FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20200804]

10th
(1998/07/14)

Nobukazu Takemura商品詳細を見る


2002年のアルバムです。明るいミニマルミュージックによるエレクトロニカ、生楽器音源も入っているのでもうフォークトロニカになっているのかもしれませんが、まだその概念は生まれていません。ロボットヴォイスによる歌も音源の一つになっていますが、それにより、よりポップで明るい雰囲気になっています。

1. Perch
2. FallsLake
3. Wandering
4. Cons
5. Machine's Dream
6. A Puff Of Word
7. Lost Treasure (4th Version)
8. Mumble
9. Croon
10. The Ring Of Spell
11. Tadasu No Mori
12. Funny Illustrated Book
13. Astral Beads
14. Murmur Of The Day
15. Polymorphism
16. Dog, Bee And Butterfly
17. At Lake Yogo

日本ではテクノポップと呼ばれていたシンセポップの流れを汲んでいるのでしょう。その感覚もありながらエレクトロニカの時代になっても自分の感覚を大事にしているので、個性的な世界観を作り出しているのでしょう。ロボットヴォイスはヴォコーダーでも無く、デジタルエフェクトでもありません。ボーカロイドのようなソフトを駆使しているようです。

性別も年齢も不明なロボットヴォイスは英語らしき言葉を発していますが、これも不明瞭です。 Aki Tsuyukoの感覚に近いものです。ブレイクビーツに近い感じのビートメイキングもポップで明るい感じなので、独特の世界観を作り出す要素の一つになっています。不明瞭な言葉により意味も無効化しているようなエレクトロニカになっています。

Full Album
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20200803]

白鵬が足の怪我で休場して照ノ富士と朝乃山の直接対決で照ノ富士が勝った事から一気に優勝に王手。千秋楽も勝って照ノ富士が帰り入幕での優勝を飾りました。大関時代には一番横綱に近い男と言われていましたが、怪我で序二段まで陥落。そこから我慢して再度幕内に返り咲いた場所での優勝は見事なものでした。白鵬が休場しなくても優勝していた事でしょう。

幕内上位の結果
白鵬 10勝3敗2休
鶴竜 0勝2敗13休
朝乃山 12勝3敗
貴景勝 8勝4敗3休
正代 11勝4敗
御嶽海 11勝4敗
隠岐の海 9勝6敗
大栄翔 11勝4敗
遠藤 8勝7敗
豊山 5勝10敗
阿武咲 2勝13敗
隆の勝 8勝7敗
宝富士 5勝10敗
霧馬山 6勝9敗


朝乃山は正代との対決に勝って準優勝としましたので、来場所優勝すれば何かが見えてきます。関脇の正代と御嶽海はどちらも二桁勝ったので、大関取りの準備が出来ました。貴景勝はまだ万全では無かったので、勝ち越してから休場しました。遠藤は最後になんとか勝ち越し。この人の持ち味は柔らかい相撲なので、かわしながら勝つのもいけない事では無いと思います。横綱相撲にはこだわらない方が自分の相撲になって行くのではないでしょうか。

千秋楽幕内全取組
⇒ 続きを読む

[20200802]

Animate
(1998/07/14)

Nobukazu Takemura商品詳細を見る


2002年のアルバムです。陽気なエレクトロニカ、シンセポップになっています。少しブレイクビーツな雰囲気もあったり、90年代を引きずりながらも新しいエレクトロニカという雰囲気にも馴染もうとしているのか。シリアスにならないミニマルミュージックという彼独特のスタイルです。ロボットヴォイスによる歌があったりと、歌を想定しているのでポップな作風になっているのでしょうか。

1. Generecombination
2. Animal Show
3. Moth (Original Full Version)
4. Owlet
5. Chrysalis Part 2
6. Chrysalis Part 1
7. A Centipede
8. A Flying Squirrel
9. Water Flea

海外に出て行くと日本のアイデンティティを主張したくなるのか、それでも日本イコールアニメというのも短約的な発想だと思います。しかし、このエレクトロニカはアニメをイメージさせるようなサウンドではありません。一昔前のブレイクビーツで使われていたようなサウンドなのです。そこがユニークと言えばユニークですが、さほど目を見張るようなものはありません。

この陽気さも子供シリーズの名残りなのか、それでも子供が喜びそうな作風でもありません。この辺の妙な感覚が彼の特色なのかもしれません。頭でっかちの人がそれを感じさせないように作っている音楽のように感じられます。その微妙な感性は必ずしも万人に受け入れられるようなものでもないでしょう。しかし、そこに彼の音楽性が潜んでいるのなら、そこは尊重されるべき領域なのだと思います。

Animal Show
⇒ 続きを読む

[20200802]

Songbook
(1998/07/14)

Nobukazu Takemura商品詳細を見る


2001年のアルバムです。これは自身のレーベルChildiscからリリースされています。どちらかというと日本向けに作られています。全体的にAki Tsuyukoの歌がフューチャーされていますが、何語で歌っているのか聞き取れないような歌声です。フィールドレコーディングだったり、フォークトロニカだったり、得意のジャズ風だったり、竹村延和自らマルチに複数の楽器を演奏した音楽絵本のようになっています。

1. Kagami No Tou
2. Mahou No Hiroba
3. Obaoba
4. Fushigi Na Sekai
5. Tsurara
6. Hoshi No Hanashi
7. Tuirirukabinbon
8. Kuroiro Manto No Hanashi
9. Swimmy
10. Soleil D'eau
11. Beil Buoy
12. Jukai Yori
13. Flabby
14. Kamishibai
15. Blab La La
16. Umi No Compass
17. Mizutamari No Otamajakushi
18. Tsuki No Gen
19. Evening
20. Vibrante
21. Kohan Heno Michi
22. Uruu

子供向けの絵本的なコンセプトがあって、Child's Viewの流れを汲んでいますが、同年にChild's ViewのHoshi no Koeがリリースされているので、個人名義との差別化が曖昧になっています。ミニマル感も薄めで、Aki TsuyukoはChild's Viewでも歌っていますが、このアルバムはAki Tsuyukoに歌ってもらう為に制作されたかのような趣があります。日本語はなんと無く聞き取れますが、わざと何語か分からないような発音をしています。

本当に子供向きの音楽を作っているのなら、言葉は曖昧でも通用すると思いますが、子供の視点に立っていない子供向け音楽ですから、この言葉をぼかす感じはあくまでもAki Tsuyukoの味なのでしょう。Child's Viewのように子供向け音楽にもハマっていますが、あくまでも大人から見た、子供ってこんな感じだよね、という身勝手な解釈による、日本によくありがちな音楽です。

Full album
⇒ 続きを読む

[20200801]

Sign
(1998/07/14)

Nobukazu Takemura商品詳細を見る


2001年のアルバムです。ポップなブレイクビーツのような雰囲気があり、ロボットヴォイスですが、歌ありの陽気なブレイクビーツになっています。Thrill Jockeyからのリリースという事もあり、TortoiseのJohn McEntireをはじめとしたメンツによるセッションSouvenir In Chicagoは35分にも及ぶ演奏が収められています。

1. Sign
2. Cogwheel
3. Souvenir In Chicago
4. Meteor

基本はミニマルミュージックなのでしょうが、若い頃はDJなどもしていたので、ちょっと前までの現代音楽とは違うアグレッシヴさがあります。音響派とジャムバンドの要素が強いTortoiseとの相性も良いようです。全体的に明るくポップであるという感覚が現代音楽のシリアスさを緩和しているように思います。もう完全に脱日本しています。

しかし、こうした音楽が流行っていたのも90年代までですから、海外で頭角を表すにはもう一歩前に進む必要があります。それでも21世紀に入ると最先端だと思わせる音楽が見受けられなくなっていきます。誰も新しい試みを模索できないでいる状態が現在でも続いているのです。そんな中においてはとても個性を発揮している作品になっていると思います。

Sign
⇒ 続きを読む

[20200801]

Scope
(1998/07/14)

Nobukazu Takemura商品詳細を見る


99年のアルバムです。より自由な創作活動をする為、自身のレーベルChildiscを立ち上げ、Child's View名義やAssembler名義でも活動していきますが、日本よりも海外に目を向けるようになり、三宅一生のミラノ・コレクションでのサウンドトラックを手がけたりしていきます。この作品はThrill Jockeyからのリリースになっています。世界からも注目されるようになっていきます。

1. On A Balloon
2. Kepler
3. Taw
4. Icefall
5. Tiddler

電子音、サンプリング素材を使ったミニマルミュージックをより突き詰めていくようになっています。現代音楽のクリエイターとしての立ち位置を確固たるものにしていきます。これまであったような日本にありがちな雰囲気を一掃しています。当時はブレイクビーツからエレクトロニカへの転換点でもあり、その時代感も敏感に持っていたようです。

初期の頃のエレクトロニカは音響派の流れも持っていて、一つ一つの音素材の持つベクトル、周波数の特徴を活かした空間的な配列にこだわる人が多かったと思います。それがいつの間にか音響派のこだわりを表に出さないようになってエレクトロニカは落ち着いていきます。そのまだ音響にこだわっている感じの雰囲気とミニマルな現代音楽性を併せ持った内容になっています。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ