FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20200530]

The Grey Rainbow
(1998/07/14)

Boy Omega商品詳細を見る


2006年のアルバムです。この年はライブ盤のA Distant Foghorn (Vol. 1) もリリースされています。内容的には前作とほぼ同じでフォークロックとオルタナが混じったようなスタイルになっています。しかし、ストリングスやホーンなどかなりの音を重ねるようになっています。

1. Burn This Flag
2. From Us To Eternity
3. Control
4. For I Cannot Breathe
5. Divebomb
6. The Isle
7. A Heart Is A Heart

容量的にはミニアルバムのような内容です。EPも結構出していて、アイデアが溢れている感じです。プログラミングやフィールドレコーディングも取り入れるなど、テクノロジーも許容するようになり、あらゆる可能性を拒む事なく、自分の音楽に取り入れようとしています。それでもフォークロックなスタイルが基本となっています。

テクノロジーはあくまでも効果としての使用であり、曲自体はオールドスタイルです。フォーク側からのフォークトロニカの手法になっていると言えます。まだ本人はそれほど意識はしていないと思いますが、オールドスタイルを貫きながらも時代にシンクロし始めているのです。こうした経験がこの後のスタイルに影響していきます。

Burn This Flag
スポンサーサイト




[20200530]

The Black Tango
(1998/07/14)

Boy Omega商品詳細を見る


2006年のアルバムです。前作から引き継いだようなフォークロックアルバムですが、オルタナ色が強くなっています。間あいだにタンゴを挟んでコンセプトアルバムのようにしています。哀愁のあるストリングを入れたり、もの悲しげなフォークロックになっています。ゲストの女性ボーカルとのデュエットなど聴きどころはたっぷりあります。

1. The Black Tango Awakening
2. Blocks
3. Fool Around
4. A Flash In The Tunnel
5. Somewhere I’m Human
6. Out Come The Knives
7. By Midnight We’ll Give It A Go
8. Flames From The Black Tango
9. I Name You Isolation
10. Fetch, Boy! Fetch!
11. Safety Net
12. Open The Door, Grigori
13. Rescue Me Pianohead
14. Explode
15. Leafless
16. The Claw
17. If Only
18. The Last Call
19. The Black Tango Gathering
20. Nobody’s Fault

2006年にはアルバムを3枚リリースしているので、多作なシンガーソングライターだと思います。デビュー前のストックも沢山あったのでしょう。スウェーデンでフォークロックというのは珍しいと思います。アコースティックな感じは好まれているようですが、この時代にはもっとビート感があるものが主流ですから、かなり孤高な感じがします。

90年代の慰霊を引きずっているような雰囲気があり、当時のイギリスの音楽の影響を感じます。まだデジタルロックに犯される前のブリティッシュインディーズの雰囲気です。もしくはアイルランド系の凍てつく寒さを感じさせます。スウェーデンも北欧ですから、この寒さは共感出来るものがあるのでしょう。ただヒットチャートとは程遠いスタイルになります。

Somewhere I’m Human
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ