FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20191001]

Said The Owl To The Mouse
(1998/07/14)

God's Little Eskimo商品詳細を見る


2011年のアルバムです。これも自主制作ですから物流としてはあまり出回っていません。ネットで数曲配信されているのみになっています。内容的には前作と同じですが、エレキギターなど、使用する楽器が増えています。フォーク調なので素朴な感じですが、楽器が増えた事によって色彩が緩やかに増えています。

1. Rooks
2. Limb By Limb
3. In The Gloaming Woods
4. Breaking Waves At Night
5. If I Were To Bury You
6. Kinski
7. The Alder King
8. Goodbye Great Auk
9. Tomorrow Shall Be My Dancing Day

曲自体は素晴らしく、作曲の才能は申し分ないと思います。今回はフクロウが主役なのか、テルミン系の音を多用して、少し霊験あらたかな感じになっています。単なる弾き語りでのフォークソングとは違って、少ない楽器でありますが、かなりアレンジも工夫されています。もっと使用する楽器が増えていったらどうなっていくのでしょうか。

英国特有の牧歌的な曲調がプログレッシヴに織り成されています。プログレッシヴと言っても、少ない楽器で表現されていますし、ほぼドラムレスなので物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、アレンジ的には結構攻め込んでいます。この繊細でありながらアグレッシヴな感じが伝わらないとしたら、きっと音楽的には味覚障害になっていると思います。

Delicate Bird Bones
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ