fc2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20230408]

Heavy
(1998/07/14)

商品詳細を見る


Arthur Brownにだいぶ時間を費やしてしましたが、まだ紹介していないサイケバンドの紹介に戻ります。時間軸は適当なのでご了承ください。アメリカのバンドIron Butterflyの68年のファーストアルバムになります。時代はサイケの時代ではありますが、この頃にはプログレやハードロックの元になるようなバンドが続出しています。特に当時はアメリカの方が活発だったと思います。それを真似したのが後のブリティッシュハードロックになっていきますから、この時代のアメリカはヒントになるようなバンドが沢山います。

1. Possession
2. Unconscious Power
3. Get Out Of My Life, Woman
4. Gentle As It May Seem
5. You Can't Win
6. So-Lo
7. Look For The Sun
8. Fields Of Sun
9. Stamped Ideas
10. Iron Butterfly Theme

Iron Butterflyはヘヴィーなサウンドでありましたが、プログレ的な構成力を持っていました。メンバーはボーカルとオルガンのDoug Ingle、ギターのDanny Weis、ベースのJerry Penrod、ドラムのRon Bushy、ボーカル、パーカッッションのDarryl DeLoachの5人組でスタートしています。ヘヴィーナサウンドではありますが、ギターはファズで歪ませています。サイケではよく使われているエフェクターですが、擬似的に歪ませるアタッチメントで、機械的に無理やり歪ませているので、ナチュラルディストーションとは違う独特のサウンドになります。

メタル系ではファズに近い歪ませ方をすることが多いです。何といってもブラックザバスではファズが多用されていますから、メタリックなサウンドを作りやすいのです。ジェフベックもそうですね、ディストーションはアンプで歪ませればいいわけですから、違うサウンドが欲しい時に使われます。それ以外にサイケデリックな雰囲気は少なめのバンドの様に聴こえますが、当時はまだプログレもヘヴィメタも登場していませんから、サイケデリックと分類されていたのです。アドリブを多用するジャムバンドなんかも流行っていましたので、特にライブで実力を発揮していくタイプのバンドでした。

Full Album
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20230408]

Journey In Time
(1998/07/14)

商品詳細を見る


2014年のアルバムで、Kingdom Comeとしては最新作、もしくは最後の作品になります。Victor Perainoによって、メンバーを代えながらもバンドを存続してきましたが、ついにArthur Brownも巻き込んでの再結成となっています。しかし、この作品のみで、後は続いていません。この時点でのメンバーはボーカルとキーボードのVictor Peraino、ギターのJeff Faust、ベースはJoe BassとRic Vulmirovich、ドラムがJames PryorとJoey FavaにヴァイオリンのNick Pynnにゲスト扱いでArthur Brownがボーカルで参加しています。

1. We Only Come To Help You
2. Future
3. I Put A Spell On You
4. Empires Of Steel
5. Journey In Time
6. Walk With Angels
7. Time Captives
8. Sunset Sail

基本的なサウンドはVictor PerainoによるKingdom Comeスタイルで、ヘヴィメタにはなっておらず、シンフォニックなアレンジのハードロックになっています。Victor Perainoのボーカルだけでは弱かった激情型シンギングをArthur Brownが補っていますが、新しさは全く感じませんので、彼らの自己満足的な再結成になっています。これまでの曲の再演もありますが、I Put A Spell On YouはFire並みにArthur Brownが何度も再演しています。どんだけ好きなんでしょう。

シンセサイザーによるスペイシーなサウンドにより、プログレというより、スペースロックという方が分かりやすいですが、スペースロックなんて70年代でしか使われていない表現ですから、彼らはそこからまるで進歩していないのです。シンセも進化していますが、そういった最新のサウンドも使っておらず、70年代っぽいサウンドのままです。この再結成もVictor Perainoの自己満足をみんなが支えてやっているようなものでしょう。メンバーまるっきり違いますから同窓会にもなっていません。

We Only Come To Help You
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ