FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20210309]

The Outlander
(1998/07/14)

Jim Moray商品詳細を見る


2019年のアルバムで現在までの最新作になります。アコースティックギターとフィドルを中心としたシンプルなトラッドフォークスタイルにして、イギリスにまつわるテーマを歌っています。これまでで一番地味な内容かもしれませんが、これこそがトラッドフォークであり、ザ、イギリスであります。英国国内であれば、このスタイルの方が受けがいいかもしれませんが、世界的に見れば地味に感じてしまうかもしれません。

1. Lord Ellenwater
2. Bold Lovell
3. When This Old Hat Was New
4. Lord Gregory
5. The Bramble Briar
6. John Barleycorn
7. The Isle Of St Helena
8. Australia
9. Jack Tar
10. The Leaving Of Liverpool

ロックを聴いていてもトラッドフォークに触れる事は多いのですが、偏った聴き方をしていると聴き逃している事も多いと思います。しかし、これこそがブリタニアの誇りであり、魂の歌なのです。アメリカではカントリーがそうですが、日本ではどうでしょう。演歌や民謡に誇りを持っている若者がいるでしょうか。アメリカや海外にコンプレックスを持っている人が多い世代も年老いてきましたが、その感覚は若者にも受け継がれています。

今だにロックは英語で歌わなければならないとか、日本語じゃダサいよねとか思っている人もいるようです。もうそんな時代ではないのです。日本語によるロックは90年代に熟していおりますし、海外の人が日本語で歌を覚えるような時代になっているのです。もっと日本の文化、アジアの文化に誇りを持っていいと思いますし、今だにアメリカかぶれしている方がダサいと思います。そういう気持ちになれば、このアルバムの良さも十二分に伝わると思います。

Lord Ellenwater
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ