、それを又白人っぽく戻すという行為により、ゴスペルとは違う洗練された雰囲気になるという、不思議な音楽になっていきます。意図しているのかどうかは分かりませんが、リズムの作り方は明らかに意図しています。この辺の感覚はヒップホップばかり聴いている若者には作れないものです。カナダにも強者がおりました。

Let's Get Ready To Crumble
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ