FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20200804]

10th
(1998/07/14)

Nobukazu Takemura商品詳細を見る


2002年のアルバムです。明るいミニマルミュージックによるエレクトロニカ、生楽器音源も入っているのでもうフォークトロニカになっているのかもしれませんが、まだその概念は生まれていません。ロボットヴォイスによる歌も音源の一つになっていますが、それにより、よりポップで明るい雰囲気になっています。

1. Perch
2. FallsLake
3. Wandering
4. Cons
5. Machine's Dream
6. A Puff Of Word
7. Lost Treasure (4th Version)
8. Mumble
9. Croon
10. The Ring Of Spell
11. Tadasu No Mori
12. Funny Illustrated Book
13. Astral Beads
14. Murmur Of The Day
15. Polymorphism
16. Dog, Bee And Butterfly
17. At Lake Yogo

日本ではテクノポップと呼ばれていたシンセポップの流れを汲んでいるのでしょう。その感覚もありながらエレクトロニカの時代になっても自分の感覚を大事にしているので、個性的な世界観を作り出しているのでしょう。ロボットヴォイスはヴォコーダーでも無く、デジタルエフェクトでもありません。ボーカロイドのようなソフトを駆使しているようです。

性別も年齢も不明なロボットヴォイスは英語らしき言葉を発していますが、これも不明瞭です。 Aki Tsuyukoの感覚に近いものです。ブレイクビーツに近い感じのビートメイキングもポップで明るい感じなので、独特の世界観を作り出す要素の一つになっています。不明瞭な言葉により意味も無効化しているようなエレクトロニカになっています。

Full Album
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ