FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20210203]

Close Up
(1998/07/14)

Languis商品詳細を見る


2012年のアルバムです。これはもう完全にシンセポップに戻っています。しかし、過去のシンセポップとは違い、エレクトロニカなサウンドを持ったシンセポップになっています。エレクトロニカと呼ぶには呼んでもいいのですが、シンセポップなノリを持っているのです。

1. The Last Seven Words
2. Alpine
3. Deeprode
4. Nothing Can Change My Mind
5. Cyn
6. Almost
7. Enter
8. Land
9. I'll Be At the Bottom of the Ocean
10. Noramp
11. I Was Going to Stop Believing
12. found3
13. Trying to Fake It
14. Smith
15. Counting the Days (Moviealt Version)

作品ごとに様々な変化を見せるようになっていますが、それだけ自由に好きな事を追求しているだけなのだと思います。これだけスタイルが定着していないとファンは戸惑ってしまいますから、商業的にはマイナスだと思います。最近の音楽界はブランド主義であり、このアーティストはこういうスタイルだから、それを裏切らないスタイルを、聴く側の人間の要求満たす音楽を作る事で、安心して買ってもらうを絶対としています。

次はどんな作品を聴かせてくれるのだろうという、期待に溢れていた70年代のようなロックファンは無視されているのです。だからあの頃若者はおっさんになり、過去の音楽にしか見向きもしなくなっています。レコード会社にとって、それらの人は少数派であって、購買力のあるターゲットを安定的に安定感のあるミュージシャンを好む層に絞っているのです。実質的なロックファンは無視されて、歌謡曲的な音楽を好む層を狙っているのがJ-POPなどの戦略です。あれらをロックと思えないのは当然の感性なのです。ロックは死んだも同然ですが、こうしてインディーズの中に生き続けているのです。

Alpine
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ