FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190304]

In the End His Voice Will Be the Sound of Paper
(1998/07/14)

Trondheim Jazz Orchestra商品詳細を見る


2016年の作品で、ノルウェーのジャズオーケストラTrondheim Jazz OrchestraとノルウェーのギタリストKim Myhrとのコラボレートアルバムになっています。Jenny Hvalの前衛フォークソングに合わせたような演奏になっていて、ジャズといってもフリーなアヴァンギャルドジャズになっています。

1. Seed
2. Something New
3. Me, You, Me, You
4. The Beak
5. Mass
6. Even The Vowels
7. Soft As Tongues
8. Silence A Beat

プロデュースと作曲はギタリストのKim Myhrですから、彼が首謀者のようです。彼のガットギターが終始流れていて、あまりジャズらしい演奏はありません。Jenny Hvalの歌もいつもの感じではありますが、Kim Myhrのギターに導かれるような歌い方になっています。ノルウェーの中でも実験的な音楽性の3組が合わさって作品を作り上げた、本国ではすごい事なのでしょうが、他の国ではそれほど話題には成りにくいものであります。

こういう実験的なジャズを演奏するグループは過去にもいましたが、それに女性ボーカルが加わるという事では唯一無二かもしれません。実験的な印象はありますが、曲はしっかり作曲されており、決してフリーな演奏ではありません。これがエレキ楽器だったら、パットメセニーのようなフュージョンミュージックになります。どこかミニマルな部分もあるからです。前衛というより現代音楽の一種ですね。

Seed
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ