FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20200524]

Song
(1998/07/14)

Attwenger商品詳細を見る


97年のアルバムです。サンプラー、プログラミングを使うようになってさらなる変化が見られます。基本ドラムとアコーディオンという体制は変わっていないのですが、サンプリングが入る事で違う楽器も加わっているようになっています。ハウス系のドラムパターンになっている事も大きな違いで、もはやパンクではありません。

1. Wama Liaba Weama Song Weama Seng Weama Song
2. Do Ged Wer Do Kumt Nu Ana Do Is Wer
3. Dau Hoda Do Hoda Dau Umanaunda Dau
4. Es Gibt Wiederholungen
5. Es Wird Scho Wieder Woam Werdn

アコーディオンをアコースティック楽器だと捉えるならば、この時期にすでにフォークトロニカになっているという事になります。ループを多用する事で曲も長めになっています。曲の短いパンクの手法からは離れたと言えます。クラブミックスのような長さです。さすがにドラムとアコーディオンだけでは限界を感じてきたのでしょうか。

歌もラップのようなフレージングになっています。しかし、ラップそのものになっていないところがいい感じです。アコーディオンがある事で他にはない個性になっていますが、テクノ感もまだまだ薄いので独特な感じになっています。ここもまだ過渡期のようで、テクノの流用もまだいい感じにはなっていません。

Wama Liaba Weama Song Weama Seng Weama Song
Do Ged Wer Do Kumt Nu Ana Do Is Wer

Es Gibt Wiederholungen

Es Wird Scho Wieder Woam Werdn
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/10243-6bf0a3e9
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ