FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20200705]

Empty Handed
(1998/07/14)

Multi-Panel商品詳細を見る


2019年のアルバムで現在までの最新作になります。しばらく活動していませんでしたが、自主制作にて作品をリリースしています。自主制作でもダウンロード販売という手法は予算を抑えながら販売できるので、メジャー契約出来ないミュージシャンにとっては定番になりつつあります。もうCDという媒体での販売も過去になりつつあります。問題は情報量の多いネット上で売れるには、それなりの宣伝活動も必要という事になります。そうしないと誰も聴いてくれません。

1. Breath
2. Scarecrow
3. Honey
4. These Freaks
5. Fallin’ Free
6. I Value
7. Flags Out
8. Ride
9. Empty Handed
10. September Man
11. Ape
12. TM

内容はフォークトロニカを更に深めた感じですが、エレクトロニカの部分が多くなっています。曲自体はフォーク調でも生演奏の部分をプログラミングに変換する事によってテクノ感が増しているのです。それでもダークで、ほのぼのとした雰囲気は残っています。エレクトリックサウンドで多少は明るくなっていますが、やはり陰があります。

ダウンロード販売も多少は費用がかかりますが、CDをプレスする事に比べればはるかにリスクは低いです。ただいつでも聴ける環境にあるという事は、それだけ軽く扱われがちであり、レコード盤を宝物のように扱っていた時代に比べれば大事にしてもらえていないと思います。そこで印象を残す作品を作るというのは並大抵の事ではないでしょう。この流れは、これらの音楽制作に大きな変化をもたらしていくのかもしれません。

Breath
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20200705]

All It Takes
(1998/07/14)

Multi-Panel商品詳細を見る


2012年のアルバムです。曲自体がフォーク調なので、フォークの面が強調されているのかとおもいきや、デジタルサウンドの出番も同等に現れます。フォークトロニカとしての熟成を見せた作品になっています。映画音楽のようなイメージで音楽が緩やかに流れていきます。決まったセオリーを受け付けないフォークトロニカの一つの到達点とも言えるでしょう。

1. Salesman
2. Try Me
3. All It Takes
4. Hana
5. These Days
6. Grim
7. Saturday
8. Portman
9. The Son
10. Field Of Grey
11. Homerun
12. Hombres
13. Che
14. Lights May Land
15. Tenten
16. Waiting For Happiness

結構ダウナー系のフォークソングだったり、少し陽気なアレンジでも影が感じられたり、ヨーロッッパ的な哀愁に溢れています。そこにデジタルサウンドが入る事によって、その遣る瀬無さも自然な表現として消化されています。アルペジオのループも、リズム系のループも何ら曲の邪魔をしていません。確かにこんなオーガニックなだけでは無い現実に私達は生きているという妙なリアリティを感じます。

バイオな質感とアビオなテクノロジーの質感、フォークトロニカは実に現代的な音楽なのです。ただアコースティック楽器とデジタルサウンドを組み合わせれば良いと思っている人達では表現出来ない領域に達しています。何故現在アコースティックな楽器にこだわるのか、デジタルサウンドだけならもっとクリアで美しい音楽が作れるでしょう。しかし、人間の生理的な部分に訴えかけるアナログなアコースティックサウンドは、デジタルでは表現出来ない郷愁感を補ってくれるのです。

Salesman
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ