FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20201025]

David Thomas Broughton vs. 7 Hertz
(1998/07/14)

David Thomas Broughton商品詳細を見る


2007年のアルバムです。Leedsを拠点に活躍する室内楽グループ7 Hertzとのコラボレートになっています。Leedsにある教会で遊んでいる時に思いついたセッションのようで、ちょっとしたテーマだけで、後は即興で演奏しているようです。7 Hertzのメンバーも結構前衛に対して適応して応酬しています。

1. Weight Of My Love
2. No Great Shakes
3. Jolly (Interlude)
4. Fisted Hand
5. River Outlet

即興演奏といっても、複数で演奏する場合はそれなりの取り決めがないとバラバラな演奏になってしまいます。ある程度コード決めはしているようで、後は場の雰囲気、David Thomas Broughtonの繰り出す歌に対して反応していくように演奏されています。決まり事だらけだと前衛になりませんので、後は感覚だけの世界になっていきます。ニュアンスで演奏するといいますか、音楽を突き詰めると最終的にはそこに行き着くのです。どんなに完璧に楽譜通り演奏出来ても、このニュアンスのセンスの良し悪しで全てが決まってしまいます。

だからニュアンスを大事にする即興演奏は音楽理論を突き詰めた最終章に君臨するのです。感覚的なものですから、理論に対して無知でも、そのセンスがあれば成り立つものでもあります。原始的なものでありながらも究極の領域なのです。例えばカラオケの採点で満点を取るような歌であっても全く感動しない歌である事が多いものです。逆にミスが多くても感動して涙を流すような歌があります。音楽としてどちらが大事でしょうかという事です。それ故即興演奏は難しいものでもあります。このコラボレートが上手くいっているかというのは別として、普通にフォークソングでもチェンバーミュージックでもないという点においては成功していると思います。

Weight Of My Love
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20201025]

It's In There Somewhere
(1998/07/14)

David Thomas Broughton商品詳細を見る


2006年のアルバムです。今回は自宅でのレコーディングで、多くの音源をダビングしています。シンセもあり、プログラミングされたドラム、リズムボックスなどを駆使して、ギターでの弾き語りをよりアヴァンギャルドに表現しています。ロングディレイのようなペダルループも代表的なくらいに使用しています。

1. Circle Is Never Complete
2. Negativity
3. Gracefully Silent
4. Interlude 1
5. I Don't Want To Believe You
6. The Heart You Don't Look Out For
7. Ain't Got No Sole
8. Why Are You Not Here?
9. Nature
10. One Day
11. Interlude 2
12. So Much Sin To Forgive
13. Look What I Have Done

シングル曲のようにポップなNatureではバンド演奏になっています。歌い方が非ロックなので、デヴァインコメディーっぽい雰囲気でもあります。こういうポップな曲も書けるという多才ぶりも発揮されていますが、普通にフォークソングをやるという考えは無いようで、実験的というか、サイケなくらいにエフェクト処理しまくっています。

ファーストでは一発録りで、生演奏でどれだけアヴァンギャルドな表現が出来るかという感じでしたが、今回は自分が持っている環境でのレコーディング技術でやれる事をやっているという感じです。エレキギターも入っていたり、ロックやポップな感覚の曲も目立ちます。やり方次第ではシングルヒットも出せるのではないかというくらいの曲もあります。

Circle Is Never Complete
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ