fc2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20231209]

Kings Of Oblivion
(1998/07/14)

商品詳細を見る


73年のアルバムで、中心人物のPaul Rudolph が脱退した事で、バンドは解散状態にありました。しかし、代わりにギターボーカルでLarry Wallisを加入させ、バンドを再結成しました。ギターとボーカルが代われば、サウンドも大きく違ってきます。もうコミカルな表現も無しになり、普通に都会的なハードロックになっています。

1. City Kids
2. I Wish I Was A Girl
3. When's The Fun Begin?
4. Chromium Plating
5. Raceway
6. Chambermaid
7. Street Urchin

イギリスではハードロックブームも落ち着いて、グラムロックが席巻していました。そんな中、ハードロックほど大袈裟じゃなく、グラムロックほど卑猥じゃない、都会的なセンスを持ったシンプルなハードロックバンド増えていました。たとえばシンリジーとか、第二期ハードロックブームの前哨戦みたいな感じで、グラムロックよりは知的な感じでしょうか。そんな雰囲気のサウンドになっています。

しかし、流石にバンドとしては望んでいない形になっています。ライブをこなしても客は減っていく一方で、バンドは再び解散となっていきます。コミカルな担当者はPaul Rudolph だった事が浮き彫りになっていますが、Pink Fairiesらしさがなくなっていっていますが、この変化によって、後の再結成もし易くなっていく事になります。知名度は低いバンドでしたが、こういうバンドがいてこそブリティッシュロックは楽しめるのです。

Full Album
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20231209]

What A Bunch Of Sweeties
(1998/07/14)

商品詳細を見る


72年のアルバムです。前作ではメンバーとしてクレジットされていたTwinkは脱退しており、トリオ編成になっています。それに加えて元The MoveのTrevor Burtonがリードギターとして参加しています。いきなり、話によるPrologueにより笑わそうとしているところが、もうコミックバンドを自認しています。しかし、演奏が始まればすごいテクニックの応酬になるので、コミカルな部分も痛快に感じられます。

1. Prologue
2. Right On Fight On
3. Portobello Shuffle
4. Marilyn
5. The Pigs Of Uranus
6. Walk Don't Run
7. I Went Up I Went Down
8. X-Ray
9. I Saw Her Standing There

ベンチャーズのWalk Don't RunやビートルズのI Saw Her Standing Thereをカバーしていますが、カバー曲を聴く事により、このバンドが何をしたいのかが浮き彫りになってきます。冗談めいた事をやっていても、本当にロックが好きなんだし、他の人達のように真剣にロックに取り組みたいけど、普通に演奏するのは性に合わない、かといって、個性的なスタイルを身につけている訳ではない、じゃ戯けるしかないという感じなのでしょう。

コアパンクの時代にトイドールズというバンドがいましたが、イギリスらしい童謡的な曲をパンクに演奏していましたが、それに似たセンスを持っています。勿論こちらの方が先輩ですが、悪ふざけしても演奏が下手くそだったら誰も聴かないわけで、これだけの演奏力を持っているからこそ、戯れる部分も聴きごたえがあるので、彼らにとっても、こうした演奏の中から自分達のスタイルを模索していたのだと思います。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ