FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190826]

この曲はフュージョンポップと名付けました。
これまでも同じような曲を書いてきましたが、様々な表現をしていました。
それをフュージョンポップという表現に統一しようと思います。

フュージョンというと分数コードなどを用いいた楽曲という認識でいいと思います。
それをソウル系に寄せるとA.0.R.になります。
それをファンク系に寄せるとネオアコだったり、ホワイトソウル的な表現になります。
ロック系に寄せるとプログレとかファンクロック的な表現、
ポップ系に寄せるとニューミュージックとか、ライトフュージョンなどとも呼ばれていました。

統一するとフュージョンポップスでいいと思います。
A.O.Rをよりポップに寄せていたのがウィングス時代のポールマッカートニーです。
スティーヴィーワンダーの影響が強かったと思いますが、
当時子育て休養中だったジョンレノンも横目で見ていて、
カムバック後はそういう曲を書いていました。

それらと同じとは言いません、SAMARQANDならではのポップ感覚を持った
フュージョン系の曲に対してフュージョンポップと呼ぶようにします。
唯一人で宣言しているだけですが、分かり易い言葉だと思います。

スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ