FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20210718]

Late Checkout
(1998/07/14)

Dent May商品詳細を見る


2020年のアルバムで現在までの最新作になります。ソフトロック、パワーポップとしての力量をより増幅させています。ブライアンウィルソンやヴァンダイクパークやランディーニューマンなどを継承しながら、トッドラングレンのようなメロディーメーカーでもあり、エルヴィスコステロのようなビート感も持っています。

1. Hotel Stationary
2. I Could Use A Miracle
3. Didn't Get Invited
4. Sea Salt & Carmel
5. Bungalow Heaven
6. Bless Your Heart
7. Full Speed Ahead
8. Easier Said Than Done
9. L.A. River
10. Pour Another Round
11. Imagination
12. Late Checkout

古き良きアメリカと言ってもそれほど古いものではありません。それでも最近のアメリカでは、ここまでのポップセンスを持ったミュージシャンが登場していませんでしたので、待ちに待った天賦の才の持ち主だと思います。ポップ文化のイギリスでも、こう言うスタイルでのポップソングは作れません。アメリカという文化があったればこそなのです。

日本ではアメリカのこういう姿はあまり馴染まれていません。違うスタイルのヒット曲しか入ってきていないので、かなりマニアックな世界だと思います。マニアックとか言っても、これだけポップな心地よい音楽なのです。知らないと言う事は損をしています。そしてロックの奥深さを思い知る事になります。

I Could Use A Miracle
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20210718]

Across The Multiverse
(1998/07/14)

Dent May商品詳細を見る


2017年のアルバムです。 Paw TracksレーベルからCarpark Recordsへ移籍してからの、ミシシッピーからL.A.へ引っ越してからの作品になります。ドラムやホーン、ストリングス以外は自分でマルチレコーディングしています。これまで以上にパワフルで厚みのあるマジカルポップワールドになっています。

1. Hello Cruel World
2. Picture On A Screen
3. Across The Multiverse
4. Dream 4 Me
5. Take Me To Heaven
6. 90210
7. Face Down In The Gutter Of Your Love
8. A Little Bit Goes A Long Way
9. Don't Let Them
10. I'm Gonna Live Forever Until I'm Dead
11. Distance To The Moon

Brian WilsonやVan Dyke ParksがElvis CostelloやWondermintsとこんがらがって弾けたパワーポップになっています。ビーチ・ボーイズの時代からシンセサイザーは導入されていましたが、Dan Hartmanのようなパワーポップな使い方になっています。パワーポップと言っても大ブームになった訳ではありませんので、ごく一部のマニアックなロックファンの心をくすぐるようなポップワールドですが、ラップしか知らないような若者には新鮮だと思うのです。

これだけメロディアスな音楽を知った上でラップするのなら、それなりにセンスも磨かれると思うのですが、ラップやR&Bしか知らないような人がラップやってもちっとも面白く無いと思うのです。とても白人的な音楽ですが、これはアメリカの歴史の流れを的確に捉えたポップロックの集大成的なアルバムだと思います。

Hello Cruel World
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ