FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190719]

The Star Of The Sea Moves Today To Its Rising
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


2017年のアルバムです。シンセサイザーの代わりにオーケストレーションとでも呼べるような楽器類によるクラシカル、民族音楽、トラッドフォークな音楽が展開されていきます。歌よりも朗読という、ある意味彼らのスタイルの一部を強調した形になっています。

1. Frontier Auras
2. Leumnàchan
3. Darkest Hour Is The Dawn
4. The Star Of The Sea Moves Today To Its Rising
5. The Wait
6. Lost A Key & Found A Key
7. O Girl Of The Branches
8. Waves Which Have Kept Me

ストリングスに管楽器などネオクラシックな演奏にエレキ類のバンドサウンドも入り、アンビエントな電子音も多少あります。音楽自体はいつものオカルティックな雰囲気のもので、楽器編成を変える事によって、全く別物のような表現となっています。これが彼らの強さかもしれません。シンセサイザーを使う事にも躊躇がありませんが、それを捨てる事にも躊躇がありません。

即興性は薄れていますが、彼らのイメージはより深まっています。何を表現したいのかが明確なので、アヴァンギャルドにこだわる必要もなく、ジャンルにもこだわりませんが、やるときは徹底してやるという潔さはあります。メンバーも変動的ですが、この結束力の強さも集中力も群を抜いています。

Frontier Auras
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20190718]

Rosary Bleeds
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


2016年のアルバムです。シンセサイザーを導入するようになって、フォークトロニカのような道には進まず、自分たちのスタイルへの適合を果たしていきます。その結果、とてもロック的なバンドサウンドになっています。テクノポップとアシッドフォークを融合させたようなロックサウンドになっています。

1. Driftwood Like Antlers
2. Cruel Mist Roll Away
3. The Devil's Trumpet is a Witch's Weed
4. Account For That Day
5. Glendalough Carved in an Age of Ice
6. Brew The Sequence
7. Apartment 6
8. The Reign of the White Plague
9. Here Come The Rambling Men
10. Glendalough Carved
11. Pull Up Our Hoods
12. Rosary Bleeds

Alison O'Donnell、Amanda Feeryをはじめとした歌を中心にした楽曲、シンセと言ってもアナログシンセのようなサウンドで、プログラミングと言ってもリズムボックス的な使い方で、即興演奏を信条とする彼らにとっては生演奏する方が勝手が良いようです。オカルティックな演出の為のサウンドエフェクトとして使用されています。

普通に作曲された曲を演奏するという意味においては、これまでと大きな変化がありますが、自分たちの特徴は維持しています。そこにシンセサイザーのベクトルを導入する事により、これまでに無いくらいロック的な作品になっています。即興演奏の行き着く先は結局はちゃんとした音楽になっていくものですが、最初から普通に音楽を演奏するバンドとは別次元に到達していきます。同じように聴こえていても、表現されているものは特別な音になっています。

Full Album
⇒ 続きを読む

[20190717]

Soregh, Murne & Fast
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


2015年のアルバムです。自主制作でリリースしています。トラッドフォークのカバーアルバムになっています。彼らの得意とする分野でしょうし、普通に演奏しているのですが、見事にUnited Bible Studiesのカラーになっています。冬をテーマにした曲ばかりを集めたコンセプトアルバムでもあります。

1. Supra Fueillo/Miri It Is
2. Christmastime In The Mountains
3. Brief Overture For The Death Of An Ideal
4 . The Prickly Bush
5. Veni Redemptor Gentium
6. I Saw Three Ships
7. A Christmas Tale
8. Frozen Warnings
9. Christmas Song
10. The Bells Of St. Agnes
11. Snowstorm
12. Lonesome, The Lighthouse
13. Beira
14. Winistre Hall
15. The Holly & The Ivy

メンバーが増えてからは普通に曲を演奏するようになりましたが、バンドカラーは維持しています。即興はありませんが、感覚的には近い演奏になっていて、アレンジの仕方は独特です。だからどんな曲を演奏してもUnited Bible Studiesになってしまうのです。宗教的な雰囲気もオカルティックな雰囲気も演出されています。

ちゃんとした音楽を演奏しているのに、フリーキーな感じだった頃と同じ質感を出せるというのは凄い事だと思います。それだけ自分たちのやるべきものが見えているのでしょう。メンバーが増えた事で薄められていたと思っていた部分が、色濃く出せるようになっています。

Full Album

[20190716]

Doineann
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


2014年のアルバムです。大分作風に変化が見えています。サイケデリックなアシッドフォークになっていて、普通に作曲して演奏されています。シンセサイザーも使うようになっています。これまでのエフェクティヴなサウンドはデジタルノイズで代用するようになっています。これだけで、もう普通な感じになっています。

1. Helix
2. Clay In My Hands
3. Doineann
4. The Blackened Fields
5. Seachránaí
6. Halo

短い曲では即興は行われず、長い曲では多少ジャズ的なインプロヴィゼーションが展開されていきます。これはこれまでと同じではありますが、事前に作曲されている部分が大半です。バンドメンバーが増えてきて、全員が即興しているのでは収拾がつかなくなるので、ある程度決まり事を作る方向性になってきています。

基本はトラッドフォークだが、サイケデリックな感覚という事で、ジミヘンに近い感覚になっているでしょうか。ジミヘンもジャズ的なインプロヴィゼーションの曲も入っていたりしていました。マイルスがジミヘンのようなロックをジャズに取り入れようとしていたのに対して、ジミヘン側もロックからジャズへのアプローチを行なっていたのです。ただ、他のメンバーがジャズへのアプローチについていけなかったので、かなりロック的な表現だったので、かっこよかったのですが、そういう感覚に似た表現に似ています。

Helix
⇒ 続きを読む

[20190715]

両横綱が全勝で中日を折り返しました。鶴竜は安定していますが、後半まで持たない事が多いので分かりません。白鵬は先手先手で勝っていますが、それだけ受け身の時は危ういかもしれません。そこまで追い詰めれる力士がいればの話ですが、このまま順調にいくかはまだ分かりません。大関の栃ノ心と豪栄道は負けが込んできたので休場となりました。栃ノ心は本当に体調が悪いようでしたが、豪栄道はもっとやれたと思います。

中日までの上位の成績
鶴竜 8勝0敗
白鵬 8勝0敗
高安 7勝1敗
栃ノ心 0勝6敗3休
豪栄道 3勝5敗1休
御嶽海 6勝2敗
玉鷲 1勝7敗
竜電 3勝5敗
阿炎 3勝5敗
朝乃山 3勝5敗
北勝富士 5勝3敗
遠藤 3勝5敗
碧山 3勝5敗
正代 4勝4敗
大栄翔 3勝5敗
逸ノ城 5勝3敗
明生 2勝6敗


初めての上位挑戦だった朝乃山は黒星先行ですが、相撲内容は良く、上位でも勝とうと思えば勝てる内容が多かったです。あとは経験を積んで相撲感を磨いていけば上位に定着出来ると思います。新入幕の貴源治は正攻法の相撲で将来が楽しみですが、まだ変化の多い力士への対応が出来ていません。これも経験を積んでいくだけです。小兵の炎鵬はスピードと力強さも兼ね備えているので、対応力が舞の海級です。押し込まれた時の対応まで出来たら上に行けるでしょう。

逸ノ城は相撲内容は良くありませんが、前に出る圧力で何とか白星先行。遠藤はもう奇襲するくらいの気持ちで勝ちにこだわった方がいいと思います。正攻法で勝てるだけの実力がいつまでたってもついていません。寝て起きるたびに強くなっていく、という貴花田は特別だったのだと今は思います。普通以上の練習だけでは強くなりません。過酷な練習をコンスタントに出来る力士だけが上に行けるのだと思います。特に自力の無い遠藤が普通以上くらいの練習では通用しないというのが見えてきました。自分にあった相撲と向き合っていかないと、いつまでたっても現状維持のままです。

中日幕内全取組

[20190714]

Spoicke
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


2013年のアルバムです。今回は即興性よりも楽器の演奏にこだわった内容になっています。サウンドエフェクトとかも絡んできますが、土台の音楽をしっかり作っているので安心して聴けます。即興音楽というよりも、ワールドミュージック、ネオクラシックのような趣があります。

1. Black Matthew 1
2. The Shore That Fears The Sea
3. Hazlehurst Requiem
4. Black Matthew 2

演奏も旋律を奏でるというより、楽器の響きを大事にした演奏になっていて、ある意味、生楽器によるアンビエントな性質を持っています。ですから儀式的な雰囲気ではありません。不協和音も入ってきますが、音響派な演奏になっています。音階は東洋的な民族音楽っぽさがあります。

手法的にはほとんど同じような事をやっているのですが、テーマを変える事によって表現されるものが違ってきます。今回決まり事も多い中での即興となっているので、フリーな感じにはなっていません。ある程度の秩序は混沌から抜け出す役割を果たしています。それは聴き手を広げていく事にも結びつく事でしょう。

Full Album

[20190714]

I Am Providence
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


2012年のアルバムです。限定販売やコラボレートが続いていましたが、何とか普通にリリース出来るようになっています。この作品はロードアイランド州プロビデンスのスワンポイント墓地にあるハワードフィリップスラブクラフトの実際の墓の上に即興音楽を収めています。亡霊と呼応するかの如く、おどろおどろしいコーラスを奏でています。

1. I Am Providence
2. Chthonic Spiral
3. Tributaries of the Styx Under Providence
4. Swan Point Petrichor
5. Grave Trudge
6. I Am Providence Pt. 2

悪魔の儀式のような音楽をよりリアルな形で表現する為に墓地でレコーディング。亡霊達とジャムセッションをしているかのようです。実際にオカルト志向でない限り、こういう発想は生まれないでしょう。本当にそういう人達なのかもしれません。シャレでは済まされない事です。

即興演奏を主とする彼らですが、即興を極めるのは、天から何かが降りてきたような状態での演奏を良しとします。ジャズミュージシャンはその為ドラッグに溺れたりしていました。彼らもその状態での演奏を理想としているのでしょうか。その為のシチュエーションとして墓地での演奏という発想になったのでしょう。

Full Album

[20190713]

The Jonah
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


2009年のアルバムです。大所帯になって、使用される楽器が増えた事によって大分印象が違っています。やっている事は同じなのですが、楽器それぞれの特徴が如実に作品に影響を与えていて、混沌がより複雑になっています。トラッドフォークをやっているので、ギターと歌だけで成り立つのですが、それだけで終わらせないのがバンドの体幹であり、それが即興演奏になるともう迷路からは抜け出せません。

1. The Swallowing
2. The Jonah
3. To the Newly Risen Mountains
4. A for Andromeda
5. Veil Song
6. The Lowlands of Holland
7. Skelly's Fireplace
8. The Mildew Leaf
9. Mirror in Cherwell
10. Death in the Arctic

フリージャズもトリオ編成くらいが分かりやすいのですが、大所帯になって、それぞれが好きに演奏していたらまとめられなくなります。後で編集してまとめるという方法もありますが、まとめようという意思がない彼らには混沌を生み出す事が快感になっています。そしてフォークにも囚われていないので、ジャズ的だったり、ロック的だったりしていきます。

この混沌こそが彼らのスタイルであり、創作意義なので、上手にまとめようとはせず、破壊的なくらいに滅亡に向かっています。しかし、そこで楽器が増えた事により、創作性も芽生え、音楽として組み立てられていきます。商業主義では発想出来ないような創造性。21世紀には貴重な存在となっています。

The Jonah

[20190713]

The Arboreal Observatory
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


2008年の作品です。カセットやビニール盤でリリースされていたものですが、現在はダウンロード販売もされています。デュオで始まったグループですが、メンバーも増えてきて、演奏される楽器の種類も増えています。ですからもっと音楽的なアレンジも出来ますが、それぞれのメンバーにも即興演奏を強いています。

1. Scealp Solais
2. The Arboreal Observatory
3. For Alice Coltrane
4. Guthanna Sa Dorchadas
5. The Black Lighthouse

これまでは無かった鍵盤楽器、ピアノなどが加わる事で印象が全く違ってきます。フィールドレコーディングも交えて、ローファイな感じが無くなり、録音状態も良くなっています。フリージャズのように絡み合う演奏、演奏だけでも成り立つのに、エフェクティヴな効果音を加えたり、エレクトリックな演出にも躊躇がありません。

例えば60年代の作品と70年代の作品では音が全く違います。それはレコーダーのトラック数が大幅に増えた事により、音の粒立ちが潰れる事なく鮮明になったからです。それだけの違いが、これまでの作品とは違っています。それによりオカルティックな雰囲気は薄らいでいます。音を良くする事で失うものもあるのです。デジタル環境でもサンプリングレートを高める事で、より実音に近い再現が可能になっていますが、CDやMP3に圧縮する事で、それは失われます。ハイレゾとかも出ていますが、まだまだ音質は高められますが、まだ環境が整っていません。しかし、高めれば高めるほど粗も見えてきます。4K、8Kに耐えられる素肌を持っている女優がどれほどいるのか、という問題に似ています。あえて音を粗くする演出も時には必要悪だと思います。

Full Album

[20190712]

The Shore That Fears The Sea
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


2006年のアルバムです。悪魔の儀式のような雰囲気とトラッドフォークが融合した、彼らの持ち味が一つにまとまった内容になっています。トラッドフォークとして歌も入っています。ジェネシスの初期の頃のような雰囲気もあります。プログレッシブフォークバンドとしての実力を発揮しています。

1. Rivers Rotting In The Earth
2. Hellical Rising
3. Columba’s Song
4. Watching The Rain Reshape Galway
5. Crofts Of Copeland
6. Tributaries Of The Styx Under Dublin
7. The One True God Lies To Himself While The One True Goddess Sings
8. The Shore That Fears The Sea
9. Captain William Coey

アコースティック楽器以外の使い方が独特で、バンド形式にこだわらない表現力こそが彼らの持ち味だと思います。ダウナーまではいきませんが、暗いアイルランドの冬を思わせるような、凍てついた感じがあります。寒くて笑いもしないような表情で音楽をやっています。しかし、ユーモアも無ければこれだけの表現は出来ない事でしょう。

普通に既存の音楽はやらない。これがジェネシス結成当時の決意でした。誰もやっていないような音楽をやろう、昔の若者は創造性に溢れていました。そういう意思を持った若者が現在も居るというのは嬉しい限りであります。ただ売れるような音楽ではありません。アヴァンギャルドとポップのバランス、これが一番難しい課題であります。彼らにはポップであろうという意思は見受けられません。

Rivers Rotting In The Earth
⇒ 続きを読む

[20190711]

The Solar Observatory
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


2005年のアルバムです。ファーストでは曲をコンパクトにまとめる事を心がけていましたが、ここにきて本領発揮です。長尺の曲が2曲のみです。アコースティック楽器のみでは無く、エレクトリック楽器、サウンドエフェクト、テルミンのような楽器も使っているでしょうか、サイケデリックで悪魔の儀式のようなサウンドになっています。

1. Kroton Mammaii
2. The Solar Observatory

トラッドフォークと即興音楽、現代音楽という前評判を覆すかのごとく、攻撃的で宗教的な即興演奏になっています。朗読も含まれていて、ある程度の流れのモチーフを元に演奏しているようです。とてもアナログなサウンドエフェクトであり、60年代後半の黒魔術ブームの作品の再現のようであります。実にオカルティックな内容です。その一部を取り入れていたツェッペリンに馴染んでいたら受け入れやすいかもしれません。

これを生演奏しているという意味において、フリージャズのセッションを電気楽器でやっている感じです。音階的には統一感があり、ある程度の決め事を事前に決めていると思われます。弦楽器が入るタイミングといい、全員が楽器を持ち替える打ち合わせはあるようです。エフェクト処理をしながら演奏していくという流れは、彼らの得意分野なのでしょう。

Full Album

[20190710]

Stations Of The Sun, Transits Of The Moon
(1998/07/14)

United Bible Studies商品詳細を見る


アイルランドのフォークグループUnited Bible Studiesの2003年のファーストアルバムです。まだこの頃は学生バンドとして活動していました。アイルランドのトラッドフォーク、ジャズ、クラシックなどを組み合わせた実験的な即興音楽を得意としています。プログレッシヴトラッドフォーク、革新的なトラッドフォークブームは60年代の終わりにありましたが、それ以上に革新的な挑戦をしています。

1. Glitter On Ice
2. Holly And Frost
3. Backwards Across The Burren
4. Venus Aloft, I Spy´d A Single Crow
5. Ice Forms On Obelesk
6. Shanaglish Cemetery
7. More Tongues To Catch The Snowfall
8. Herne Lays Down His Bow
9. Everytime We Find A Dead Viking

この作品では短い曲を作る為に、バンド全体で演奏するのでは無く、デュオやトリオに編成分けをして演奏しています。ラストに大演壇が待ち構えていますが、曲をコンパクトにする事を心がけています。現代音楽的な解釈によるトラッドフォークという趣でしょうか、学生らしい頭でっかちな即興音楽を分かり易くするように制作しています。

音楽理論に慣れ親しんでいないと、こういう音楽をやろうという発想は芽生えないかもしれません。そういう意味でも現在においては貴重なグループだと思います。ライブでは即興演奏ばかりやっているようですが、作品を作る段になって、それを前面に出すのでは無く、自分たちを制御する術を知っているという意味においても只者ではありません。

Full Album

[20190709]

Listen To
(1998/07/14)

Werle & Stankowski商品詳細を見る


2007年のアルバムで最後の作品となっています。これ以降は作品をリリースしていません。ドイツというローカルな環境でのインディーズですし、オールドウェイヴなスタイルには厳しい状況なのかもしれません。完全にオールドウェイヴというより、オルタナにエレクトロニカが加わったようなサウンドなので、売り方によっては売れると思うのですが、そこまでのプロデュース力には恵まれていなかったようです。

1. Today
2. After All
3. Dance
4. My Mask
5. Lady Grey
6. Holiday
7. In This World
8. C'est La Vie
9. Angel Of Berlin
10. Lost In Love
12. Beautiful Heart
13. Sound Of My Guitar

アコースティックなオルタナにエレクトロニカ。フォークトロニカとしても珍しいスタイルですから、理解を得るには時間がかかると思いますので、地道な活動を続けていくしかありません。これだけいい曲を書いているのですから、必ず道は開けると思います。エレクトロニカの部分もレトロな感じになっているから、そこの工夫だけでも印象は違ってくると思います。

オートチューンによるヴォコーダーサウンドなど、それなりに頑張っていますが、それすら過去のやり方ですから物珍しくもありません。あくまでも王道ポップソングを作り続けるのならデジタル部分での意外性が必要になってくると思います。もしくは完全にバンドスタイルで演奏するとか、もっと極端にやった方が分かりやすいと思うのですが、このファジーな感じも悪くありません。その心地良さをどれだけ広められるか、認められるかが鍵ですが、作品をリリースし続けなければそれも潰えてしまいます。

After All
⇒ 続きを読む

[20190708]

二人の横綱が揃った名古屋場所、白鵬は万全ではない様子でしたが、揃って白星スタート、先場所優勝した朝乃山も大関豪栄道に勝ち、自力が付いている事を証明して見せました。大関復帰した栃ノ心でしたが遠藤に敗れました。馬力のない遠藤は体が柔らかいので、かわす相撲で勝っていくのもいいかもしれません。上を目指さないのならそれも自分のスタイルとして定着させてもいいと思います。

初日上位の結果
◯鶴竜 寄り切り 竜電
阿炎 叩き込み 白鵬◯
豪栄道 寄り切り 朝乃山◯
北勝富士 押し出し 高安◯
◯遠藤 上手出し投げ 栃ノ心
御嶽海 叩き込み 碧山◯
◯正代 突き落とし 玉鷲
明生 押し倒し 大栄翔◯
◯琴奨菊 寄り切り 逸ノ城
◯千代大龍 突き出し 宝富士
◯妙義龍 寄り切り 志摩ノ海
阿武咲 叩き込み 友風◯


先場所途中休場した貴景勝は回復しておらず、今場所も休場、二場所連続負け越しとなりますので、いきなり大関陥落という苦い経験をする事になりました。来場所二桁勝てば大関に戻れますが、わずか数日だけの大関となってしまいました。代わりに貴源治が先場所十両優勝して新入幕となりました。

割とベテランの力士が下位に落ちて、若手が上に上がってきているので、それがどのような作用を起こすのか、今場所も目が離せません。白鵬は体調が万全で無くても優勝出来る人ですから、優勝の行方も最後までもつれるかもしれません。誰が優勝してもおかしくないという状態が活気を与えてくれると思います。

初日幕内全取組

[20190707]

Your Show
(1998/07/14)

Werle & Stankowski商品詳細を見る


ドイツのフォークデュオWerle & Stankowskiの2004年のファーストアルバムです。メンバーはJohannes StankowskiとSimon Werleの二人組で、音楽性としてはフォークソングを基盤にボサノヴァ、ソウル、ブリットポップなどの要素を加えた王道ポップソングを作り、アレンジとしてジャングルやドラムンベースなどのプログラミングをバランスよくミックスさせたスタイルになっています。

1. Last Song
2. Sound Of My Guitar
3. Grey
4. Throw Your Life Away
5. Let Me See You Smlie
6. Only Lingering
7. I Like It
8. Funny How
9. Mother
10. Emotional Disorder
11. Your Show

王道ポップスとして曲が良いだけに生演奏の部分もしっかり前面に出ています。プログラミングはそれを補う程度のアレンジかと思わせながらも、しっかりそれ以上の役割として存在させています。どちらも別々にしても成り立つくらい独立した出来栄えなのですが、それをミックスさせる事で、一般的なフォークトロニカとは別次元の独自のスタイルを作り出しています。

テクノ系には無い曲の良さ、これは大変な強みになるのですが、テクノ的には旧態依然とした認識になってしまいマイナス面になります。しかし、曲の良さに負けないくらいのプログラミングをする事によって、旧態依然とは言わせないだけの説得力を持たせています。つまり、フォークトロニカとしては究極の形になっていると思います。曲が良いに越したことは無いのです。いい曲が書けない事をごまかしているだけの音楽は、少なからず新しさは感じますが、それ以上の何ものでも無いのです。いい音楽は人々の心に残る力を秘めています。それとテクノロジーが両立出来ていると言うのは理想形だと思います。

Last Song
⇒ 続きを読む

[20190707]

Rites and Rituals
(1998/07/14)

Dollboy商品詳細を見る


2018年のアルバムで現在までの最新作になります。カセット、ビニール盤での限定販売でしたが、現在はダウンロード販売もされています。今回は歌無しのアンビエントな内容になっています。民族楽器などを多用してサイケデリックなアンビエントサウンドになっています。

1. Sunrise
2. Temple
3. Ceremony
4. Dance of Rags
5. Procession
6. Ritual of Oaths
7. Burial Rite
8. Death Rite
9. Ballet of Blades
10. Ceremony of Metals
11. Dusk Ceremony
12. Evening Ritual

彼のアンビエント作品はしっかり旋律があるので、雰囲気だけのアンビエントです。フォークソングと言うより民族音楽的なアコースティックサウンド、ポップ性が加われば、これまでのようなスタイルになりますが、今回はポップ性を無くして、民族音楽と電子音による妖しい感じのサウンドに偏っています。

しかし、どうしてもポップ感覚を持っているので、ダークな感じにはならず、どちらかというと情緒的なだったりするので、彼の人間性を感じさせます。限定販売になってしまうという環境にめげる事なく、自分の音楽を貫いて欲しいミュージシャンの一人です。こういう才能がある人が報われないという悲しい現実、ミュージックシーンの貧困さを物語っています。

Sunrise
⇒ 続きを読む

[20190706]

Further Excursions Into The Ulu With Dollboy
(1998/07/14)

Dollboy商品詳細を見る


2012年のアルバムです。こあれまではあえてブリットポップと言う単語は使っていませんでしたが、この作品は明らかにブリットポップな内容になっています。サイケデリックだったり、ジェネシスのようなプログレっぽい曲があったりしますが、基本の曲調はブリットポップになっています。しかもアコースティックな雰囲気に限定されています。

1. All Of The Stars Part 1
2. Seven Again Or Dust
3. Alice In Clear Water
4. HellicopterMicrobes
5. The Ventriloquist
6. Love Your Mother
7. Arctic Winter
8. Friendly Borders
9. No Trubba!
10. A Golden Age
11. The Sun Will Rise
12. All Of The Stars Part 2

電子音も入っていますが、それはプログレバンドが使う程度の使用頻度であり、基本はバンド演奏になっています。この人の特徴は何と言っても作曲の素晴らしさであり、世が世なら名盤と謳われてしかるべき作品の仕上がりなのですが、今の世の中、どれほどの人が曲の良し悪しを重視しているのでしょうか。つまらない曲でもマスメディアが取り上げれば売れるし、たいした事言っていないのに歌詞が褒め称えられていたり、本当に良いものを知らない世代が増えてきています。

本当に良いものはマスメディアには取り上げられていないところを必死で探さないと見つからないようなとこに潜んでいます。このアルバムは紛れもなくその中の一つであります。美食家を気取っている芸能人が格付けで画面から消えていくような事が本来の姿であり、本当に良いものを知らなければ、ただ受け身で見聞きする程度では本当の感動は得られないと思いますし、感受性も育ちません。音楽の良し悪しというのも人それぞれかもしれませんが、見極められる感受性を育てると言う教育環境が日本ではまだまだ乏しいと思います。

All Of The Stars Part 1
⇒ 続きを読む

[20190706]

The Sum And The Difference
(1998/07/14)

Dollboy商品詳細を見る


2010年の作品で、Roman BezdykことSone Instituteとのコラボレート作品になっています。容量としてはミニアルバムであり、短い作品でありますが、実に独特な美しさを醸し出しています。Dollboyとしてはアコースティック楽器を担当して、デジタルトリートメントな部分をSone Instituteが担当しています。

1. Sunshine
2. A Slow Reader
3. Hotel Oriental
4. Country Stars
5. Stay Lost
6. Play For Today
7. The Days Passed

デジタル処理においてはDollboyの方はそれほど得意だとは言えません。フィールドレコーディング素材やマニュピレーティングのやり方において、個性が出るもので、Dollboyには無かったサウンドとのコラボレートとなっています。本来デジタル系の人にとっては、旋律はさほど重要では無く、ループで済ませんる人が多い中、旋律をどうしても作りたいDollboyは異質な存在であります。

異なるベクトルを持つ二人が交わる事で生まれる化学反応。どちらもソロ作品では出来ないような事をやっておりますので、コラボレートしては成功だと思います。お互いに無い部分を補って音楽的にも成功していると思います。コラボレートする意味もあり、この経験は後の作品にも少なからずも影響していく事でしょう。

Sunshine
⇒ 続きを読む

[20190705]

Ghost Stations
(1998/07/14)

Dollboy商品詳細を見る


2010年のアルバムです。彼なりのアンビエントな作品になっていますが、アンビエントというよりネオクラシカルな作品になっています。ロンドンの使われていないの地下鉄の駅や、ベルリンの冷戦時に閉鎖されドイツの再統一で再開された地下鉄の駅で行われたフィールドレコーディングの素材を使っています。

1. Down Street/York Road/South Kentish Town/British Museum/Brompton Road/Bull & Bush/Strand
2. Warschauer Strasse/Jannowitzbrucke/Potsdamer Platz/Oranienburger Strasse/Unter Den Linden

フィールドレコーディングはあくまでも影の存在で、ちゃんと曲があって、メドレー形式で進んでいきます。フィールドレコーディングした場所が曲のタイトルになっています。これまでのようなフォーク調の曲では無く、デジタルサウンドを多用した音響派な雰囲気の物悲しいクラシカルでジャズ的な音楽が流れていきます。

彼なりに現代音楽風な作法に則って制作しており、街々のサウンドトラックという感じでしょうか。当初は150枚の限定販売でしたが、後に再発されています。それだけ彼にとっては実験的な作品となっています。パッドサウンドも独特で、オーケストレーションの一部として存在しています。彼にとっては街の雑踏も旋律を持っているのでしょう。

York Road
⇒ 続きを読む

[20190704]

A Beard Of Bees
(1998/07/14)

Dollboy商品詳細を見る


2009年のアルバムです。この頃になるとフォークトロニカの概念も定着してきます。彼もその手法を取り入れていて、これまで通りノーザンソングのようなフォーク調の曲にエレクトロニカらしいアレンジを加えるようになっています。しかも歌まで歌うようになっています。

1. One Liner
2 California
3. Hello Sailor !
4. He Went Down To The Sea
5. A Beard Of Bees
6. Tea Dance
7. Jet Age Kids
8. Lead Boots
9. Tan Don't Burn
10. Endless
11. Heavenly
12. Oh Ahab !
13. A Place In The Sun

歌が入る事によって彼の音楽性が明確になっています。フォークトロニカの概念も手助けして理解されやすくなっています。しかし、この歌入りでポップな感覚もっと後の手法であり、これも時期が早すぎるものになっています。フォーク調でポップで、複雑なアレンジという事でプログレのような感覚もあります。

歌入りのフォークトロニカでも変態的なものが多い中、これほど美しくポップに取りまとめたスタイルも珍しく。やはり異色な才能を発揮しています。曲のタイトルがよく知られている楽曲と同じものを選んでいますが、カバーではありません。ノーザンソングなフォークトロニカという事で、とても心地のいい作品になっています。

One Liner
⇒ 続きを読む

[20190703]

Casual Nudism
(1998/07/14)

Dollboy商品詳細を見る


2006年のアルバムです。まだフォークトロニカの概念は存在していません。90年代のデジタルの狂騒が過ぎて登場したのはエレクトロニカでした。それとは別に流行っていたのはオーガニックという概念でした。音楽だけではなく、いろんな場面でオーガニックが好まれていました。エレクトロニカとオーガニックを合わせてみた作品という事になります。これが後のフォークトロニカになりますが、ここまでアコースティック主体のサウンドはもっと先の話となります。

1. Black Sun
2. Odd Man Out
3. Aquasek
4. Dadgad
5. Casual Nudism
6. Bala
7. Abendmahl
8. Ringers
9. Pauline's Shades
10. Underground/Overground
11. Jungfrau

今回はエレクトロニカな部分は少なめで、生演奏によるアコースティック楽器主体になっています。そして爪弾かれていく旋律は、ビートルズの音楽を指すノーザンソングになっています。ブリットポップでは無く、あえてノーザンソングと表現してみます。従来の音楽の手法からは外れているが心地よい音楽を指してノーザンソングと呼びます。つまり、自分を卑下しながらも新しい概念をもたらす音楽を指して使う言葉です。

トラッドフォークのようでありますが、ポップスの感覚もあり、それなのにエレクトロなサウンドも入っている。それまで別々だったものが一つにまとまって新しい幸福概念をもたらす。音楽としては正しい歩みであります。ただ少し時期が早すぎたために当時としては正当に評価されていなかったと思いますし、知名度もついてきません。しかし、こんなに美しく心地いいフォークトロニカは後にも先にも存在しません。もっと手本とされるべき音楽です。

Odd Man Out
⇒ 続きを読む

[20190702]

Plans For A Modern City
(1998/07/14)

Dollboy商品詳細を見る


イギリスのアーティストJack Hayterの一人プロジェクトDollboyの2004年のファーストアルバムです。フォーク系のマルチプレイヤーでエレクトロニカな曲作りにアコースティック楽器を組み合わせるという、フォークトロニカの手法を早くから実践しています。

1. Juicyfruit
2. On The Bus
3. China
4. Cymbaline & Celeste
5. Monks & Bells
6. How We Behave
7. Aisle 9
8. In Silence
9. Hatterjax
10. Sleepers
11. Splash
12. How We Behave

エレクトロニカの部分が多めですが、随所でアコースティック楽器、民族楽器などを取り入れて、当時としては異色な作品になっています。まだエレクトロニカが始まったばかりで、フォークトロニカという概念はありません。アコースティック楽器もサンプリング素材の一つとして使っている感じですが、生演奏しています。

元々がフォーク系シンガーなので、そこにエレクトリック楽器を加えている感じですが、このプロジェクトではエレクトロニカを強めに出しているので、自然とフォークトロニカになっているのです。歌はありませんが、フォーク系のほのぼのとした曲が多く、テクノ色を感じさせないエレクトロニカとしても異色です。

Cymbaline & Celeste
⇒ 続きを読む

[20190701]

Y Crack Cymraeg
(1998/07/14)

Estron商品詳細を見る


イギリスのアーティストGERAINT FFRANCONがEstron名義で2005年にリリースした唯一のアルバムです。ウェールズ地方のフォークソングをサンプリングして再構築した内容になっています。フォークソングなのでとても綺麗な音楽なのですが、それをデジタル処理する事によりサイボーグのようなフォークトロニカに仕上げています。

1. Dafydd Y Garreg Wen
2. Digalon-Obeithiol
3. Clychau Aberdyfi
4. Titrwm Tatrwm
5. Ffarwell I Langyfelach Lon
6. Pibddawns Gwyr Wrecsam
7. Deryn Du
8. Canu Grwndi
9. Blodau'r Ddrain
10. Lon Bach Odro
11. Cerdd Y Gog Lyndlas
12. Ar Lan Y Mor
13. Berllan / Tywyn

ほぼ無名のアーティストなので、詳しいプロフィールは明らかになっていませんが、後にFFRANCONという名義で活動していきます。ウェールズ地方のトラディショナルなフォークソングはロック系の作品から少しは耳にしているのですが、ほぼ知らない曲ばかりです。タイトルからして英語ではありません。ウィングスのイギリスでの最大のヒット曲、夢の旅人のような雰囲気です。

イギリスにとってはルーツミュージックのようなもので、人気も高いのですが、さすがにエレクトロニカにしてしまっては老若男女に受けるというわけにはいきません。ケルトミュージックのようにワールドミュージックとして受け入れられる体制は整っていますが、ここまでサイボーグ化してしまっては別物になってしまいます。しかし、ロックな感覚からすると、とてもカッコ良いアレンジになっていると思います。この手法を突き詰めても良かったのではないでしょうか。

Blodau'r Ddrain
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ