FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190907]

Canticles of the Holy Scythe
(1998/07/14)

Lüüp商品詳細を見る


2017年のアルバムで現在までの最新作になります。6年のインターバルを経て新たに集めたメンバーには弦楽器にしてもヘヴィメタのような演奏を強いていて、室内楽によるゴシックメタルのようなオカルティックな雰囲気を作り出しています。宗教的というよりオカルトな雰囲気です。

1. Why are the Mountains Black
2. 9=2
3. The Greater Holy Assembly
4. Noctivagus (Apparition of Death)
5. Stibium (Triumph of Death)
6. Mors Consolatrix

チェロやコントラバスの重厚な響きはメタルのようなフレーズを響きを生み出すのにうってつけの相性となっています。歌では無く、ストーリーテラーな感じの語り口調で物語が進められています。中心人物のStelios Romaliadisのフルートの登場は少なめで、雰囲気作りに徹しています。ブルースをベースとしたハードロックとは違って、メタルはクラシカルなスケールで演奏されますから、ストリングスで代用しても違和感がありません。

クラシック音楽の中にはメタルのルーツとなる部分が多くあったりしますから、こういう表現は有りですが、ここまでヘビメタを連想させるような演奏は珍しいかもしれません。ある意味ヘヴィメタよりもオカルト色をうまく表現しています。しかし、世のヘヴィメタファンがそれほどオカルトを求めているのかといったらそうではないと思います。ですからこれで売れるかというと別の話になります。狙いとしては面白いと思いますが。

Full Album
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20190907]

Meadow Rituals
(1998/07/14)

Lüüp商品詳細を見る


2011年のアルバムです。より多くのプロフェッショナルなメンバーが参加してトラッドフォーク調の曲を重厚なオーケストレーションで表現しています。それだけ賛同者も増えてきたのでしょう。それによって今回はサンプリングやループは少なめで、ほぼオーケストレーションのみによって表現されています。その反動からなのか、すぐにこのアルバムのリミックス作品がリリースされています。

1. Horse Heart
2. Taurokathapsia
3. Cream Sky
4. Spiraling
5. Roots Growth
6. See You In Me
7. Ritual Of Apollo & Dionysus
8. Northern Lights

デジタルサウンドにこだわる必要も無く、オーケストレーションのみによっても説得力のある作品になっています。この分野のみで勝負してもクラシックファンなどから受け入れられるくらいの水準を持っていると思います。しかし、途中でドラムやエレキギターやエフェクティヴなサウンドも必要としていて、そこがプログレッシヴな志向性を感じさせます。

あくまでも古い音楽をやっているわけでは無く、現代に通用する音楽としてのプロジェクトなのです。かといって電気楽器に頼りすぎないというところがアダルティーであり、生楽器ならではの重厚な響きはデジタルサウンドだけでは表現出来ないものであります。楽器の特性をよく理解した上でのアレンジだと思いますし、とても完成度の高い内容となっています。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ