FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190113]

Anticipation of Something Else
(1998/07/14)

The Binary Marketing Show 商品詳細を見る


2014年のアルバムです。エレクトロニクスの部分が多くなって、それに伴ってポップにはなっていますが、普通にポップにはならないのが彼らの流儀のようで、テクノっぽい感じもありますが、決して踊れるようなリズムは作りません。グルーヴは殺す。黒人音楽が存在しないヨーロッパ的な退廃感を漂わせています。

1. I Could Live Without a Hand
2. Picnic on Makemake
3. Anthropomorphic Moon Landing
4. Initial Response
5. Synapse Failure
6. A Niente
7. Lost After Nightfall
8. Weather Balloon
9. Out of the Void
10. Transmission by the Wayside
11. T-Bird Got Shot down
12. All the While
13. Silence

ダウナーとは違う暗さを持っています。ダウナー文化で最近は麻痺していましたが、これほど生命力を持った暗いロックは久しぶりです。黒人音楽は存在しませんが、無国籍な民族音楽的なところがあります。そこは問題にしないほど独自の世界観を突き進んでいますから、これまでに体験したことがないようなスタイルを構築しいています。

さほど複雑にしないようにシンプルにまとめようとする客観性も持ち合わせていますが、必要な音を集めていくとシンプルというには似つかわしくない音楽が出来上がります。だけど複雑ではないのでポップの領域にも含まれるような音楽になっています。これだけのセンスを持ったバンドは久しくいませんでしたから、ほとんどの人は面食らっていると思いますが、この我が道を突き進む感じは頼もしい限りです。

I Could Live Without a Hand
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20190113]

Because Of This, This And This
(1998/07/14)

The Binary Marketing Show 商品詳細を見る


2011年のアルバムです。やっとレーベルデビューしました。サンプラーを多用したアブストラクトな曲から始まりますが、デジタル処理にばかり頼らない強みが彼らにはあります。曲を面白くする為にサンプラーや電子音を使いますが、基本はアナログな手作業の感覚を大事にしています。だから類似するものが見つからないくらい個性的です。

1. Humans
2. Blue Glass
3. Losing Altitude
4. Surface Of The Sun
5. The Sea Made Machines
6. Like Flies
7. Don't Bother
8. The Weather
9. Anything Or Nothing
10. Different Kind Of Memory
11. Run For Your Life
12. Shut Down

前衛的だけどポップという感覚はルーツはオノヨーコにあります。あまりいい印象を持たれていなかったオノヨーコではありますが、彼女から影響を受けた人たちがアヴァンギャルドポップをロックに根付かせていきます。自己満足的な前衛性だけでは無く、ポップスとしても成り立つくらいの感覚、これは前衛芸術かのヨーコがジョンレノンから影響を受けた事によります。ヨーコがやると気持ち悪がられますが、白人がやるとなんとか成り立つものなのです。

そうした音楽を当初はオルタナとも呼んでいましたが、90年代のオルタナティヴロックは別のものになってしまいます。この手の音楽はアブストラクトなどと呼ばれ、実験性の強いロックとなります。しかし80年代、90年代のものから比べると、脈略のない音が並べられていながらも、音楽としての秩序を持って展開しています。そういう意味ではポップ性の方が強く出ていると思います。そして過去にも無かったくらい個性的です。

Humans
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ