FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190306]

This Great Pressure
(1998/07/14)

Jogger商品詳細を見る


アメリカのエレクトロニカデュオJoggerの2009年にリリースされた唯一のアルバムです。Jonathan Larroquette とAmir Yaghmaiの二人組で、音楽的にはアメリカらしいソフトロックをエレクトロサウンドで作り上げています。アコースティックギターやエレキギターは生演奏していますが、二人組なので、後はデジタルプログラミングになっています。

1. Napping Captain
2. Gorilla Meat
3. Biss
4. Master And Student
5. In America
6. Champing At The Bit (Live)
7. Nephecide
8. Falling
9. Just Briefly (Remix)
10. Superman (Live)

デジタル部分はブレイクビーツ系の手法で、曲自体はとてもポップな曲ばかりで、ジャンル的にはソフトロックです。しかし、バンドを組んでいない事によりプログラミングという手法を躊躇なく使っています。プリンスが登場した頃にはバンドという形態は無くなっていくのではないかとさえ囁かれていますが、バンド形態は無くなっていません。しかしバンド形態にこだわらない若者が増えているのは事実です。バンドを組まなくても音楽を作れる時代になっているのです。

しかもインディーズ、自主制作などでもネット配信出来る時代になっています。しかし、それなりに才能もなければ意味はありませんが、彼の場合はかなり才能もアイデアも豊富に持っていると思います。この作品だけで続いていないのがもったいないくらいのものを残しています。新しい事は全くやっていないのに、組み合わせだけでこれだけ新鮮に聴けるという手本になる内容になっていると思います。

Napping Captain
⇒ 続きを読む

[20190305]

Blood Bitch
(1998/07/14)

Jenny Hval商品詳細を見る


2016年のアルバムで現在までの最新作になります。プログラミングされたエレクトロニクス作品になっています。シンセポップのような曲調になっているので、これまでにないくらいポップな作品ではありますが、曲自体はいつもと変わらず、アレンジのみポップになっているという、物凄いバランス感覚で制作されています。

1. Ritual Awakening
2. Female Vampire
3. In the Red
4. Conceptual Romance
5. Untamed Region
6. The Great Undressing
7. Period Piece
8. The Plague
9. Secret Touch
10. Lorna

サンプラーよりも電子音の方が割合が多くなっています。Rockettotheskyではポップな曲も作っていましたので、ポップフォーマトも得意なのですが、その頃のポップ感覚とは質が違います。アヴァンギャルドの先に行き着いたポップ性であり、ポップであろうという意志よりも、複雑さよりもシンプルに無駄を省きながらも自分の音楽性を磨き上げてきた結果として出来上がった作品になっています。

シンプルといっても、少ない音数が複雑に入り組んでいます。そうしたアレンジを構築した上で、ボーカル作品として成り立たせていく見事なお仕事をなされています。サンプラーも使っていますので、デジタル環境でも生々しい音を発しています。アヴァンギャルドポップを研ぎ澄ましてさらなる進化を遂げた円熟した領域に達しています。これからもどこまで進化していくのか楽しみです。

Full Album
⇒ 続きを読む

[20190304]

In the End His Voice Will Be the Sound of Paper
(1998/07/14)

Trondheim Jazz Orchestra商品詳細を見る


2016年の作品で、ノルウェーのジャズオーケストラTrondheim Jazz OrchestraとノルウェーのギタリストKim Myhrとのコラボレートアルバムになっています。Jenny Hvalの前衛フォークソングに合わせたような演奏になっていて、ジャズといってもフリーなアヴァンギャルドジャズになっています。

1. Seed
2. Something New
3. Me, You, Me, You
4. The Beak
5. Mass
6. Even The Vowels
7. Soft As Tongues
8. Silence A Beat

プロデュースと作曲はギタリストのKim Myhrですから、彼が首謀者のようです。彼のガットギターが終始流れていて、あまりジャズらしい演奏はありません。Jenny Hvalの歌もいつもの感じではありますが、Kim Myhrのギターに導かれるような歌い方になっています。ノルウェーの中でも実験的な音楽性の3組が合わさって作品を作り上げた、本国ではすごい事なのでしょうが、他の国ではそれほど話題には成りにくいものであります。

こういう実験的なジャズを演奏するグループは過去にもいましたが、それに女性ボーカルが加わるという事では唯一無二かもしれません。実験的な印象はありますが、曲はしっかり作曲されており、決してフリーな演奏ではありません。これがエレキ楽器だったら、パットメセニーのようなフュージョンミュージックになります。どこかミニマルな部分もあるからです。前衛というより現代音楽の一種ですね。

Seed
⇒ 続きを読む

[20190303]

Apocalypse, girl
(1998/07/14)

Jenny Hval商品詳細を見る


2015年のアルバムです。サンプラーを多用したアブストラクトな作風ですが、曲はシンプルにポップにまとめられています。最近のサンプラーは豊富なプリセット音が装備されているので、それを加工して使うパターンが多くなっています。そういうのが増えてくると没個性につながっていくのですが、自分で音源を取り込んで使うのがサンプラーの本来の趣旨ですから、取り込む音源でいくらでも無限に個性的な音が作れます。

1. Kingsize
2. Take Care Of Yourself
3. That Battle Is Over
4. White Underground
5. Heaven
6. Why This?
7. Some Days
8. Sabbath
9. Angels And Anaemia
10. Holy Land

独自に音源を取り込む事により、アヴァンギャルドポップの雰囲気を残したままポップな作品を作り出せる。そこに行き着いています。複雑に前衛的な作品を作るのはそれほど難しい事ではありません。そこから無駄を削ぎ落としてシンプルにまとめ、尚且つポップに仕上げるという事の方が遥かに難しいのです。そこに行き着いた事により、音楽としてもさらなる進化を遂げています。

テクノ系の人達が何年もかけて作り上げてきたサンプリングミュージックも、アイデアが頭打ちしておりました。別方面からのアプローチにより、テクノ系の人達では思い浮かばないようなアイデアが生まれるのです。一見テクノ系の音楽に寄り添っていくような作風ではありますが、明らかにそれとは違う触感を感じ取れます。あくまでもJenny Hvalの音楽としてデジタル素材を料理しています。そして新たな新境地を切り開いております。

Kingsize
⇒ 続きを読む

[20190303]

Meshes of Voice
(1998/07/14)

Jenny Hval & Susanna商品詳細を見る


2014年の作品で同じノルウェーの女性シンガーソングライターSusannaとのコラボレートアルバムになっています。ほぼ対等に曲を作って、サウンドメイキングも二人でマルチに作り上げています。バラード系の曲が多いのですが、ノイジーなサウンドエフェクトなど、前衛的な雰囲気の中で二人で歌っています。

1. Droplet
2. Black Lake
3. Milk Pleasures
4. I Have Walked This Body
5. O Sun O Medusa
6. A Mirror In My Mouth
7. Thirst That Resembles Me
8. I Have A Darkness
9. A Sudden Swing
10. Honey Dew
11. Medusa
12. Running Down
13. House Of Bones
14. Dawn
15. The Black Lake Took

Susannaの方がハイトーン、ファルセットで歌うのが得意です。Jenny Hvalはいつもの感じです。一人でやっていればもっとマニアックな世界になっていたでしょうが、二人でやる事によってクラシカルなボーカル作品になっています。バラードなのにこの緊張感は凄みを与えてくれます。歌のロングトーンと楽器のロングトーンが一つに溶け込んでいく手法などはプログレっぽい感覚だと思います。歌も楽器の一部という概念です。

Jenny Hvalの割とガラガラ声とSusannaの澄んだ歌声の対比も聴き処で、二人ともボーカリストとして一流の実力を持っています。そしてこの絶望感。ここまで徹底的にやられたらゴスメタル以上にロック的な印象を受けます。クラシック音楽にもロック的な芽が隠れているものがあります。作曲家が変態であればあるほど美しくもロックにつながるような凄みを持った曲を作っています。そんな変態性を感じさせる作品です。

Full Album
⇒ 続きを読む

[20190302]

Innocence Is Kinky
(1998/07/14)

Jenny Hval商品詳細を見る


2013年のアルバムです。アコースティックな部分がエレクトロニクス、エレキに変換されて、アヴァンギャルドながらロック色が強まり、グランジっぽい感じのアヴァンギャルドポップになっています。ニューウェイヴ時代にはこういう作風はオルタナと呼ばれていたのですが、90年代以降オルタナの基準が大きく変わりましたので、前衛ポップと呼ぶしか無い感じです。

1. Innocence Is Kinky
2. Mephisto In The Water
3. I Called
4. Oslo Oedipus
5. Renée Falconetti Of Orléans
6. Give Me That Sound
7. I Got No Strings
8. Is There Anything On Me That Doesn't Speak?
9. Amphibious, Androgynous
10. Death Of The Author
11. The Seer

ニューウェイヴが出てきた頃にジョンレノンは、やっとオノヨーコがやってきた事が浸透してきたと喜んでいましたが、元々前衛芸術家のオノヨーコは音楽でも前衛的な事をやっていました。ロック界ではまだ理解されず、気違い染みた女というレッテルを貼られます。ビートルズを解散に追い込んだ女という印象を与えていたので、世界中が敵みたいなものでした。しかし、ヨーコがやっていた前衛とロックの融合という手法は様々なところに影響を与えて、クラウトロックに影響を受けたパンク、ニューウェイヴはヨーコの意思を受け継いだ形となりました。

しかし、結局パンクもニューウェイヴも商業ロックの型にはめたがる意思の犠牲となり、陳腐化していきます。陰ながらアンダーグラウンドで前衛の意思を受け継いだのがオルタナロックでした。これも90年代には別のものに形を変えていきますが、80年代前衛ロックの意思を受け継いだような内容になっています。それもさらに強力なバイブレーションを持って。エモーショナルな秩序を持って、さらなる進化を求めてうごめいています。

Innocence Is Kinky
⇒ 続きを読む

[20190302]

Viscera
(1998/07/14)

Jenny Hval商品詳細を見る


Jenny Hvalの本人名義での2011年のファーストアルバムになります。Rockettotheskyとしてはポップフォーマットな作品を作っていましたが、ここからはかなり前衛的でサイケデリックな作風になっています。アコースティック楽器を主体に演奏していますが、フォークソングというよりは民族音楽を前衛的に解釈したサイケデリック、アシッドフォークの部類になっています。

1. Engines In The City
2. Blood Flight
3. Portrait Of The Young Girl As An Artist
4. How Gentle
5. A Silver Fox
6. Golden Locks
7. This Is A Thirst
8. Milk Of Marrow
9. Black Morning / Viscera

音源的にはアンビエントな音色を選んだり、フィールドレコーディングのような雰囲気を作り出していますが、それだけでは終わらずロック的な展開になっていきますので、デジタルサウンドはあくまでも雰囲気づくりに留まっています。ノイジーなサウンドもシューゲイザーみたいに解釈していると全体像が見えなくなってしまいます。北欧サイケデリックフォークを極端に個性的に表現した作品だと思います。

主役はあくまでも彼女の歌ですが、Rockettotheskyの時みたいに分かり易く、売れてやろうという野心が消えています。Rockettotheskyではある意味個性を消していたという印象です。素の自分を表現する為に本名で活動するようになったと考えた方がいいようです。かなりいろんなジャンルをこなしてきた経歴を持っていますから、表現者として、独自のスタイルを構築していくというのは、音楽家として正しい姿だと思います。商業音楽が定着しているアメリカでは生き残るのは難しいと思いますが、ノルウェイではそれなりに知名度も上がっていますから、好意的に受け入れられています。

Engines In The City
⇒ 続きを読む

[20190301]

Medea
(1998/07/14)

Rockettothesky商品詳細を見る


2008年のアルバムです。Rockettothesky名義ではこれで最後になります。この後のは本名のJenny Hvalで活動していく事になります。作風がガラリと変わって、ダークなシンセポップになっています。特徴としてはコーラスワークを駆使するようになり、多重録音で彼女の歌を幾重にも織り成していく手法が使われています。

1. Song Of Pearl
2. 14, 15, 13, 14
3. Mothering Silence
4. Call Medea
5. Oh, Anna
6. Grizzly Man
7. Elephant Van Sant
8. The Dead, Dead Water Lily Thing
9. Chorus
10. Song In Blood

北欧らしい厳冬を感じさせるような重厚なエレクトロニクス。明るさを排した事によりヨーロッパでは売れるようになっていきます。ヨーロッパ勢はやっぱり、こうあってほしいと思います。アメリカナイズされている最近のヒットチャートにはうんざりです。映画でもハリウッドものよりは東欧系の映画の方が好きですし、CGでは無い映像も美しく撮ってくれます。そういうヨーロッパ系映画を思わせるような音楽になっています。

人の演技だけではなく、自然が雄弁に物を語るような映像が好きです。そういう部分を大事に出来ない監督では駄目だと思いますし、風景にもこだわる監督なら、人の演技にもそれなりのものを求めてくれます。そういう映画が少なくなっている印象があります。ダメな演技をそのまま使う監督の資質を疑います。久しぶりにそういう東欧系映画を思わせるような音楽になっています。寒さに張り詰めた空気感、その中で生きている人の営みが伝わってきます。

Song Of Pearl
⇒ 続きを読む

BACK HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ