FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20210714]

Knee Deep In Nostalgia
(1998/07/14)

Beans On Toast商品詳細を見る


2020年のアルバムで現在までの最新作になります。The Unforeseeable Futureとは同時発売になっています。The Unforeseeable Futureではアコースティックギターやピアノでの弾き語りというシンプルなスタイルでしたが、こちらはガッチリとバンド演奏になっています。コロナ禍になっていなかったら、こちらがそのままリリースされていたのであろうと思えるようなコロナとは関係の無い内容になっています。

1. The Village Disco
2. What Would Willie Do?
3. My Favourite Teacher
4. No Need To Be Frightened
5. Your Old Mate Beano
6. The Family Tree
7. The Album Of The Day
8. Once Upon A Time
9. Coincidence?

本来の新作になっていたであろうアルバムです。これまでに無いくらいガッチリとバンド演奏になっています。ストリングスもしっかりアレンジされています。バンドで一斉に同時演奏したもののようにガッチリとした演奏になっています。後で音を足したと思うのが自然な流れだと思いますが、まるでコロナが無かったかのような明るいカントリーフォークロックなっています。

新型コロナは動物にも感染していたそうですが、困っていたのは人間だけだったのではないでしょうか。コロナそのものにに文句を言っている愚か者もいましたが、そもそも人間って何様なんだよ、って思います。人間のせいで種の存続が危ぶまれている動物もいるのに、自分達に危機が現れると病原菌そのものに文句を言っている。そういう奴に限って他人を気遣う事をせず自分勝手な事ばかりやっている。2020年はそんな人間性があからさまになった年だったと思います。いつも偉そうな事を言っている奴ほど自分勝手な奴だった。もう誰もそんな奴など信じないでしょう。平常時になったとしても。そんな平常時に戻ったかのような嫌な事など忘れさせてくれるような会心の内容になっています。

The Village Disco
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ