FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20210530]

Goodbye Fear
(1998/07/14)

Montag商品詳細を見る


2005年のアルバムで、ミニアルバムサイズのものになります。日本に来日する記念に日本のインディーズRallye Labelからのリリースになります。これまで以上に牧歌的でポップな作品になっています。フィールドレコーディング的な音も入っています。テクノというより、ネオクラシカルなエレクトロな感じがします。

1. L'usine Matinale
2. Scrabble Heart
3. Demi-Nocturne
4. Kraut O'clock
5. Moony Boo
6. Goodbye Fear
7. Sorry, We Are Closed

牧歌的でポップなプログレ作品という見方も出来ます。どちらかというとクラシックよりでポップなのです。エレクトロニカというのはあくまでも手段の一つであり、テクノ的なセオリーは重要視していません。ですからとてもほのぼのとしていて、癒し系なのです。電子音も柔らかい音が多いのでギスギスした感じがありません。

ミニアルバムといってもMontagワールドを満喫するには十分であり、チルアウトポップとでも表現してもよさそうな内容です。ある意味サイケデリックでドリーミーで穏やかなエレクトロニカです。今回はアンビエント感よりもほのぼのさを重要ししたような内容になっており、電子音で表現することとのギャップをお楽しみいただければと思います。

L'usine Matinale
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20210530]

Alone, Not Alone
(1998/07/14)

Montag商品詳細を見る


2004年のアルバムです。ゲストミュージシャンも多く、バンドスタイルの演奏もあります。そして歌をメインにしたエレクトロニカになっています。ドラム音源もありますが、ビートには頼らずに、アンビエントな間合いを大事にしながら、牧歌的なエレクトロポップになっています。そこはもう英国的という感じです。

1. Le Temps D'Observer Les Voies Ouvertes
2. Grand Luxe
3. Temps Partiel
4. Perfect Vision
5. All I See
6. Time Difference II
7. Figures Of A New Color
8. Motif
9. Angles, Country & Terrain Connu
10. Les Chose Se Placent
11. Exit Mélodie
12. Untitled

歌は英語とフランス語で歌われており、ゲスト女性ボーカルも含まれます。そこは英国的というより、フランスのサロンミュージックのような雰囲気も持っています。一昔前なら渋谷系とも言いたい感じがします。牧歌的なほのぼのとした電子音が特徴的ではありますが、結構攻めた音も使っています。まるでフィールドレコーディングやサンプラーを使っているかのような音は、生演奏の部分で抽出した音かと思われます。

つまり、サンプラーは使わずに、ゲストに様々な楽器を演奏させて、それをサンプリングみたいに抜粋してループさせているのです。ゲストを呼ぶよりサンプラーを使った方が安上がりだと思いますが、自分達の生演奏音源を使うという事でも特徴的なサウンドが作れるので、そこは利点があります。全体的にはアンビエントな間合いの癒し系エレクトロニカ、チルアウト系な感じだと思います。

Le Temps D'Observer Les Voies Ouvertes
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ