FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190630]

Will
(1998/07/14)

Julianna Barwick商品詳細を見る


2016年の作品で現在までの最新作になります。コーラスのループとアコースティック楽器のループを組み合わせたネオクラシカルな作品になっています。音響派ではありますが、アンビエントにはなっていません。ゆったりとはしていますが、普通に曲を演奏しているからです。しかし、一つ一つの音にはしっかりとした音響処理がされています。

1. St. Apolonia
2. Nebula
3. Beached
4. Same
5. Wist
6. Big Hollow
7. Heading Home
8. Someway
9. See, Know

チェロとドラムは生演奏ですが、後はサンプリングのようです。コーラスに少しばかりの歌詞がついているようですが、あまり言葉は重要ではないようです。残響音をたっぷりつけていますが、アンビエント作品にするつもりは無いようです。自分の音楽を突き詰めていったら、最初はアンビエントっぽかったけれども、違う方向になっていっています。

ポップスにあるような短い小節感覚はないようで、クラシックのような、教会音楽のようなゆるやかな感覚で音楽を作っています。しかし、クラシックでも教会音楽でも無いデジタルミュージックなのです。この不思議な感覚こそが彼女の音楽の特徴であり、他に類を見ない音楽を作り出しています。まだ3枚目なので音の組み合わせも新鮮に聴こえますが、そろそろ違う音源も入れないときついかもしれません。それだけまだまだ可能性を秘めているという事であります。

St. Apolonia
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20190630]

Nepenthe
(1998/07/14)

Julianna Barwick商品詳細を見る


2013年のアルバムです。コーラス系アンビエントサウンドをより突き詰めた感じになっています。緩やかですがコード進行も明確にしてコーラスループの繰り返しですが、旋律も明確にするようになっています。アンビエントの作風にこだわっていない事が明確になっています。大きな教会の響きとか、そういう空間を演出しているに過ぎないのです。

1. Offing
2. The Harbinger
3. One Half
4. Look Into Your Own Mind
5. Pyrrhic
6. Labyrinthine
7. Forever
8. Adventurer Of The Family
9. Crystal Lake
10. Waving To You

ギターやストリングス、少女合唱団などゲストを招いてサンプリング以外の音源も組み合わせる事により、より立体的な音像を構成させています。これによりフォークトロニカとしても成立しています。これまでは歌詞のないコーラスワークのみでしたが、歌詞のある曲も作っています。とにかく彼女のこだわりは声のようです。

今回はアメリカのインディーズDead Oceans Recordsからのリリースでありながら、アメリカを全く感じさせない北欧系のサウンドは健在です。声にこだわりがある彼女は、自分の声だけでなく、少女合唱団やサンプリング音源も活用して、教会音楽を超えた新たなメソッドを作り上げようとしています。生楽器を使ってもデジタルな処理、トリートメントで人工的でありながら、癒される空間を生み出しています。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ