FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20191214]

One Second of Love
(1998/07/14)

Nite Jewel商品詳細を見る


2012年のアルバムです。プログラミングだけに頼らず、バンド演奏で80年代ポップスのリバイバルを行なっています。流石に前作のような素人的なミキシングでは無く、リバーブは薄めでボーカルを前面に押し出しています。ただ、下手なりにファーストの方が個性的だったと思います。プログラミングも80年代のそれとは違っていましたし、面白かったと思います。

1. This Story
2. One Second Of Love
3. She's Always Watching You
4. Mind & Eyes
5. In The Dark
6. Memory, Man
7. Unearthly Delights
8. No I Don't
9. Autograph
10. Clive

今作ではシンセポップと言うより80年代全般のポストパンクなスタイルを再現しています。再現なので個性的とは言えなくなってしまいました。いろんな部分での成長は感じますが、下手でも個性的な方がロックとしては好感が持てます。80年代の真似事はここで一旦落ちつかせて自分たちでしか作れないようなスタイルに目覚めてほしいと思います。

それなりに味のある歌声だというのが分かりましたので、このポストパンクなソウル系80年代のスタイルをどういうふうに表現していくかが今後の課題だと思います。単なる真似事では今の時代においても新鮮とは感じませんし、レトロサウンドだけにとらわれずに、面白く料理する事は可能ですから、真似事は早めに吸収して飽きるくらいにして、次のステップに進んだ方がいいと思います。

This Story
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20191214]

Good Evening
(1998/07/14)

Nite Jewel商品詳細を見る


アメリカのシンガーソングライターRamona Gonzalezによる一人プロジェクトNite Jewelの2008年のファーストアルバムです。アメリカのシンガーソングライターとしては珍しくシンセポップになっています。しかもシンガーソングライターなのにボーカル弱めの浮遊感のあるシンセポップです。かなり勇気のある事ですが、インディーズだから許されるのでしょう。

1. Bottom Rung
2. Suburbia
3. What Did He Say
4. Weak For Me
5. Heart Won't Start
6. Universal Mind
7. Artificial Intelligence
8. Let's Go (The Two Of Us Together)
9. Chimera
10. Lover

楽曲のほとんどが夫であるCole M.G.N.によるプログラミングになっています。つまり男女デュオによるシンセポップだとすると分かり易いのですが、あくまでもNite Jewelという女性シンガーの作品としています。かなりチープなシーケンサーを使ったような80年代ポップスのリバイバルのようなスタイルですが、歌は80年代でもアンダーグラウンドなニューウェイヴ系な雰囲気です。

ボーカル弱めなのに加えてリバーブたっぷりに誤魔化しているので、尚一層ボーカルが奥に引っ込んでいます。女性ボーカルが主人公なのに、掟破りとでも言えるようなミックス具合です。学生時代の作品なので、そこはご愛嬌なのでしょうが、言葉もはっきり聴き取れないほどの歌はある意味サイケデリックなシンセポップになっています。これも日本のインディーズの影響もあるのかもしれません。

Bottom Rung
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ