FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20191210]

A Certain Feeling
(1998/07/14)

Bodies of Water商品詳細を見る


2008年のアルバムです。フォークロックの要素が全面に出ていてゴスペル色はデフォルメされています。それでもサビは全員で畳み掛けるという流れは変わっていません。つまり様式は保ちながらでもゴスペルっぽく感じさせないように進化しているのです。初期のパンクっぽさもあったディキシーミッドナイトランナーズのような感じです。

1. Gold, Tan, Peach, And Grey
2. Under The Pines
3. Only You
4. Water Here
5. Keep Me On
6. Darling, Be Here
7. Even In A Cave
8. If I Were A Bell
9. The Mud Gapes Open

ロック色が強くなっていますが、それはサザンロック、カントリーロックのような泥臭さを彼らなりに表現していると思います。アメリカと言っても広いですし、地方で独自に育つ音楽があってもおかしくありません。しかし、それがメジャーとして出てくると割礼を受けて一般化した陳腐なものにさせられる事が多くあります。インディーズの彼らはそれを免れられると言う事で、独女の音楽性を存分に育てられています。

インディーズでも個性が薄ければそれほどメジャーとの違いが感じられる事はありませんが、ここまで強烈に個性的なバンドだとインディーズとしての良さが際立って感じられます。個性的だけど、アメリカ人にとって嫌いなものではありませんし、逆にアメリカ的な部分を強調しながら個性を発揮しています。それが時代が忘れている部分である為に目立つだけです。こういう意志の強いバンドが現在の流行に真っ向から勝負している姿は圧巻です。これこそロックのあるべき姿です。

Gold, Tan, Peach, And Grey
Under The Pines

Only You

Water Here

Keep Me On

Darling, Be Here

Even In A Cave

If I Were A Bell

The Mud Gapes Open
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/10026-8d12516c
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ